採用・人事課題を解決できるプロ人材をご紹介

一流企業の人事プロフェッショナルのノウハウが低コストで活用できる

【ハイクラス人事・採用プロ人材紹介】
プロフェッショナルのノウハウを活用したい

■なぜ、プロ人材シェアリングなら人事・採用のエキスパートが雇えるのか?


『プロ⼈材シェアリング』
は、⼀流企業で人事・採用実務を行っているプロ人材の活用ができます。

現役でバリバリ働いている人事・採用エキスパート人材は、企業が手放さないので、なかなか転職市場にはでてきません。

一方、向上心の強い人事・採用のエキスパート人材は、仕事の幅を広げるため社外での活躍の場も同時に求めています。

特に一流企業の人事・採用人材は、「1から人事制度設計にかかわってみたい」「成長企業で採用業務を行って会社の変革に貢献してみたい」など自社だけでは得られない新しいチャレンジ機会を探します。

プロ人材シェアリングであれば、本来転職市場にでてこない
人事・採用エキスパートをプロ人材の副業という形で雇うことができるのです。

ハイクラス人事・採用人材による企業課題解決例

旧来の人事制度(等級・評価・賃金)を大幅に見直したい

業界環境が変わり、求める人材像も大きく変化している。
旧来の人事制度を刷新し、「年功序列でない新等級区分」「人事評価方法変更」「成果主義重視の賃金体系」を行いたい。

自社の人事部には、人事制度改革経験者がいないためプロ人材の力を借りたい。

事業転換に伴い中堅社員中心にトレーニングでスキルアップを図りたい

デジタル化により業界構造が変化し、事業転換が経営課題。
事業転換の中核となる中堅社員には新たなスキルを身につけてもらい、事業転換への強い意識を身につけてもらう必要がある。
事業転換に対応できる人材育成に向けて研修体系を見直したい。
教育体系刷新の経験があるプロ人材の力を借りたい。

AI時代に向け採用戦略を見直したい

業界競合他社がAI人材、高度IT人材を採用してIoTの変革を仕掛けている。手遅れになる前に対抗手段を実行したいが、既存社員で対応できる人材がいない。
AI時代に対応できるAI人材、高度IT人材を国籍、年齢問わず採用したい。既存の採用ルートでは対応できない。企業戦略も踏まえ、かつ採用ルートを自分で構築できる、高度人材採用経験あるプロ人材の力を借りたい。

ハイクラス人事プロ人材副業採用事例

人事副業事例1
人事副業事例2

人事・採用プロ人材イメージ

●元スクウェア・エニックス
●役職:マネージャー
●年代:40代後半
●得意領域:中途採用(年間200~400人規模の採用経験あり)、新卒採用(年間50~300人規模の採用経験あり)、労務対応

●元株式会社アイ・エム・ジェイ
●役職:部長
●年代:40代後半
●得意領域:人事業務全般、マネジメント、人材開発

●元ヤフー株式会社
●役職:部長
●年代:40代前半
●得意領域:人事業務全般、マネジメント、人材開発