副業詐欺の手口とは?詐欺にあったときの対処法は?見分け方も紹介

2018年は「副業元年」とも言われ、政府が副業解禁を推し進めています

そんななか、副業詐欺があるのをご存じでしょうか。

副業詐欺は簡単に稼げると言い、そのためには◯万円必要だと、お金を要求してきます。

 

インターネットがあれば、雇い主と直接話すことなくやりとりが出来てしまうため、本当にその会社があるのかも分からないまま、副業詐欺被害にあってしまう場合があります。

中には、1,000万円の被害にあってしまったという人も……

ここでは、副業詐欺の特徴や事例を紹介し、実際に副業詐欺にあってしまったらどうすればよいのか、副業詐欺にあわないためのポイントまでをお伝えいたします。

副業詐欺の事例、特徴

副業詐欺の事例をご紹介いたします。このような「副業」を見つけたら詐欺の危険性がありますので、注意してください。

写真を選ぶだけで収入UP かんたん選択ビジネス

写真やスタンプを選ぶだけで10万円以上の収入が得られるという副業詐欺の手口をご紹介いたします。

この副業詐欺はFacebookやLINEなどのSNSを使った事例です。

ある日、知らない人からインスタグラムやLINE、FacebookなどのSNSへメッセージが届きます。

メッセージには「画像を選ぶだけで収入が得られます」「数秒の作業で10万円以上稼げます」などと書かれており、あなたも参加しませんかと勧誘されます。

最初に来たメッセージの中には「今なら5万円誰でも受け取れます」などといった内容もあり、特定のサイトにメールアドレスを登録させようとします。

メールアドレス登録後、例として初期費用1万2千円の請求が来ます。消費者はメールに記載してあったキャッシュバックの5万円を当てにして1万2千円を振り込んでしまいます。

振込完了後、画像選択のマニュアルPDFが届き、画像選択ビジネス参加のために電話をかけるよう促されます。

電話では42万円の高額コースに申し込むことで1ヶ月300万円稼げるといい、最大150万円の有料コースに勧誘されます。

もちろん、実際に100万円稼いだ消費者はいません

このように「インスタグラムに写真を載せるだけで○万円稼げる!」「LINEでスタンプを押すだけで儲かる!」「スマホでスクリーンショットを撮るだけで稼げる!」というのは全て詐欺です。

参考:2018年9月11日消費者庁「「画像選択がベースの簡単な作業でお金を稼げる」などとうたい、多額の金銭を支払わせる事業者に関する注意喚起」

SNSから投資やFX、資産運用の勧誘が来る

必ず儲かる投資や資産運用を見知らぬ人から勧められ、いつのまにか高額の支払い請求が来る副業詐欺です。

Facebookなどからいきなりメッセージが来るのは先ほど紹介した画像選択の詐欺と同じです。

内容は、必ず儲かる投資があるので元金を出してくれたら必ず増やして返すというもの。

専用サイトのサーバ代金や登録料ソフトウェア代と称して5〜50万円払わされます。

必ず儲かる投資は存在しませんし、そもそも「絶対に儲かる」というセールスは違法です。

これが書かれている時点で副業詐欺だと思って良いでしょう。

消費者が入金をした後は、電話に出なかったり、出てもはっきりとした回答がないまま、お金だけ取られて終了です。

参考:2018年8月29日消費者庁「「金と銀のプロジェクトに参加するだけで、毎日1万円収入の最低保証」などとうたい、多額の金銭を支払わせる事業者に関する注意喚起 」

国民生活センター2012年6月公表「投資顧問契約勧誘の際、断定的判断の提供があったとして消費者契約法4条による取消しを認めた事例」

メールカウンセラー副業、メールレディ副業

高所得の異性とメールで会話をして、悩みを解決したり、精神的な支えとなることで高額な謝礼がもらえるとうたう副業詐欺です。

最初は高所得の異性と名乗る人物をメールのやりとりをし、すぐに「高額の謝礼を払いたい」という話になります。

入金をするためにシステム手続き代としてポイント購入を迫られたり、振込手数料の支払いを求められたりします。

さらには、銀行口座の情報や個人情報を握られることもあります。

ネット通販(ECサイト)代行業

絶対に稼げる通販サイトと商品を提供するという名目で、HP作成料や商品代金、特殊なサイト運営ツール代金を払わせる副業詐欺です。

場合によっては、月額のサーバ代、通販サイト運営のマニュアル費用がかかったり、毎月同じ額の商品を購入する必要がある場合も。

サイトは一度作ると3年契約など縛りがある場合もあり、途中で辞めても毎月3年間サイト利用料を払い続ける羽目になります。

参考:2018年7月6日消費者庁「「真似っこビジネス」などとうたい、多額の金銭を支払わせる事業者に関する注意喚起」

副業詐欺にあったときにとるべき行動、対策

万が一自分や身近な人が副業詐欺被害にあってしまったとき、どんな対応をすれば良いでしょうか。ここでは、副業詐欺に被害にあったときにとるべき行動をお伝えします。

消費生活センター、消費者ホットラインへ連絡

商品やサービスの苦情を受けてくれたり、返金の具体的な手続きを教えてくれたりするのが消費生活センターです。

全国の消費生活センターはこちらから検索できます。

リンク:消費生活センター「全国の消費生活センター等」

都道府県別一覧を見てもどこにかければ良いか分からない場合は、「188」に電話すると地域の相談窓口へつないでくれます。

参考:消費者庁「被害にあったら 消費生活相談窓口」

警察へ通報

警察にもすみやかに通報しましょう。

「サイバー犯罪相談窓口」へ連絡するとスムーズです。

リンク:都道府県警察本部のサイバー犯罪相談窓口等一覧

被害届の件数が多ければ多いほど問題解決が早くなり、返金の可能性も高くなります。泣き寝入りをせずに、しっかりと通報しましょう。

クレジットカード引き落とし停止手続き

クレジットカードで商品を購入したり支払いの契約をしてしまった場合は、クレジットカード会社に電話をして引き落とし停止の問い合わせをします。

抗弁書という書類を作成することで、支払い停止できる可能性があります。まずはすぐにクレジットカード会社に連絡し、抗弁書を作成することを伝えましょう。

抗弁書の書き方については、日本クレジット協会が情報提供しています。

リンク:日本クレジット協会「支払停止等の抗弁に関する手続きについて(ご案内)」

クレジットカードの停止についてよく分からない場合は、日本クレジット協会の「クレジットに関する相談窓口」に相談すると解決策が見つかります。

リンク:日本クレジット協会「クレジットに関する相談窓口」

集団訴訟に参加する

個人で弁護士を雇うのではかえって赤字になってしまう場合、他の被害者たちと一緒に訴えを出す、集団訴訟という方法があります。

「集団訴訟 会社名」で検索すると、SNSなどで呼びかけている人物がいるかもしれません。人数が多ければ多いほど返金の可能性が高くなります。

副業詐欺にあわないための予防策

まだ詐欺にはあっていないけれど、万が一引っかかったらどうしようと不安になってきた。そんなとき、副業詐欺にあわないためにはどんなところに気をつければ良いでしょうか。その予防方法をご紹介します。

何をやるかが分からない求人に応募しない

「一瞬で稼げる」「だれでも簡単」「一日5分」など、いかに楽に稼げるかといううたい文句ばかりで、仕事の内容が分からないものは怪しいと考えるべきです。

実際に申し込みをしてみると、特別なシステムやマニュアル、商品を購入しなければならなくなります。

大金を稼げることや簡単なことばかりをアピールして仕事内容が不明な副業は詐欺の可能性が高いので、注意が必要です。

仕事を始めるためにお金を払う副業は詐欺

システム代や、仕事を始めるためのマニュアル購入や有料研修、ECサイトで販売するための商品購入など、仕事を始める前にお金を払う副業はすべて詐欺だと思った方が安全です。

初期費用がかかるかを仕事の前に確認し、途中で支払いの話になったらすみやかに手を引きましょう。

会社名や担当者名をウェブ検索する

会社や担当者が実在するのか、オフィスの住所は本物なのか、検索して確認しましょう。

また、被害にあっている人たちが、ブログやSNSで警告を発信している場合があります。初めて聞く会社の場合に限らず聞いたことがある会社でも、会社名で検索して公式HPや評判をチェックしましょう。

副業の人材商材紹介会社を使う

人材紹介会社を使って副業を探せば、詐欺にあう危険性は限りなく低くなります

人材紹介会社が間に入って求人に怪しい部分がないかしっかりと確認してくれますので、安心して希望の仕事を見つけることが出来ます。

異常に儲かる話であれば、わざわざSNSを使って知らない人を勧誘しなくても、自分だけでやっていたほうがお得じゃないですか。もうけ話は普通、人に話したりしません。

見知らぬ人から急にうまい話が来たときには、まず詐欺だと思って警戒しましょう。

安全な副業を探したいなら、人材紹介会社を有効活用しましょう。

まとめ

ここまで、最近増えている副業詐欺の手口について見てきました。

副業詐欺の共通点は「知らない人から(SNSを経由した)連絡」「だれでも簡単にできると言われる」「絶対に稼げると言われる」「仕事をする前に何かを購入(支払い)しなくてはいけない」ということです。

見知らぬ人からもうけ話が来たら、どんなに魅力的でも参加してはいけません。うまい話には何かしらの裏があり、詐欺側はそれを疑われても納得させるだけの理論武装や逃げ道を準備しています。

うっかり契約してしまったと気がついたら、すぐに必要な手続きを取って大切なお金を守りましょう。

副業はあなたのスキルが活かせる場所ですが、だれでも簡単に稼げるものではありません。今まで培ってきたスキルを活かし、さらに伸ばすための副業を見つけてくださいね。

Related post

  1. 広報スキル

    広報スキルを活かして年収を上げたい!副業?それともフリーランス?

  2. 女性講師

    副業する前に確認しておきたいマイナンバー制度の基本

  3. 副業したい!デザイナーが副業を獲得する方法

  4. 階段を登るビジネスマン

    副業でキャリアアップするのが当たり前の時代に

  5. 左右で並ぶ男性二人

    フリーランスで副業という選択肢。

  6. 人事メイン画像

    人事のスキルは副業に活かせるのか?新しい時代の働き方