初心者~専門的な副業まで!サラリーマンにおすすめの副業ランキング30選

このページを読むのに必要な時間は約 13 分です。

「給料が安い」、「スキルアップをしたい」、「周りの人は副業をやっているらしい」。

あなたがもし副業を始めたいと思っているなら、今すぐ探し始めるべきです。ネット社会となった今、仕事の形態は非常にたくさんあるので、あなたは自分の時間やスキルを十分に活かすチャンスがあります。

この記事では、サラリーマンでもできるおすすめの副業について解説します。
 
このコンテンツを動画で見るならこちら↓
 

 

サラリーマンが副業すべき理由

サラリーマンが副業すべき理由は大きく分けて2つあります。1つは、「収入は変わらないのに支出が増えていく」から、もう1つは「サラリーマンで副業している人が増えている」からです。つまりこの社会は副業をやっていかないと生活しづらくなりつつありますが、副業のハードルはどんどん低くなっています

 

平均年収は上がりづらく、子育て・社会保障費は負担に

サラリーマンの平均年収は上がりづらく、子育て・社会保障費の負担は増えてきていますので、会社でもらう給料だけでは生活がしづらくなっています。

国税庁によると、年齢階層別の平均給与は下記のとおりです。

年齢平均給与
19歳以下160万
20~24歳258万
25~29歳373万
30~34歳450万
35~39歳499万
40~44歳520万
45~49歳537万
50~54歳568万
55~59歳546万
60歳以上404万

出典:国税庁「平均給与」

 

そして「首相官邸のホームページで掲載されている子育て費用」によると、出産から大学を卒業するまでの1人当たりの22年間の総費用は、次の通りです。

 

  • 食費、衣料費など基本教育費:1,640万円
  • 幼稚園~大学までの教育費:2,985~6,064万円

出典:首相官邸「子育て(教育)費負担問題と教育(就学)支援制度の整備・充実の課題」

 

このように子供1人を育てるだけでも4,000万円以上かかる計算になりますので、明らかに年収だけでは余裕がありません。

 

これらの出費に加えて、さらに今後の社会保障費が加わります。内閣府によりますと、現在の社会保障給付費は約118兆。これは20年前の倍額になります。社会保障給付費は今後も伸び続けていくことが予想され、2025年には150兆円に達するとの見込みがされています。今後も社会保険費が上がり続けることは、避けられないでしょう。

出典:内閣府「社会保障給付費の推移等」

 

教育費や社会保険費用は削ることができない支出であり、年収は頑張り次第で必ず増えるというほど世の中は甘くありません。従って副業による収入からをして需要と供給のバランスを図るしか方法はない、と結論できます。そしてうれしいことに副業は、非常にしやすくなっています。

 

副業をする人が増加している

サラリーマンをしながら副業を始めている人は、近年急速に増加しています。このことは副業が私たちにとってかなり身近になったということを表していて、実際多くの人は簡単に必要な副収入を稼げるようになっています。

 

日本最大のクラウド・ソーシングを提供するサイトを運営しているランサーズ株式会社によりますと、「副業フリーランスの経済規模はこの4年で3倍になり、8兆円に近い規模」になったとのことです。

出典:Lancers「フリーランス実態調査2018年版を発表」

 

このように自分にできる副業を探して行い、実際に収入を得ることは極めて重要であることがわかります。この「副業の波」に乗り遅れてはなりません。いますぐ副業でできることを増やしていって副業で稼ぐ金額を上げていくなら、今後増えるであろう出費を抑え、老後に余裕を持つことができるようになります。

 

【初心者編】サラリーマンの副業ランキングTOP10

それではここから副業をしたことがないサラリーマンでもできる、初心者用の副業を10個紹介します。初心者が副業を始める場合は、出来るだけ元手がかからない仕事を選ぶのがコツです。仕事に慣れてスキルアップしていったら、これまでの経験をもとに元手をかけて大きな仕事を始めることもできるでしょう。

 

データ入力・マクロ挿入

推定所要時間:週1日~OK。1日1~8時間程度
推定収入:月1万~5万程度

職種にもよりますが、普段仕事をしていてExcelなどの表計算ソフトを使い慣れている人に向いている副業です。

指定されたデータを整理してExcelやGoogleスプレッドシートに入力し、管理・アップデートしやすいようにマクロなどを挿入していく作業が大半です。

【注意点】
現在の職業によっては表計算ソフトをあまり使い慣れてない人もいるため、万人におすすめできる副業ではありませんが、やり方を熟知していればいくらでも受注できるのが強みの副業です。

 

テープ起こし

推定所要時間:週1日~OK。1日1~8時間程度
推定収入:月1万~2万程度

こちらも普段オフィスツールを用いているサラリーマンなら初心者でもできる副業です。

音声データをもらい、それをワードやGoogleドキュメントでテキストに直していきます。校正も自分でやらないといけないため、ライティングに関する副業の役にも立ちます。

【注意点】
スキルがあまり必要ではないため、単価が安いのと、主婦や学生でもできる副業なので継続依頼が少ないのがデメリットです。

 

クラウドソーシングサイト

推定所要時間:好きな時間を選ぶことができます。
推定収入:月数千円~5万程度

「ランサーズ」や「クラウドワークス」などクラウドソーシングサイトに登録して、ライターやプログラミングなど自分のしたい仕事を手軽に始めることができます。基本的に会社に出向く必要はないので、自分の自由な時間に好きなだけ仕事をすることができます。

【注意点】
低価格で紹介している仕事が多く、かけた時間の割にほとんどお金にならない場合があります。最初は収入は期待せず、スキルアップだけを目標にしてみるのもいいかもしれません。

 

せどり

推定所要時間:1日数時間程度
推定収入:月数千円~10万円

海外や古本屋などで安く仕入れた商品をAmazonなどのネットショッピングで高値で出品するという仕事です。小規模で始めるうちには数千円しかなりませんが、規模を増やしてくとそれなりに稼げます。

【注意点】
上手に売れば儲かりますが、失敗すれば儲けが出ないどころか赤字になることさえあります。最初は少額の投資から始めましょう。

 

ネットオークション、フリマ

推定所要時間:1日数時間
推定収入:月千円~10万程度

せどりと似ていますが、違うところは基本何でも売れること。自宅に眠っているものや知り合いの中でいらないというものを安く譲ってもらって収入にしてしまいましょう。

【注意点】
全く売れなかったり、予想以上の安値になってしまったりするとモチベーションが下がってしまいます。

 

アフィリエイト

推定所要時間:週1日~毎日。1日1~8時間程度
推定収入:月千円~10万程度

自分でブログやサイトを作り、そこに広告を載せて収入を得るという仕事です。元手はほとんどかからず、月1000円程度もあれば十分に魅力のあるサイトを運営することができます。

【注意点】
月1万以上稼ぐのは全体の1割以下といわれていて、利益が出るまでにやめてしまう人が多いのが現状です。少なくとも1年は利益が出ないということ見越しておくことが大切です。

 

ネットショップ

推定所要時間:週1日~OK。1日3~8時間程度
推定収入:月数万~10万

サラリーマンが非常に始めやすいのがネットショップです。元手もそこまで掛けず徐々に規模を大きくすることができます。

【注意点】
在庫を抱えてしまえば、そのまま赤字に繋がります。在庫リスクを抱えない小さいものや、売れやすい回転率が高い商品を最初は扱うようにしましょう。

 

株・FX・仮想通貨

推定所要時間:毎日数時間程度
推定収入:月数万~10万円

まとまったお金がないと始めることができないイメージですが、実は1万円程度で始めることができます。うまくいったら徐々に使う額を増やしてくことができます。

【注意点】
見方を誤れば紙くずになります。経済に自信がない人は、投資信託から始めると無難です。

 

Uber Eatsのデリバリー宅配

推定所要時間:週1日~OK。1日6時間程度
推定収入:数千円~5万円程度

Uber Eatsで、私用の自転車を使いながらデリバリーとして稼ぐことができます。気軽に始めることができるので、空き時間に稼ぎたい人におススメです。

【注意点】
それほど多くの収入は見込めませんので、お小遣い稼ぎ程度の収入になります。

 

アンケートモニター

推定所要時間:数分~
推定収入:月数百円~数千円程度

ネットのアンケートに答えて、謝礼として現金や相当するポイントが貯まるというものです。単純なアンケートから心理学の実験までアンケートの種類は非常にたくさんあります。

【注意点】
アンケート案件を探すだけでも時間を使ってしまい、総額にすると時給はかなり安くなってしまうきらいがあるので注意してください。

 

【経験者編】サラリーマンの副業ランキングTOP10

副業をある程度経験してきたサラリーマンはもっと時間単価が高い副業にシフトするなど、副業におけるキャリアアップを目指してみましょう。

 

占い

推定所要時間:週1日~OK
推定収入:人気度に寄る

ココナラなどのクラウドソーシングサービスにおいて、「カード占い」や「占星術」などの占いの多くはゴーストライターによるものです。

副業を経験すると必ず目にするこのような占いカテゴリの副業は意外にも専門的なスキルなどは必要なく、いかに「上手にコミュニケーションを取るか」が重要です。要するに、窓口役を務められればいいわけです。

あとは、占いに関するライターや、趣味で占星術などの勉強をしている主婦を同じくクラウドソーシングサービスで探し、そのままヒアリング内容を転送。返って来た結果をクライアントに転送、ということでほとんどが成り立っているカテゴリなのです。

【注意点】

クライアントとどうコミュニケーションを取るとよいかを経験的に知っている必要がありますので、この手のクライアントがいる副業をした経験がそれなりに必要です。

 

構成作家

推定所要時間:週1日~OK
推定収入:月数万~15万程度

初心者サラリーマンにおすすめの副業で紹介したクラウドソーシングのライターなどの業務を経験すると出来るようになることが多いです。

要するに、彼らに発注するための構成や指示書をクライアントのニーズを元に作成する副業です。SEO的な知識を少しは知っておかないとできない反面、時間単価はライターよりも高いので、ライティング業務の副業をそれなりに経験してきた人におすすめの副業です。

【注意点】

SEO的な知識がないと、中途半端なものを作ってしまい、継続的な依頼を受注しにくいため、一度本格的に学ぶか学び直す必要があるでしょう。

 

セミナーの聴聞客

推定所要時間:週1日3時間程度~OK
推定収入:月数万円程度

各種のセミナーや講演会は集客の代理店を通して聴聞客を集めるのが一般的です。例えばよくあるのが、「中小企業の社長」の講演会。

人事や広報が人材獲得や自社の認知度向上のために社長に登壇してもらって会社説明会や事業説明会を行おうと企画した場合、リスクヘッジとして予め代理店に頼み、最低限の人数の聴聞客を揃えることがあります。これらのセミナーの副業は質問することを求められたりするため、それなりに慣れていたり、ある程度当該企業のことを調べておく必要があるため、そこそこ単価も高いです。

【注意点】

バレたら終わりなので、それなりに該当企業や参加するセミナーの登壇者などについて知っておく必要があります。

 

覆面調査員

推定所要時間:週1日2時間程度
推定収入:月数万円程度

あまり聞きなれていないと思いますが、実際の調査内容などは登録しないと教えてもらえないのと、登録者の人となり(これまでのキャリアやどういう人物なのか)に寄っても変わるので一概には言えません。

しかし、例えば、交通整理員がちゃんと指定の交通路で整理をしているかなどの一般的な調査もあれば、覆面Gメン的な犯罪の予防に関する調査もありますので、それなりに副業に慣れている人しかできないでしょう。

【注意点】

登録者自身のステータスによって依頼内容が異なるため、事前に何をするかわからない点が懸念点です。

 

治験

推定所要時間:週1日程度~
推定収入:月数万円~10万円程度

新薬開発などに関する治験モニターの副業です。なぜこれを経験者におすすめの副業にしたのかについてですが、それなりに副業の経験をしていないと「本当に危険かどうか」わからないためです。

端的に塗布系の治験はそこまで危険ではありませんが、投薬系の治験や入院を要する治験は注意が必要です。単価が非常に高い反面、副作用のリスクがあるからです。

副業を始めると必ずと言っていいほど治験を目にしますが、それなりに経験を積んでからでないとおすすめしません。

【注意点】

安全かどうかを見極めてから参加しましょう。

 

秘書

推定所要時間:週1日3時間程度~OK
推定収入:月数万円~10万円程度

文字通りの秘書ではなく、企業(主に小規模の)や中小規模のウェブメディア運営者が外注を行う時に使う秘書代行サービスです。

「制作秘書」などのサービスが有名ですが、業務内容はクライアントの外注内容を要件整理して受注者である製作者(ライターやデザイナーなど)にわかりやすく伝える橋渡しの役目を担います。

ある程度、副業をこなしていれば卒なくできるはずですし、時間単価も実際の制作者サイドよりも高いのが特徴です。

【注意点】

今までは受注側の制作者サイドだった場合は慣れるのに時間がかかると思いますが、ある程度やっていれば「こういう仕組みで色々な副業が成り立っているんだ」と他分野の副業の知識も得られます。

 

運転手・運転代行

推定所要時間:週1日8時間程度~OK
推定収入:月数万円~10万円程度

タクシードライバーとは異なり、特定の個人を送迎するサービスに登録し、仕事をもらう副業です。無事故無違反の免許証があれば誰でもできると思われがちですが、対象はそれなりにVIPな人ですので、マナーや正しい言葉づかいができることは当たり前として、地理にも詳しくなければいけません。

【注意点】

VIPな人の中には横柄な方もいるので、それなりにコミュニケーション能力も重視されます。

 

ビデオチャット・電話相談

推定所要時間:週1日1時間程度~OK
推定収入:月数万円程度

メインの仕事のことでもいいですし、副業で得たスキルでもいいです。お悩み相談にビデオチャットや電話で答える副業で、時間を切り売りするイメージです。

例えば、恋愛相談というごくごく一般的な悩みから、マネージャー経験者に特有の部下の管理に関する相談を受けるなど多岐に渡ります。それなりにスキルを求められるため、今のメインの仕事の延長の相談を受けるところから始めた方が良いでしょう。

【注意点】

顔が見えるため、そのような副業がNGな人にはおすすめできません。

 

自宅貸し・民泊

推定所要時間:週1日3時間程度~全日
推定収入:月数万円~15万円程度

もし、自宅を寝るだけにしか使っていない多忙なサラリーマンであれば、この副業もおすすめです。スペースを売る系のサービスに登録し、1日〇時間、色々な利用者に貸す副業です。

交通の便が良いところや、観光地に近い地域に住んでいる人は旅行中などに民泊として貸すのもアリでしょう。

【注意点】

リスクもあるため、個人間での契約ではなく必ず仲介サービスを通して副業を行いましょう。

 

ペットシッター

推定所要時間:週1日3時間程度~OK
推定収入:月数万円程度

お年寄りのペットの散歩や、旅行中の家族のペットを家に泊めたりする副業です。当然のことながら、ペットを泊める場合はペット可の家に住んでいないとできないなど制約が多い副業でもあります。

ただ、特にスキルも必要はなく、決められた時間に決められたことを行う実直ささえあればできるため、副業を最近やってみて慣れてきた、という副業中級者におすすめです。

【注意点】

ペットによっては性格が異なります。暴れたり家に傷をつけるペットもいるため、どんなペットか必ず事前にヒアリングしましょう。

 

【専門・資格編】サラリーマンの副業ランキングTOP10

専門のスキルや資格を持っている人におススメしたい副業を紹介します。学生時代にとった資格などで今の仕事には役立っていない資格などあるかもしれません。せっかくとった資格や身についたスキルなので活用しないともったいないですし、スキルを磨けば必ず何かに役立ちます。そんなスキルや資格が役立つ10選を紹介します。

 

宅建

宅建士は、不動産の契約の説明をするために必要な資格で、この資格を持っていないと不動産に関する重要事項は説明できません。お客さんがよく来る週末に需要があるため、週1~2回程度の副業でも喜ばれます。

推定所要時間:週に1、2回7時間程度
推定収入:月5~10万円
必要な資格:宅地建物取引士

 

FP(ファイナンシャルプランナー)

FPは一度資格を取れば維持更新費用も安いので特に副業向けといえます。セミナー講師や土日だけフロント業務を行うなど王道としての副業の他、金融系のアフィリエイトサイトで「監修者」として名義貸しを行う副業もできます。

推定所要時間:週に1、2回7時間程度
推定収入:月5~10万円
必要な資格:ファイナンシャルプランナー

 

行政書士

平日の昼間に時間を取れる方なら、行政書士の副業はおすすめです。なぜ、平日の昼間に限定するのかというと、許可申請等官公庁を相手にする仕事が多いので、平日の昼間に時間が取れないと行えない業務があるからです。

内容としては、飲食店営業許可や、宅兼業免許など行政書士が直接赴く仕事です。オススメは、車庫証明業務。打ち合わせの手間がなくディーラーに書類を郵送すればよいので時間がかかりません。

土日休みしか取れないサラリーマンだとおすすめできないのが難点です。

推定所要時間:週に1、2回7時間程度
推定収入:月5~15万円
必要な資格:行政書士

 

プログラミング

多くの企業ではプログラマーが不足していますので、副業として個人で引き受けてくれるプログラマーは重宝されています。パソコン一つでどこでもできますので、週末でも仕事が終わった後カフェでするなど好きな時間に仕事をすることができます。

また、クローラーなど一度作ってしまえばそれを他の多くのクライアントに売れば儲けられるツール系を作れればさらに単価を上げられるでしょう。

推定所要時間:好きな時間を選ぶことができます
推定収入:月5~100万円以上
必要なスキル:C#、Ruby等のプログラミングスキル

 

ケアマネージャー

介護が必要になったお年寄りに対して、訪問介護やデイサービスなど介護保険サービスをどう使うかというケアプランを作成するのが仕事です。

在宅で行うことができるので、子育て中の女性にもおすすめです。

推定所要時間:週に8時間程度
推定収入:月5万円程度
必要な資格:介護支援専門員実務研修受講試験に合格

 

中小企業診断士

中小企業診断士の資格のある人が行うポピュラーな副業は助成金申請代行です。これは、中小企業が新規事業を始めようとした時に国から助成金をもらうために作成する資料を代行する仕事になります。

かなり複雑な事業計画書を提出しないといけないので中小企業の経営者は中小企業診断士に依頼することが多いです。成果報酬はだいたい助成金入金額の2割。100万の助成金であれば20万の成功報酬になります。

推定所要時間:助成金の種類や事業内容による
推定収入:月10~30万円以上
必要な資格:中小企業診断士

 

デザイナー

一言にデザイナーといっても、写真やイラストの販売からホームページの製作まで様々な種類があります。最近ではLINEなどのスタンプ作りも人気です。趣味半分でお金をもらえるところからサイト運営や業務委託など本格的な仕事もあります。

推定所要時間:自分の好きな時間を選べます
推定収入:月数千~10万円以上
必要な資格:インテリアコーディネーター、ウェブデザイン技能検定

 

観光ガイド

2020年の東京オリンピックに向けてインバウンド需要が見込まれるなか有望な資格の副業で、観光ガイドの仕事は主に観光地の案内です。

訪日客などを相手に、観光地を案内しながらその土地の歴史や長所、見どころを伝えるため、語学力はもちろん、その土地に精通している必要があり、どれだけの知識を持っているかが重要です。旅行代理店に登録するか、今ではスマホのマッチングアプリから顧客を探せます。

推定所要時間:自分の好きな時間を選べます
推定収入:月数千~10万円以上
あるとよいスキル:観光バス会社での勤務経験や地理歴史の知識

 

通訳・翻訳

外国語に堪能なら通訳や翻訳は副業としておすすめです。翻訳の仕事は基本的にいつでもできますので特におすすめですが、最近ではGoogle翻訳などの性能が向上し、単価が安くなっているのが現状です。通訳は一定の時間拘束されるものの、単価が高く2~3時間の拘束で10,000円以上稼ぐことができます。

推定所要時間:クライアントから求められる時間
推定収入:月1~10万円以上
必要なスキル:外国語

 

マンション管理士

マンション管理士は、管理組合と良い関係を築き、親身になって取り組む必要があるので時間がそれなりにとられます。将来的に独立を考えたうえでの副業としておすすめです。

推定所要時間:土日祝日、7時間程度
推定収入:月10~20万円以上
必要なスキル:マンション管理士

 

サラリーマンが副業を選ぶ時のコツ

サラリーマンが副業を選ぶときは、あくまでメインは本業の会社であることを忘れないようにするのが大切です。副業のほうがやってみたい仕事だったというのはよくあることですが、それがもとで会社がクビになってしまっては元も子もありません。

仮に会社に副業についてばれてしまった時も、この副業をすることが本業である仕事にメリットになると思わせることができるのが理想です。

 

時間の融通が効く副業を選ぶ

副業を選ぶときは、本業に支障がないように時間の融通が効く仕事を選びましょう。平日の夜や土日など、本業時間外であることはもちろんですが、本業が忙しくなったときは、自由に休みが取れる副業にしておくことも大切です。

 

表に出ずにできる副業を選ぶ

会社にばれないように、表に出ずにできる副業を選びましょう。仕事が慣れてくると表に出なければならないという仕事もありますので、仕事を始める前に必ず確認しておくことが大切です。

 

時間対賃金の高い副業を選ぶ

平日夜か土日にできて、少ない時間で単価が高いもの、もしくは将来的に単価が高くなる可能性がある仕事を選びましょう。そうした仕事を探すのは時間がかかるかもしれませんが、ゆっくりと探せば案外高単価の仕事があるものです。

 

サラリーマンが副業する際の注意点

最後に、サラリーマンが副業する際の注意点について解説します。

 

確定申告

サラリーマンが副業で収入を得ている場合、副業の所得が年間で20万円以下の場合は確定申告をしなくてもよいという「20万円ルール」があります。所得というのは、売り上げから経費を引いた額なので、所得が20万円以上にならないように、抑えておくのもひとつの手です。

 

会社の規則を確認する

副業する前に、会社の規則を確認しておきましょう。会社によっては、副業を「禁止」にはしていないものの「許可制」にしている場合があります。「スキルアップ」などを理由に、副業をすることがいかに会社にとって利益になるかを説明すれば、堂々と行えるようになるかもしれません。

 

サラリーマンの副業ランキングまとめ

出費がどんどん増えていく世の中ですが、一方で収入を増やす方法はたくさんあることがわかりました。本業もそうですが、副業も続ければ必ず武器になります。今回紹介した仕事が、あなたにとって長く続けることができる副業になることを心より願っています。

 

「プロの副業」では、皆様のライフスタイルに合わせた副業やフリーランス向け案件を無料でご紹介しております。

あなたのプロフェッショナルなスキル・経験・人脈を活かし、ライフスタイルに合わせて「週1」や「月1」から業務可能。

フリーランスはもとより、副業でもできるお仕事など様々な案件を扱っております。

<こんな方におすすめです>
・副業をした方が良いとは言うけれど、何をしたら良いかわからない...
・自分のスキルを活かせる業務委託の仕事を副業ベースで見つけたい...
・本業のスキルを活かして、週1か月1くらいの隙間時間で副業の仕事を見つけたい...
・フリーランスで案件を安定させたい...


こんなことでお悩みの方は、是非プロ人材の副業紹介サービス「プロの副業」をご利用ください。

 無料相談はこちらから!

Related post

  1. 副業したい!正社員のデザイナーが副業の仕事を獲得する方法

  2. 20代でいくら貯めてる?気になるみんなの貯金額!

  3. 副業とは?副業に関する基本的な知識やその種類、よくある疑問について解説…

  4. 技術顧問を外注する際の確認ポイントは?技術顧問が会社に与える効果・報酬…

  5. テレワーク:官民が連携して推進する働き方改革プロジェクト

  6. フリーランスのデザイナーになる方法は?安定してお金を稼ぐ&単…