副業/兼業に関する統計・資料

このページでは、副業・兼業に関する統計データや資料を網羅的に掲載しています。

副業/兼業に関する統計データ

雇用形態別副業比率と副業者数

平成14年平成19年平成24年平成29年
非正規の職員・従業員5.3%5.4%5.3%5.9%
副業者比率3.9%4.0%3.6%4.0%
正規の職員・従業員2.4%2.2%1.8%2.0%

●平成29年の「4.0%」=267万8400人

出典:総務省「平成 29 年就業構造基本調査」

雇用形態別追加就業希望者比率

平成14年平成19年平成24年平成29年
非正規の職員・従業員8.0%7.4%8.1%8.5%
総数5.1%5.2%5.7%6.4%
正規の職員・従業員3.8%4.1%4.3%5.4%

出典:総務省「平成 29 年就業構造基本調査」

勤め先で副業が認められている人の割合

・全面的に認められている 18%

・条件付きで認められている 27%

・認められていない 50%

・わからない 3%

・その他 2%

プロの副業調べ(2019年1月)

プロの副業に登録しているプロフェッショナル人材の年代別割合

・20代 14%

・30代 48%

・40代 29%

・50代 8%

・60代 1%

プロの副業調べ(2019年3月)

副業をして得たいと考える収入の目安(月当たり)

・1万円未満 5%

・1~3万円未満 29%

・3~5万円未満 27%

・5~10万円未満 30%

・10~50万円未満 7%

・50万円以上 2%

プロの副業調べ(2018年10月)

 

年齢階級別育児をしている女性の有業率(平成24年と29年の比較)

15~24歳25~29歳30~34歳35~39歳40~44歳45歳以上
平成24年45.9%60.0%62.0%64.1%68.9%70.9%
平成29年37.5%47.7%51.2%53.2%56.7%61.5%

出典:総務省「平成 29 年就業構造基本調査」

就業状態別出産・育児のために過去5年間に前職を離職した人、及びその割合

平成19年平成24年平成29年
過去5年間に前職を離職した者のうち「出産・育児のため」に離職した者の割合5.3%5.8%5.1%
人数の合計(千人)1183.51255.71024.8
過去5年間で「出産・育児のため」に離職した者のうち、調査時点で有業の人数(千人)242.2290.5314.3
過去5年間で「出産・育児のため」に離職した者のうち、調査時点で無業の人数(千人)941.3965.2710.5

出典:総務省「平成 29 年就業構造基本調査」

マーケティング職従事者の副業をしたことがある人の割合

・副業をしたことがある 33.8%

・副業をしたことがない 66.2%

ホールハート調べ(2018年12月)

副業をきっかけとした転職もあり得ると考える人の割合

・あり得る 64%

・あり得ない 36%

プロの副業調べ(2018年12月)

副業/兼業に関する資料

副業・兼業の促進に関するガイドライン(平成30年1月、厚生労働省)

「副業・兼業の促進に関するガイドライン」パンフレット(平成30年1月、厚生労働省)

モデル就業規則(平成30年1月改訂、厚生労働省)

副業・兼業の事例(厚生労働省)

兼業・副業を通じた創業・新事業創出事例集(平成29年5月、中小企業庁)