ハイスペックなプロ人材で経営課題を解決!

マーケター、人事、新規事業開発、広報・PR、営業、エンジニアなど経営課題にあったプロ人材を業務委託でご紹介

マーケター、人事、新規事業開発、広報・PR、営業、エンジニアなど
経営課題にあったプロ人材を業務委託でご紹介

マーケター、人事、新規事業開発、広報・PR、営業、エンジニアなど
経営課題にあったプロ人材を業務委託でご紹介

Slider
 

プロ人材採用という経営課題

「戦略を見直したいが社内に実行できる人材がいない」
「経営課題にマッチしたプロ人材が見つからない」
「専門家の力を借りたいが正社員ポジションの用意は難しい」

人材採用は昔から企業の経営課題の一つです。

しかし、現在企業は即戦力プロフェッショナル人材採用という更に困難な課題に直面しています。

どんなときにプロフェッショナル人材が必要か

さて、ハイスキルなエキスパート人材が必要なのは、どんな状況でしょう。大きく3つの企業課題があります。

  1. 新規事業など、自社で経験がない新しい取り組みを行う場合(創造)
  2. 人事制度改革、営業改革など、既存の仕組みを大きく変える場合(変革)
  3. デジタルマーケティングなど特別な経験や最新知見が求められる場合(スペシャリスト)

3つの企業課題に共通するのは、自社の既存の延長線上に無い経験やスキルが求められることです。

新しい取り組みをしたいが、既存社員では経験・スキルが足りない。しかし、企業戦略で新しい取り組みを求められる。

このとき、企業戦略と実行する人材リソースのギャップが起きます。人材ギャップを埋めるため、ハイスキルなエキスパート人材が必要になります。

ハイスキル人材リソースのギャップを埋める低リスクな手段が副業採用です。既存人材の経験不足やスキル不足をハイスキルな副業人材で補いうことで、事業創造、事業変革の成功確率を高めます。

なお、転職採用は企業側のリスクは高いですが、長期では組織が安定するでしょう。まず、副業採用を行い、新しい取り組みが軌道に乗った段階で転職採用に切り替える手段もあります。
どちらか一方ではなく、低リスクの副業採用と高リスクの転職採用を状況により使い分ければよいのです。

VUCA時代のプロフェッショナル人材採用方法

VUCA時代と言われる昨今、不確実性・複雑性などが高まる経営環境において、自社リソースだけで戦うことは、ますます困難になっています。

VUCA(ブーカ)とは……Volatility(変動性・不安定さ)、Uncertainty(不確実性・不確定さ)、Complexity(複雑性)、Ambiguity(曖昧性・不明確さ)という4つのキーワードの頭文字から取った言葉で、現代の経営環境を表現するキーワード

VUCA時代の企業が生き残るには、オープンイノベーションの推進、業界の垣根を超えた企業提携など、自前主義にこだわらない外部とのコラボレーションが重要です。

外部企業、外部組織とのコラボレーションを図るのはもちろん、外部人材、外部の個人とのコラボレーションも重要です。

VUCA時代には、自社で経験がないような新規性の高いプロジェクトの推進や事業立ち上げが求められます。そのためには、社内の経験不足を補ってくれるエキスパート人材採用が必要になります。

しかし、人材流動化が進んだとはいえ、一流のエキスパート人材はなかなか採用市場・転職市場にはでてこないものです。
そこで注目されている新たなハイスキル人材活用選択肢が副業採用です。

プロフェッショナル人材を副業採用するという選択肢

企業がエキスパート人材を採用する場合、2つの選択肢が考えられます。

【第1の選択肢】ハイスキル人材の転職採用

ハイスキル人材活用手段として、まず、思いつくのが転職採用です。
採用者のスキル・経験と企業状況がピタリ一致すれば、プロ人材活用の第1の選択肢となります。

ただし、VUCA時代のエキスパート人材の転職採用は、難しいポイントもあります。次の3つのハードルです。

  1. そもそもで自社条件にフィットしたハイスキル人材が転職市場にでてこない
  2. ハイスキルな人材ほど転職採用後に自社とマッチしなかったときのリスクが大きい
  3. 転職採用のフルタイム正社員では雇用コストが高く社内承認が下りない

【新たな選択肢】ハイスキル人材の副業採用

転職採用に変わる新たな選択肢として、プロ人材の副業採用が注目されています。

企業の働き方改革の一環として、自社正社員に副業を認める企業が増えています。

また、副業解禁の波は、ベンチャーやIT企業だけでなく、金融機関をはじめとする大手一流企業にも広がっています。

転職採用と比較して、ハイスキル人材の副業採用の利点は、次の3つです。

  1. 転職市場にでてこない一流企業の現役エキスパート人材を採用できる
  2. 転職採用のフルタイム正社員では雇用リスクが大きいスペシャリストを低リスクで採用できる
  3. エキスパート人材を時々の経営課題に応じて、素早くかつ柔軟に活用できる

プロフェッショナル人材を副業採用するという選択肢

ハイスキル人材の副業採用には、転職採用に比べ3つのメリットがあります。

転職市場に出てこない現役プロ人材を採用できる

一つ目のメリットは、副業採用では、転職市場に出てこないような現役プロ人材を採用できることです。

プロ人材は自身のスキル・経験を発揮できる機会を常に探してはいるものの、現職で大きな成果を出せる環境があれば転職しないでしょう。特に一流大企業であればなおさらです。

しかし、近年金融機関を含む大手一流企業で副業が解禁されています。よって、現職で成果を出し転職志向がない現役プロフェッショナル社員も副業採用なら力を借りれます。

雇用リスクが大きいスペシャリストを低リスクで採用できる

二つ目のメリットは、副業採用では、雇用リスクが大きいスペシャリストを低リスクで採用できることです。転職採用では雇用形態は、フルタイム正社員です。フルタイム正社員での採用は企業ニーズと人材像が短期的にも、長期的にもピタリ一致すればベストな選択肢です。しかし、プロ人材の専門性が高ければ高いほど、スキルが高ければ高いほど、自社環境に採用者がフィットしなかったときのリスクは大きくなります。

例えば、経験豊富なプロジェクトマネジャーを正社員採用したが、市場環境の急変で検討していた新規事業を断念せざるを得ない状況を想像してください。

このときスペシャリストのプロ人材に、適切な新たなポジションを社内で見つけるのは難しいでしょう。

プロ人材を素早く柔軟に活用できる

三つ目のメリットは、副業採用では、プロフェッショナル人材を時々の経営課題に応じて、素早くかつ柔軟に活用できることです。

VUCA時代の経営課題は、めまぐるしく変化します。解決すべき経営課題が変われば当然必要なプロフェッショナル人材像も変わります。

しかし、転職採用では正社員雇用である限り、人材活用のスピード・柔軟性には限界があります。

副業採用であれば時々の経営課題に合わせより素早く柔軟にプロ人材の活用が可能です。転職採用の正社員ではどうしても年単位で考える必要があります。副業採用であれば月単位で素早く、柔軟にプロ人材が活用できます。

プロの副業のこだわり

手も動かせる
30代、40代の現役プロが中心。

「プロの副業」のプロ人材は、企業の中軸として活躍している30代・40代が7割以上。経験と実績に裏打ちされた客観的アドバイスはもちろん、実業務の実行支援も提供可能です。

年収800万〜の
ハイスペックプロ⼈材を活用できる

「プロの副業」には一流大企業社員が多く登録しています。転職採用では出会えない一流企業の現役正社員を副業社員として雇えます。

圧倒的コストパフォーマンス
雇用リスクは0

ハイクラス人材を転職採用した場合、年収、転職エージェント費用などを合計すると初年度1000万円程度の投資が必要になるでしょう。副業採用なら低コスト(⽉20万〜⽉40万)かつ低リスクでプロ人材を活用できます。