広告運用副業の仕事内容や求人事例まとめ

「副業を通してスキルアップしたい」

「本業の空き時間を活用してお小遣い稼ぎをしたい」

「Twitter広告の運用の仕事はないか」

あなたがもし、広告運用のスキルを持っているならそれは副業としておこなうことができます。しかも今、広告運用担当者は企業から副業としてのニーズが非常に高い分野となっています。

また広告運用を副業として行えば、それは確実にあなたのスキルアップになりますので、本業をしている企業からも歓ばれることになるかもしれません。

そこで今回は、広告運用を副業として行いたいという人に向けて、次の点について詳しく解説します。

・広告運用が副業として求められる理由

・広告運用の仕事内容と求められるスキル

・広告運用の事例

広告運用を副業として行えば、あなたは本業での給料に加えて新たな報酬を手にすることができます。仕事が軌道に乗ってきたら独立して、自由な時間を手にすることさえできるかもしれません。

あなたが広告運用について少しでも興味があるなら、ぜひ最後まで読んでみてください。

広告運用の副業ワーカーが求められる理由

広告運用は、中途半端な代理店や正社員よりも副業としてのニーズが高い仕事です。なぜなら広告運用とはリアルタイムで各種KPIが変わり、それらの情報に柔軟に反応する必要があるからです。

バズキーワードなど一気に流れが変わるWeb広告業界では、そういうキーワードへの監視体制が企業として求められます。これらの仕事は企業で打ち合わせや運用以外の業務を行い、反応が遅れるような正社員よりも在宅で常に監視できる体制の方が重要といえます。

しかし専門のスタッフや代理店にお願いできる企業はわずかです。

なぜならば、リアルタイムで更新を行う必要性や、KPIなどの指標にビビットに反応できるようにするためには1人月(1人が1か月働いて得られる仕事量。1日8時間計算で月160時間目安)の工数を最低でも確保しなければなりません。

ただし、広告代理店に依頼すると(人月工数の)費用が膨らむため、自前で用意しようとしますが、Web広告運用の専属求人を行なっている企業の多くは出社が強制でなかったり、週1・2回の出社頻度に抑えていたりするのが現状です。

つまり、リアルタイムでの広告運用を行える人材というのは「広告運用を専門業者にお願いしたいけど代理店に発注する余裕がない」という企業にとって、喉から手が出るほど欲しい人材なのです。

広告運用の仕事内容

では広告運用とは、具体的にどのような仕事内容なのでしょうか。大きく分けると、下記のような2つのWeb広告が対象の広告商品です。

1.リスティング広告

リスティング広告とは、検索キーワードを入力した時に、ページの上部や下部に出てくる広告のことです。

現在インターネットの95%以上は、GoogleかYahooのどちらかが使われていますので、リスティング広告を行う場合もこの2社のどちらかで行うのが普通です。Googleでは、Google Adwords、Yahoo!では、Yahoo!プロモーション広告を使います。

2.ソーシャル広告

ソーシャル広告とは、Facebook、Twitter、InstagramなどのSNSを媒体にした広告のことです。これらの広告配信数や配信先、配信タイミングなどの出稿後に各種KPIを見て運用を的確に行う仕事です。

広告運用の具体的な仕事の流れ

リスティング広告にしてもFacebookのようなソーシャル広告をするにしても、基本的な仕事の流れは同じです。

より多くの人に広告を見てもらう

クリック数を増やす

CVRを上げる(Conversion Rateの略。成約率の意)

このような成果をしっかりとあげるためには、ただ広告を出すだけでなく、出稿後にも細かな分析のもとに最適化するという作業が求められます。

副業としての広告運用担当に求められるスキル

広告運用というのはただ管理画面の設定をすればよいだけの仕事ではなく一定のスキルが必要であるということがわかります。

基本的な広告設定のスキル

広告を開設するための基本的な知識や運営方法について知っておく必要があります。ターゲットの設定やキーワードの設定また魅力的なコピーライティングの作成や各種オプションの設定をしなければなりません。

CVRを上げれば少ない予算でも上位表示してくれますので、競合のリサーチをしながら差別化を図り、インパクトのある広告を作成する必要があります。これらにはイマジネーションスキルなども関係してきますが、そのスキルも基本的なノウハウの上に成り立ったスキルと言うことができるでしょう。

マネジメントスキル

広告運用で利益を生み出すためには、広告にかける予算とそれに見合った成果が必要です。予算を抑えすぎても広告表示されなければ意味がありませんし、予算をかけているのにCVが少なければ利益につながりません。

また企業が求める目標に沿った成果というのも必要となってくるでしょう。

リサーチスキル

広告運用をするためには、検索キーワードやメディアはもちろんのこと、ターゲットのペルソナ、地域、閲覧されやすい時間帯などを分析したうえで判断する必要があります。

Googleが提供する各種ツールなど分析をするための最低限の方法や使い方を熟知しておく必要があるだけでなく、競合がどのキーワードにどれくらいのクリック単価を設定しているのかのリサーチや、自社サービス特有のCVに近いキーワードで成約率を上げるために出稿キーワードを都度変化させる適応力も重要になってきます。

広告運用の副業の求人事例

広告運用における副業の求人事例を簡単に紹介します。報酬はスキルや経験作業内容によって大きく変わりますが、どれも本業の空き時間に行える案件です。

事例1:
仕事内容:SNS系(インスタ、Facebook・Twitter)運用
出社頻度:週1回程度の出社
報酬:時給2,500円

事例2:
仕事内容:DMやgoogle・Yahooなどのプロモ関連の運用
出社頻度:完全自宅(フルリモート)
報酬:成果の20%

事例3:
仕事内容:各種KPIやABテストなどの若干データマイニング寄り+戦略立案系の運用
出社頻度:週2~3回出社
報酬:月額35万円

このように週1回から3回の出社を求められるものもあれば、完全自宅で作業できるものもあります。また報酬の形態も時給、月給、あるいは完全歩合制のものまで様々です。

本業の空き時間を利用してお小遣いを稼ぎたいだけの場合もあれば、独立も視野に入れて本格的に仕事を探している人など副業の形も様々です。あなたの生活スタイルにあった副業を探してみてください。

広告運用を副業にする際の注意点

広告運用を副業にするというのはメリットだけではなく、デメリットもあります。

企業と直接やり取りをするので値段交渉を自由にできるというメリットがある一方で、副業という立場上、即戦力が求められます。言い換えますと、仕事を提供する企業からは「正社員のように育ててあげる」という概念はなく、基本的にあなたの「スキルのアウトプット」しか求められていません。

それゆえに、あなたが意識して「インプット」をしない限り、スキルだけを企業にどんどん吸われて2,3年後に市場が変わったら仕事を失うという場合さえあるかもしれません。

これは広告運用だけでなく、副業やフリーランス共通のデメリットともいえます。

このようなスキルを吸われるだけの使い捨ての存在にならないためには、インプットにもなるような広告運用の副業を見つけ、常にスキルアップを図る必要があります。

そのような副業の見つけ方がわからなければ、少し費用はかかりますがエージェントへの相談というのも考慮に入れることもできるでしょう。

エージェントはあなたに合った仕事を紹介してくれるだけではなく、案件スタート後もしっかりサポートしてくれますので「アウトプット」とともに「インプット」もしっかりとでき継続して仕事を続けることができます。

【まとめ】広告運用の副業はニーズが高い!

副業としての広告運用について解説しましたが、いかがだったでしょうか。

・費用が節約でき、専門的なスキルが求められる広告運用は、副業として企業に大いに求められています。

・広告運用には、リスティング広告やSNS広告などがありますがどの仕事も基本的な広告設定のスキルだけでなく、マネジメントスキルやリサーチスキルが求められます。

・副業のスタイルは、「完全自宅制」から「週数回の出社」が求められるもの、報酬は「時給」」から「完全歩合制」まで様々ですので、ご自分の生活にあったスタイルを選ぶことができます。

広告運用を副業として行うということは、あなたや仕事を提供している企業だけでなく、スキルアップができれば本業の利益にも繋がります。

あなたが広告運用のスキルを少しでも持っているなら、その貴重なスキルを眠らせたままにしておくことがないようにしましょう。

Related post

  1. 副業したい!デザイナーが副業を獲得する方法

  2. 広報スキル

    広報スキルを活かして年収を上げたい!副業?それともフリーランス?

  3. 副業詐欺の手口とは?詐欺にあったときの対処法は?見分け方も紹介

  4. 窓際でパソコンで副業をする女性

    副業とは?副業についてわかりやすく解説します!

  5. キャリアを積むイメージのビジネスマン

    副業でスキルアップ!お金だけじゃない新しい副業のあり方

  6. 人事メイン画像

    人事のスキルは副業に活かせるのか?新しい時代の働き方