フリーランスのデザイナーになる方法は?安定してお金を稼ぐ&単価UPの方法も!

このページを読むのに必要な時間は約 7 分です。

この記事では、

  • (未経験から含め)フリーランスのデザイナーになる方法は?
  • フリーランスのデザイナーとして仕事をするために最低限必要なスキルは?
  • 独立したばかりでまだ経験が浅いデザイナーや今後フリーのデザイナーになりたい人は、どうやって仕事を獲ればいいの?
  • フリーランスのデザイナーとして、出来るだけ安定的にお金を稼ぐ方法は?

このような疑問を持っている人に向けて、フリーランスのデザイナーになる前に知っておきたい重要なポイントや、出来るだけ安定して稼ぐ具体的な方法について解説します。

 

現時点でそこまでコネクションを持っていない人でも、やり方を工夫すればフリーランスとしてやっていくことは充分可能です。フリーランスのデザイナーに興味を持っている人はぜひ参考にしてみてください。

 

目次

フリーランスのデザイナーになる方法と事前に知っておきたいポイント

フリーランスのデザイナーになる方法は、未経験からも含め大きく2つあります。

会社で経験を積んでからなるか、スクールなどで勉強してからなるかです。順番に説明します。

 

① いったん会社で働いて経験を積んでからフリーランスになる

未経験から目指す場合は、出来るだけこの方法を選ぶことをオススメします。会社員の場合、会社に行けば基本的には仕事がありますし、お金をもらいながら経験を積む事が出来て一石二鳥です。

 

会社員からフリーランスになるタイミングはどのように判断するべきか、会社員としてどれくらい働けばフリーランスになれるか迷う人も中にはいると思いますが、結論からいえば、3~5件ほど案件を担当すればフリーランスになることが可能です。要は自分のスキルやセンスなどをアピールできるポートフォリオさえあれば、依頼を貰うことは(理論的には)可能なのです。

 

ただしフリーランスになることにはリスクも伴いますし、そもそもたった数件担当した程度の力でフリーランスとして生きていけるほど世の中は甘くありません。どうしても急がなければならない理由がなければ、3年~5年程度時間をかけて経験とスキルを身につけ、そこからフリーになることをおすすめします。フリーランスになるためにその期間を必死に努力していれば、自分の価値も上がっているはずですし、その能力も身についているはずなので安全です。

 

② 独学やスクールで勉強して、いきなりフリーランスとしてデビューする

一方で自分が住んでいる地域にデザイン系の会社がないという人もいると思いますが、そのような人でも、自分でスキルを身につけて、就職せずにいきなりフリーランスになる事は可能です。会社員として就職する場合と同じように、自分の名刺がわりになるポートフォリオさえあれば、今はどこにいてもフリーランスのデザイナーとして仕事をする事ができます。

 

実際にSNSやブログ経由で仕事を受注している人がデザイナーの場合はとても多いですし、もちろんいきなりそれは難しいという場合でも、クラウドソーシングや、リモート案件を紹介しているサービスを利用すれば仕事を受注できます。政府としてもフリーランスや副業を推進していく流れにあるので、今後さらにリモートで対応できる案件は増えていくはずです。

 

フリーランスのデザイナーはどれくらい稼げるのか?

フリーランスデザイナーの収入は一体どれくらいなのか、気になる人も多いと思います。

フリーランス向けのエージェントやサービスを利用して週5日働く場合(リモートの案件も含む)の報酬は、おおよそ下記のようになります。

 

・WEBデザイナーの場合:月収30万円~70万円前後
・UIデザイナーの場合:月収40万円~80万円前後

 

全体的に、依頼されたものを忠実に形にする能力だけでなく、ディレクションスキルやコーディングスキルなどのプラスアルファのスキルがあれば、報酬もUPする傾向にあります。

 

ちなみに案件を複数掛け持ちしたり、並行して自分の人脈からも案件を受けたり出来れば、年収1000万円を超えてくる事も可能です。

 

フリーのデザイナーとして仕事をするために、最低限必要なスキル

 

フリーランスのデザイナーとして仕事をするために最低限必要なスキルは、下記のように整理できます。

WEBデザイナーの場合
・Photoshop / Illustrator などのデザインソフトのスキル
・コミュニケーションスキル
・html / css などのコーディングスキル
・(JavaScriptなどのプログラミングスキルもあると報酬がUPしやすい)

UI/UXデザイナーの場合
・Photoshop / Illustrator / Sketch/AdobeXDなどのデザインソフトのスキル
・コミュニケーションスキル
・ロジカルに考える力と企画力
・(コーディングスキルもあると報酬がUPしやすい)

グラフィックデザイナーの場合
・Photoshop / Illustrator などのデザインソフトのスキル
・コミュニケーションスキル
・アイディアや発想力
・(WEBのスキルもあると有利)

 

会社によって若干プラスマイナスはありますが、基本的に職種ごとに必要なこれらのスキルをしっかりと持っていれば、フリーランスとしてやっていく事は十分に可能です。あとは仕事をしていきながら自分に必要なスキルを追加で身につけていけばOKです。

 

フリーランスになりたいデザイナーはWEBのスキルがあると有利!

上で整理した内容と少し重なりますが、これからフリーランスのデザイナーを目指す場合は、出来るだけWEBのスキルを持っておく事をオススメします。現在グラフィックデザイナーの人や、これから目指す場合も、WEBのスキルがあると応募できる案件の数が一気に増えます

 

ちなみにスキルを身につけるにあたって、お金に余裕がある場合はスクールに通うのも良いですが、今は「Progate」や「ドットインストール」など無料のWEBサービスを使ってスキルを身につける事も可能です。

 

なお、WEBデザインではなく、UI/UXデザインの方に進みたい人は、自分でアプリの企画からデザインまで実際にやってみるのがオススメです。実際に制作したものを、ポートフォリオのひとつにしてアピールしましょう。

 

フリーランスになる際に一番心配する事は?

フリーランスという働き方には魅力がたくさんありますが、しかしこれは、あくまでも上手くいった場合の話で、実際は

「どうやって案件を獲得すればいいのか分からない」
「フリーランスとしてやっていくなら人脈がないと厳しいのでは?」
「継続して仕事をもらったり、会社員のように安定して稼げるのか不安」

と、冷静に現実を考えしてしまう人が大半だと思います。

 

実際にフリーランスのデザイナーは、制作だけに専念すればいいわけではなく、案件を獲得する事も仕事の一つなので、どうやって営業していくかという事も一緒に考えないといけません。

 

とはいえ、実はフリーランスのデザイナーが仕事を獲得する方法はたくさんあり、やり方を工夫すれば、現段階でそこまで突出したスキルや経験を持っていない人でもフリーランスとしてやっていく事が充分に可能になります。

 

フリーランスのデザイナーが案件を獲得する方法

クラウドソーシングなどのWEBサービスを使ったり、知り合いから紹介してもらうなど、フリーランスのデザイナーが仕事を獲得する方法はたくさんありますが、その中でも代表的な方法の1つが「フリーランス向けのエージェントを利用する方法」です。

 

もちろん同時並行で複数の方法で仕事を獲得するのが一番良いですが、特にフリーランスになったばかりで経験の浅い人や、これからフリーランスになる予定の人は、まずはエージェントをメインに活用すると精神的にだいぶ楽になるはずです。

 

フリーランス向けのエージェントをオススメする理由

フリーランス向けのエージェントを利用する事で精神的に楽になる理由は、大きく分けて下記の5つに整理することができます。

  • 効率よく安定的に稼げる
  • 仕事探しや交渉などを自分の代わりにエージェントが担当してくれる
  • 短期間で色々な現場を経験できるのでスキルアップしやすい
  • WEBでは公開されていない非公開の案件を紹介してもらえる
  • 孤独感を感じにくい

 

効率よく安定して稼ぐ事ができるから

エージェント経由の仕事は、週2日の勤務で月20万円以上の報酬など、他の方法で得られる仕事よりも比較的高額な報酬設定になっています。ちなみにエージェント以外のサービスを利用すると、ホームページを制作する単発の仕事で10万円しかもらえないものもありますし、エージェントを利用すれば、納品ベースではなく、働いた時間に応じて報酬がもらえるので、プレッシャーなどの面でも楽になります。

 

なおかつ、最低でも半年以上契約が継続するケースも多いですし、上手くその会社にハマればもっと長期で契約してもらう事も可能なので、フリーランスとして比較的将来の見通しが立てやすい働き方といえます。

 

仕事探しや交渉などを自分の代わりに行ってくれる

先程フリーランスのデザイナーになると、制作だけではなく営業も自分で担当しなければいけないと説明しましたが、実はフリーランス向けのエージェントを利用すると、この営業する手間をなくす事が出来るのです。案件探しや報酬などの交渉は、自分の代わりにエージェントが担当してくれることになっています。

 

仕事探しに関しては、自分のスキルや希望を伝えると、それに沿った案件を探してきて複数提案してくれるので、候補の中から希望するものを選ぶだけでOKです。

 

また報酬額の交渉に関しても、基本的にエージェント経由で仕事が決まれば、マージンとして数パーセント手数料が入る仕組みになっていて、報酬がUPすればその分エージェントにもメリットがあるので、手を抜かずにしっかりと頑張ってくれます。

 

短期間で色々な現場を経験できるのでスキルアップしやすい

エージェントを利用すれば、最短数ヶ月単位で色々な現場を経験できるので、より早いスピードで成長できるというメリットもあります。同じデザインの仕事でも、会社が抱える課題や自分に求められる事なども様々なので自然とキャパシティーが広がり、柔軟に対応できるようになります。

 

WEBなどでは公開されていない非公開の案件を紹介してもらえる

一般には公開されていない、非公開の案件を担当できる事も、エージェントを利用するメリットのひとつです。単純に応募できる案件の数が他の人よりも増えるので、それだけでメリットがありますし、非公開の案件は重要度が高かったりするので、やりがいも大きい可能性があります。

 

孤独感を感じにくい

フリーランスは自宅に一人でこもって作業をする事が多いので、どうしても孤独を感じる人が多くなりがちですが、エージェントを利用すると会社に常駐して働くスタイルが現状は多いですし、リモート可の案件でもクライアントとコミュニケーションをとったり、エージェントとこまめにフィードバックの機会が設定されるなど、孤独感を和らげることができます。

 

ただそれでも、実際に会社に行くと、フリーランスというだけで疎外感を感じてしまうという人も中にはいます。仕事を円滑に進めるためにも、飲み会などに誘われた際は、出来るだけ出席するようにしたほうがいいかもしれません。

 

フリーランス向けのエージェントを利用するデメリットは?

では、逆にフリーランス向けのエージェントを利用するデメリットは何でしょうか?

  • 手数料が発生する(クライアント側が負担するものなのでワーカー側の負担はナシ)
  • エージェント経由で知り合ったクライアントと直接契約出来ない
  • 企業に常駐する働き方がメインになり、自宅やカフェで作業する機会が減る傾向

このように、フリーランス向けのエージェントを利用するデメリットもありますが、フリーランスになりたての初期の段階や、仕事を獲得できるか不安で悩んでいる人にとっては、断然メリットの方が大きいというのが大方の評価です。

 

最初では、エージェントをメインで活用しつつ他の方法(知人の紹介など)でも案件を獲得して、徐々に直接指名で仕事をもらえるようになったら、その時に働き方をチェンジしていくという流れが多くなっています。

 

フリーランスのデザイナーとしてやっていく際に特に注意したい4つのポイント

デザイナーがフリーランスとしてやっていく際に注意したい事や事前に知っておきたいポイントを4つ紹介します。

 

① フリーランスのデザイナーは、特にコミュニケーション能力や対応力が重要になる職種

デザイナーがフリーランスとしてやっていく場合、基本的に自分が直接受けた仕事は、自分でクライアントとやりとりする必要があります。デザインは他の職種の納品物よりも、人によって出来上がりの差が大きい制作物なので、事前にイメージのすり合わせをしておいたり、途中にチェックポイントを設定することが特に大切になります。そうしないと0から作り直しになって、時間を大幅に無駄にしてしまうリスクがあります。

会社員時代はディレクターが舵取りを担当してくれますが、フリーランスになって自分で仕事を受けるとなるとそうもいかないので注意しましょう。

 

② クライアントの見極めは慎重に!

クラウドソーシングのサービスやSNS経由で仕事を受ける場合は、クライアントがどのような人物かを出来るだけ慎重に見極める必要があります。

 

特にデザイナーの場合、面倒なクライアントにあたってしまうと、デザインの修正作業が無駄に何度も発生したり、最悪報酬が支払われないといったケースもあったりします。よく言われていることですが、最初に少しやりとりをした段階で「なんかちょっと感覚が違うかも」と思ったクライアントは、大概危険人物である可能性が高いという話も。もちろん良心的なクライアントも世の中にはたくさんいますが、間に誰も介在していない時は自分だけの判断になってしまいますので、要注意です。

 

「FREENANCE」などといったフリーランス向けの安全保障サービスもありますので、加入を検討するのもひとつの手です。

 

③ SNSやブログでの情報発信に力を入れよう

SNSやブログなどでの情報発信にも力を入れて取り組みましょう。さきほど上でも紹介したように、デザイナーはSNSなどのインターネット経由で仕事を受注している人が多く存在します。フォロワー数やPV数などがある程度増えると、そこまで一生懸命営業しなくてもある程度継続して仕事を獲得することができるので、費用対効果も高いです。

 

④ デザインスキルだけではなく、プラスアルファのスキルがないとフリーランスとして生き残っていく事が難しい

フリーランスデザイナーの報酬の項目でも触れましたが、フリーランスのデザイナーは、デザインスキル以外にどんな能力を持っているかが、差別化につながる重要なポイントです。そしてこの傾向は、今後さらに激しくなっていくと思っておいてまず間違いありません。

 

というのも、 いまは無料のテンプレートなどを使えばある程度のデザインならいとも簡単に作成できる時代ですし、クラウドソーシングを使って格安で発注する事も可能です。そしてAIが今後ますます進化する事によって、この傾向はさらに加速していくはずです。

 

こういった状況の中、自分というデザイナーを選んでもらうためには、受注価格を下げるか、他のデザイナーにはない価値を提供するかのどちらかしかありませんが、価格を下げる方法を選んでしまうとただ消耗していってしまうだけなので、生き残っていくためには自分の価値を高めるしかありません。

 

デザインスキルはある程度の領域までいくと、後は人それぞれの好みによるところが大きく差がつきにくいので、それ以外の部分の能力を身につけて自分の価値を高める必要があります。マーケティング / 企画力 / コーディングスキル / ブランディング など色々と方向性はあるので、自分が好きかどうかと市場のニーズなどを踏まえながら進む方向性を決めて、徐々にステップアップしていくようにしましょう。

「プロの副業」では、皆様のライフスタイルに合わせた副業やフリーランス向け案件を無料でご紹介しております。

あなたのプロフェッショナルなスキル・経験・人脈を活かし、ライフスタイルに合わせて「週1」や「月1」から業務可能。

フリーランスはもとより、副業でもできるお仕事など様々な案件を扱っております。

<こんな方におすすめです>
・副業をした方が良いとは言うけれど、何をしたら良いかわからない...
・自分のスキルを活かせる業務委託の仕事を副業ベースで見つけたい...
・本業のスキルを活かして、週1か月1くらいの隙間時間で副業の仕事を見つけたい...
・フリーランスで案件を安定させたい...


こんなことでお悩みの方は、是非プロ人材の副業紹介サービス「プロの副業」をご利用ください。

 無料相談はこちらから!

Related post

  1. 技術顧問を外注する際の確認ポイントは?技術顧問が会社に与える効果・報酬…

  2. 台頭する「サブスクリプション型ビジネス」において活躍できるのはどのよう…

  3. 人生に必要なお金と4種類の出費

  4. デジタルマーケティングメイン画像

    ニーズの高いマーケティングのスキル・経験を副業に活かそう!

  5. BtoBマーケティングの副業紹介!求められるスキルやメリットは?

  6. マーケティングの「プロになるための」&「プロとしての」キャリアの歩み方…