副業を個人事業主または法人設立(株式会社)で行うときのメリット・デメリット

このページを読むのに必要な時間は約 7 分です。

政府は、サラリーマンの副業を原則禁止から原則自由にする「働き方改革」を2016年に提唱しました。その結果、副業を容認する企業が増加、それだけでなくさらに一歩進んで社員に副業をすることを促進する企業まで現れてきています。

 

背景には、終身雇用や年功序列制度が崩壊し、今後給与が大きく上昇することがあまり期待できないこと、および価値観の多様化が進むなか企業経営にとっても社員が多様な経験を積むことなどがプラスになると考えられるからです。給与の上昇が期待できないことは、国税庁の「民間給与実態統計調査(2017年度)」のデータによると2007年度の平均給与437万円から2017年度432万円とほぼ横ばい(平均年齢は10年間で2歳上昇)であることが証明しています。加えて昨今の厚生労働省の統計で実質賃金はマイナスだったことも明らかになってしまいましたし、そもそも公的年金では老後の生活資金を十分にまかなえません。

 

そのためサラリーマンが豊かな生活を実現するには積極的に副業をすることが必要で、今後サラリーマンの副業は常識になっていくと考えられます。政府がなぜ副業を推奨するのかの行間もその辺りにあることが推測されますね。

 

そこで、副業を個人事業主として行うか、法人を設立して行うほうがよいのか、またもし法人を設立するときは、会社形態を株式会社にするのか、あるいは他の会社形態にする方が良いのか、それぞれのメリット・デメリットについて紹介します。また、どちらを選択すべきかを決めるときに検討すべきポイントについても解説します。

 

副業を個人事業主として行うときのメリット・デメリット

会社員が副業を兼業でおこなうときは個人事業主としてスタートし、軌道に乗れば法人へ移行するのが一般的です。しかし、副業の内容によっては最初から法人を設立したほうがよいケースもあります。副業を個人事業主として行うときのメリット・デメリットを法人設立の場合と比較して紹介します。

 

個人事業主として行うメリット(法人を設立して行うデメリット)

■事業開始の手続きが簡単でコストがかからない

個人事業主として始めるときは、開業届(正式名称:個人事業税の事業開始等申告書)を税務署に提出するだけで開始できます。なお、開業届は原則として開業から1カ月以内に届け出が必要ですが、罰則規定はありません。税務上の特典が受けられる「青色申告」を希望しない、および銀行口座を副業で使う屋号で開設する必要がなければ届け出をしなくても副業を開始できます。

 

一方、法人を設立して始める場合は、「商号の調査決定・事業目的・資本金など会社設立の準備」「定款の作成と認証」「登記のための書類の準備・作成」「登記手続き」「開業届のほか社会保険関連や経理処理関連の届け出」などが必要です。また、設立費用として株式会社の場合は最低でも約25万円かかります。このように法人設立には、時間と手間と費用がかかります。

 

■事務処理が簡単でコストを抑えられる

個人事業主の場合は、確定申告で青色申告か白色申告を選択できますが、青色申告を選択しなければ簿記の知識がなくても家計簿を付けるレベルの簡単な事務処理で副業ができます。

 

一方、法人を設立すると、会計処理は会社法に従って複式簿記による記帳と処理が必要で、確定申告も所得税の確定申告よりも複雑です。そのほかに社会保険や労働保険の事務手続きなども必要です。独力でこれらの処理は可能ですが、副業で忙しいと税理士に事務処理を依頼しなければならなくなったり、事務処理のスタッフを雇用しなければならなくなったりして経費が増加する可能性があります。ただし、白色申告よりも青色申告、青色申告よりも法人設立がより有利な節税ができるため、副業での利益が大きくなると個人事業主で副業をすることは逆にデメリットにもなります。

 

■利益が出るまでの税負担が軽い

個人事業主の場合、個人に課税される税金以外には、個人事業税、消費税のみです。個人事業税は年間の事業所得が290万円以下の場合は課税されません

 

一方、法人を設立する場合は、個人に課税される税金以外に法人に対して法人税法人住民税法人事業税地方法人特別税消費税固定資産税が課税されます。場合によっては利子や配当金に対して支払う所得税も法人に課税されます。また、法人を設立すると赤字であっても支払わなければならない法人住民税の均等割が最低でも7万円課税されます。個人事業主の場合は現時点では原則として5,000円です。

 

■社会保険の費用負担が軽い

社会保険には、健康(介護)保険厚生年金保険労災保険雇用保険があります。労災保険、雇用保険は1人でも雇用すれば加入しなければなりませんが、健康保険と厚生年金保険に関しては原則5名以下であれば加入は任意のため保険料の負担が軽くて済みます。

 

一方、法人を設立する場合は、原則として社会保険すべてへの加入が義務づけられ、従業員が多くなるほど会社の保険料負担分が重くなります。

 

■事業で得た資金を自由に使える

個人事業主の場合、事業で得た資金は自分で自由に使えます。

 

一方、法人を設立する場合は、会社と個人の資産は明確に区分され、社長であっても会社の資金を自由に個人的な支出に使えません。また、自分のために会社から資金を借りるときには契約書を作成し、会社に利息を支払わねばなりません。

 

■交際費を全額損金に参入できる

個人事業主の場合、副業に関連して支出した交際費は全額経費にできます。

一方、法人を設立する場合は、資本金1億円以下の場合、「年間800万円まで」または「飲食費の50%まで」のいずれかの範囲でしか経費にできません。

 

■税務調査の対象になりにくい

個人事業主の場合は、対象者が多いこと、事業規模が小さいこと、帳簿類が多くなく調査が困難なことなどから一般的に法人に比べると税務調査の対象になる確率は高くありません。

 

一方、法人を設立する場合は、個人事業主に比べると税務調査を受ける確率は高くなります。税務調査に入られると通常は追加の税金が発生することが多く金額的な負担が大きくなることのほか、税務署への対応など精神的な負担も発生します。

 

●個人事業主として働くことのメリットについては、こちらの記事も参考にしてみてください。

副業するなら個人事業主になったほうがいい?メリットと開業の流れ

 

個人事業主として行うデメリット(法人を設立して行うメリット)

■対外的な信用力・資金調達力が弱い

個人事業主の場合、法人に比べると信用力が劣るため、特に初めての販売先や仕入先から信頼を得るのは簡単ではありません。会社や官公庁などは個人事業主との取引を制限したり条件があったりして取引ができない可能性があります。また、金融機関からの借入も法人と比較すると困難で、事業拡大に法人よりも制限を受けます。

 

一方、法人を設立する場合は、上記のような困難さは個人事業主に比べると小さく事業拡大もスムーズにできます。

 

■節税の余地が小さい

個人業主の場合、収入・利益が多くなったとき節税の余地が小さいので、一定の収入・利益をこえると税金面で不利です。例えば個人事業主は、所得税で納税しますが、累進課税され最高税率は45%で課税されるので所得・利益が大きくなるほど納税額が多くなります。

 

一方、法人を設立する場合は、法人税の税率は資本金1億円以下で年間所得金額800万円以下は15%、それ以外は23.4%で固定です。そのほか生命保険料、自宅兼事務所費用、家族への退職金など法人が経費として認められる幅が広く、損失が出れば9年間(青色申告は3年間)繰り越しができるなど個人事業主よりも節税できます

 

■無限責任が生じ個人資産を守れない

「無限責任」とは、副業を失敗するなどで債権者に対して債務の全額を支払う責任のことです。個人事業主の場合、副業の負債は個人の財産で返済しなければなりません。

 

一方、法人を設立する場合は、個人保証による債務を除くと出資した金額までしか債務負担をする必要がない「有限責任」です。そのため再チャレンジできる可能性もあります。

 

■決算日が自由に設定できない

個人事業主の場合、事業年度は1月〜12月と決められており決算時期が副業の繁忙期と重なると副業に支障が出る可能性があります。

 

一方、法人を設立場合は、決算日を自由に決められるので1年間を通じて業務を平準化できます。

 

■優秀な人材の採用が難しい

個人事業主の場合、信用力が弱いことから成長力のある安定した職場とは思われにくく、人材を募集したいときに優秀な人材を集めることが困難です。

 

法人を設立する場合、個人事業主よりも信用力が高い判断されるので優秀な人材を募集しやすくなります。

 

■副業に対する覚悟が弱い

個人事業主の場合、副業を成功させたいという覚悟が弱くても、資金や準備が少なくても簡単に副業を開始できるため問題や困難に立ち向かう力が弱く、失敗する確率が法人設立よりは一般的に高くなります。

 

一方、法人を設立する場合、費用も手間もかかり、本格的に副業を事業として行うという強い覚悟が生まれます。成功させるという強い思いは副業を事業として成功させる大きな要因の1つです。

 

■事業承継で生じる相続税の節税やスムーズな承継が難しい

個人事業主の場合、事業主が死亡すると、その資産のすべてが相続税の対象で、資産が多いほど相続税が高額になります。また、個人事業主では、事業用の金融機関の口座が凍結され、事業に支障が出る可能性があります。

 

一方、法人を設立する場合、法人の資産に相続税は課税されないために相続税を節税して事業を引き継げます。また、法人の口座であれば凍結されません。

 

副業を個人事業主が法人設立で始めるかを決める5つの検討ポイント

副業を開始するとき、一般的には1人または少人数で規模も小さく始めて、そして徐々に大きく拡大していくため、最初は個人事業主で始めるのが合理的です。しかし、場合によってはいきなり法人を設立したほうがよい場合があります。

 

副業を個人事業主で、あるいは法人を設立していきなり始めるかを決めるときに参考になる5つの検討ポイントについて紹介します。なお、最初はとりあえず個人事業主で開始して、途中で個人事業主から会社を設立する手続き(法人成りといいます)をしても問題ありません。

 

ポイント① 資金の調達面

経営には「人」「モノ」「金」の経営資源が必要です。そのなかでも最も重要な「資金」は、その調達ができなければ副業を開始できません。副業の開始に一定の資金が必要で、その資金を個人で調達できなければ出資者を募ったり、金融機関などから借入をしたりする必要があります。この場合は、個人事業主よりも会社を設立したほうが資金調達は容易です。また、ベンチャーキャピタルなどから資金調達をしたいときは最初から法人であることが必要です。

 

ポイント② 副業のノウハウと人材の必要性

資金と同様に重要なのが「人材」です。副業を個人だけで開始できない、および知識やノウハウがない場合は、優秀な人材を集める必要があります。その場合、個人事業主では優秀な人材の募集が法人よりも困難です。

 

ポイント③ 信用の必要性

対外的な信用力は、資金調達や人材の募集に大きく関係します。そのほかにも、販売先や仕入先によっては個人事業主では取引ができない可能性や、副業の内容によっては許認可が必要になることがあります。その場合、会社を設立しないと許認可がおりず、副業を個人事業主では開始できません。取引先や副業の内容が個人事業主でも問題ないかを確認して決める必要があります。

 

ポイント④ 税務対策面

一定の収入・利益が多く出るようになると節税対策が重要となります。節税は個人事業主よりも法人が有利にできます。副業開始から法人を設立したほうが税金面で有利なほど収入・利益が得られる場合は、法人の設立が有利です。また、最初は赤字が出るけれども、その後短期間のうちに黒字になって大きな収入・利益が出ると予測されれば、法人設立すると赤字を繰り越せる期間が個人事業主より長くできるので節税できる可能性が高くなります。なお、青色申告の個人事業主と法人を、税金の金額だけで比較すると課税所得金額が500万円前後から法人のほうが納税額は少なくなります。

 

ポイント⑤ 副業に対する将来プラン

最初は副業だけど将来的には本格的な事業として拡大していきたいという強い意志がある場合は、会社を設立すると高いモチベーションを維持でき、成功する確率が高まります。ただし、リスクも大きくなるのでリスク対策を十分検討してから個人事業主で行うか、法人を設立するかを選択しなければなりません。

 

【参考記事】【税理士法人代表・加瀬氏に聞く】副業するなら法人立てた方が良いんですか?ーー確定申告、税金の知恵

 

法人を設立するとき株式会社か他の会社形態にするかを選択するポイント

法人を設立すると決めたとき、法人の形態には次の5種類があります。

  • 株式会社
  • 合同会社(LLC)
  • 社団法人
  • 財団法人
  • NPO法人

5種類ありますが、一般的には副業で法人設立するとき選択するのは株式会社か合同会社(LLC)です。そこで、株式会社と合同会社(LLC)のどちらを選択するとよいかを判断するために両者の違いや特徴を経営面・会社設立費用面・認知面からメリット・デメリットを比較の際の参考ポイントとして紹介します。

株式会社と合同会社(LLC)の比較ポイント

■経営面のメリット・デメリット

株式会社は、出資者と経営者が異なることを前提とした会社形態で、出資者(投資家)や社外の利害関係者が不利益にならないようにさまざまなルールが設けられています。例えば、株主総会を実施し決算承認や議事録の作成、取締役の設置が義務付けされています。株式発行によって、投資家から多額の資金を調達できます。経営者(取締役)は、株主総会を開いて株主が取締役を選任・解任をします。株式会社は義務として「決算公告」で、毎年貸借対照表や損益計算書などを公表しなければなりません。利益の配当は出資比率によって分配されます。

 

合同会社(LLC)は、出資者(投資家)が経営者となることを前提とした会社形態です。株式会社と異なって広く第三者から出資を集めるには適しておらず、経営者のみや家族などの狭い範囲の投資家による出資が前提です。一言でいうと株式会社は集めた資金を主体に経営するのに適した組織であるのに対し、合同会社(LLC)は、人が持つ技術やノウハウを主体に経営するのに適した会社形態で、株式会社ほど大きな資本を必要としません。また、会社の運営ルールは自由に決められ、議決権も出資比率に関係なく設定できるため経営について第三者から口出しされることを防止でき、株式の買い占めによって会社を乗っ取られる心配もありません。利益の配当も出資比率に関係なく配分できます。

 

■会社設立費用面の違い

株式会社は、会社設立の費用として最低で約25万円かかります。

合同会社は、最低で約6万円かかります。

 

■認知面のメリット・デメリット

株式会社は、大企業のほとんどが採用する法人形態で認知度は高く社会人あれば知らない人はいません。大企業が利用する法人形態というだけで一定の信用力があります。信用力が高いと資金調達、人材募集、事業拡大などあらゆる面でメリットがあります。

 

合同会社(LLC)は、株式会社に比較すると歴史も浅く知名度は圧倒的に劣ります。また、理解が浅いためか会社によっては合同会社(LLC)との取引を制限しています。さらに、合同会社での代表者は「代表取締役社長」とは名乗れず、「代表社員」としか名乗れないことも大きなデメリットです。

 

なお、アマゾン、アップル、ユニバーサルミュージック、P&Gマックスファクターなど有名外資系日本法人を中心に合同会社(LLC)のメリットに注目して株式会社から移行しており、今後は知名度も上がっていくと考えられます。

 

まとめ

 

副業を開始する際の個人事業主か法人設立の選択、そのメリット・デメリットおよび検討するときの検討ポイントについてと、法人設立の際の株式会社か合同会社(LLC)かのメリット・デメリットを紹介しました。

これから、サラリーマンにとって副業でキャリアアップする事が必要不可欠になっていく可能性が大きくなっていきます。何を副業で選ぶかが最も重要ですが、どのように副業をやっていくかも副業の成功には必要です。本記事を参考に副業を成功させてください。

≫≫ 「プロの副業」の無料登録はこちら ≪≪

 

「プロの副業」では、皆様のライフスタイルに合わせた副業やフリーランス向け案件を無料でご紹介しております。

あなたのプロフェッショナルなスキル・経験・人脈を活かし、ライフスタイルに合わせて「週1」や「月1」から業務可能。

フリーランスはもとより、副業でもできるお仕事など様々な案件を扱っております。

<こんな方におすすめです>
・副業をした方が良いとは言うけれど、何をしたら良いかわからない...
・自分のスキルを活かせる業務委託の仕事を副業ベースで見つけたい...
・本業のスキルを活かして、週1か月1くらいの隙間時間で副業の仕事を見つけたい...
・フリーランスで案件を安定させたい...


こんなことでお悩みの方は、是非プロ人材の副業紹介サービス「プロの副業」をご利用ください。

 無料相談はこちらから!

Related post

  1. フリーランスの仕事の探し方7選!収入をよりUPさせるための探し方も解説…

  2. 副業とは?副業に関する基本的な知識やその種類、よくある疑問について解説…

  3. インフルエンサーマーケティングの市場規模【日本・海外】と今後の予測

    インフルエンサーマーケティングの市場規模【日本・海外】と今後の予測

  4. マーケティング副業にまつわるコラム・インタビュー記事の一覧(まとめ)

    【マーケター向け】マーケティング副業にまつわるコラム・インタビュー記事…

  5. テレワーク:官民が連携して推進する働き方改革プロジェクト

  6. キャリアを積むイメージのビジネスマン

    副業でスキルアップ!お金だけじゃない新しい副業のあり方

BtoBマーケティング

最近の記事

  1. マーケティングオートメーション(MA)導入の成功事例と失敗事例【日本・海外】
  2. 【BtoBマーケティングの本】おすすめ書籍10冊を紹介!各ステップ毎に実務に活かせる書籍まとめ
  3. 大副業時代における採用ブランディングの考え方
  4. 【マーケティングプロ人材インタビュー】-副業ワーカーN氏(副業開始時期:2018年12月)
  5. 新規事業立ち上げの経験を活かした副業