営業課題を解決できるプロ人材をご紹介

一流企業のプロフェッショナル営業のノウハウが低コストで活用できる

【ハイクラス営業人材紹介】
プロのノウハウを活用したい

なぜ、プロ人材シェアリングなら営業エキスパートが雇えるのか?


『プロ⼈材シェアリング』
は、⼀流企業で営業最前線で実務を行っているプロ人材の活用ができます。

現役でバリバリ働いている営業エキスパート人材は、企業が手放さないので、なかなか転職市場にはでてきません。

一方、向上心の強い営業エキスパート人材は、仕事の幅を広げるため社外での活躍の場も同時に求めています。
特に営業は個人スキルさえあれば、他社、他業界でも高いパフォーマンスが発揮できる職種です。一流のエキスパート人材は、自社だけでは得られない新しいチャレンジ機会を探します。

営業スキルは、企業が変わっても、すぐ力を発揮しやすい汎用性が高いスキルです。企業が変わっても、あるいは業界すら変わっても、売れる力を持つのが、営業エキスパート人材です。

プロ人材シェアリングであれば、本来転職市場にでてこない一流企業の現役エキスパートをプロ人材の副業という形で雇うことができるのです。

新規営業エキスパート/ソリューション営業エキスパート

営業の中でも、スペシャリティを求められるのが「新規営業」と「ソリューション営業」です。
同じ営業でも、すでにリレーションがある既存顧客向けの営業と新規開拓営業は営業プロセスが大きく異なります。

既存顧客向けでいくら高いパフォーマンスを発揮できていても新規開拓営業をすると全く結果を出せないことも多いでしょう。
ソリューション営業も同様です。

新規開発営業、ソリューション営業は、既存の社内のスキル・経験だけでは、育成が困難です。そのため、新しい業界を開拓したい、モノ売りからソリューション提供へ事業シフトしたいときに「新規営業エキスパート」「ソリューション営業エキスパート」といった外部のプロ人材活用は有力な選択肢です。

企業の営業課題例

企業の営業課題例

・とにかく営業先を増やしたい
・大手クライアントが開拓できない
・営業成果が思うように出ていない
・営業のマンパワーが足りない
・商品に自信はあるが成果がでない
・新人が成果を出しやすい仕組みをつくりたい
・営業資料を作りたい
・営業マニュアルを作りたい

営業のプロ人材業務例

営業のプロ人材業務例

・人脈をつかったアポイントメント
・営業先新規開拓
・営業戦略立案
・営業資料作成アドバイス
・営業手法開発、テコ入れ
・営業組織構築
・営業同行
・顧客育成の仕組み構築

営業プロ人材の副業採用事例

営業副業事例1

営業のプロ人材イメージ

●元マイクロソフト株式会社
●役職:部長
●年代:40代後半
●得意領域:人脈を活かした販路開拓、次期戦略の策定、実務に必要な戦略ITの策定と具体化、新規事業計画、大手企業へのシステム営業、マネジメント経験

●元グーグル合同会社
●役職:部長
●年代:40代後半
●得意領域:開拓営業、法人営業、デジタルマーケティング、新規事業開発、マネジメント

●元株式会社電通
●役職:部長
●年代:50代後半
●得意領域:大手顧客企業へのコンサルティング営業、官公庁、マネジメント