フリーランス向けエージェントの 手数料とメリット10選! 利用がおすすめな6タイプも解説

このページを読むのに必要な時間は約 6 分です。

会社員と比べて、働き方も時間も自由になるフリーランスですが、その反面、仕事を自分の力で見つけて来なければならないという負担もあります。そんなフリーランスの方が仕事を見つけるために大きな力になってくれるのが、エージェントです。

一昔前はエージェントといえば、人材派遣会社や転職エージェントがほとんどでしたが、時代の変遷とともに、最近ではフリーランス向けのエージェントが数多く立ち上げられています。

フリーランスのエージェントとはどういうもので、どのように利用すればよいのでしょうか?この記事では、フリーランスの方がよりよい仕事を見つけるためにぜひ効率的に利用したいエージェントについて、その概要、手数料、得意分野、利用できる地域、利用するメリット、特に利用をお勧めしたい人などを含めて概要を解説します。

フリーランスのエージェントとは

フリーランス向けのエージェントとは、フリーランスとクライアントの間に立って、仕事の受発注を代行してくれるサービスです。クライアントからプロジェクトの概要や求める仕事のクオリティをヒアリングし、登録しているフリーランスの方のスキルや希望にあっている場合、それらを紹介してくれます。

エージェントが多い分野としては、エンジニアやデザイナーなどがメインですが、近年の働き方改革でフリーランスが増加したことにより、ディレクターやライター、データサイエンティストなどのその他の職種についてもエージェントが増えています。

フリーランスの世界では、エージェントはメジャーな存在です。フリーランスは、個人事業主として、本業のサービス以外にも、営業や経理などの雑用もこなさなければいけません。

スタートアップで受注件数が少ない時はともかく、ある程度本業の受注をはじめると、営業のために時間や労力を割いていると、依頼された案件をこなせません。

しかし、会社員と違い、仕事を定期的に受注しないと収入が発生しないフリーランスとしては、常に新しい仕事の受注を模索する必要があります。こういったときに、フリーランスに代わり営業活動をしてくれるエージェントに依頼することで、手間を抑えて安定的に仕事を受注することができます。

フリーランスエージェントの手数料

上述のように、フリーランスにとって非常に便利なエージェントですが、利用するデメリットとしては一定の手数料が発生してしまうことです。

エージェントを通す場合、フリーランスはクライアントとではなく、エージェントと契約します。エージェントはクライアントとフリーランス双方と契約をして、仲介をしますので、その分の手数料が発生してしまうというわけです。

それでは、気になるフリーランスエージェントの手数料の相場はどの程度でしょうか?

案件やフリーランスごとにエージェントが手数料を設定する場合、クライアントや案件の内容によって様々ですが、例えばエンジニアの場合だと、月額5万円~15万円程度の固定かエンジニアの報酬の10%程度の定率払いが一般的なようです。エージェントの会社ごとにも基準が違うので、数社のエージェントから見積もりを取ってみることがおすすめです。

エージェントはこの手数料込みの金額で、クライアントに提案を行います。例えば、フリーランスエンジニアの希望が60万円の場合、エージェントは手数料の10万円を上乗せしてクライアントに打診をすることになります。

フリーランスの方にとっては、エージェント選びは非常に重要です。特に仕事を始めたてで自信がない場合は、仕事が欲しいあまりにクライアントの言いなりになってしまい搾取されてしまう可能性があります。それを守ってくれ、交渉まで行ってくれるわけですから、ある意味「相棒」選びに似ているわけです。しっかり見積もりを取って比較し、サービスと質に見合ったエージェントを選ぶようにしましょう。

フリーランスエージェントの利用地域

フリーランスのメリットは、地域を選ばずに仕事をできることです。そのため、基本的にはエージェントは日本全国の案件を紹介することになっています。しかし、実際には、エージェントの営業担当者が訪問しやすい場所によって、利用地域が限られていることが多いです。

いまはビデオチャットなどもありますので、必ずしもクライアントと直接会う必要はないのですが、クライアントによっては、フェイストゥフェイスの打ち合わせを好む場合もあります。そのため、ご自身がお住まいのエリアに強いエージェントにも1つは登録しておいた方が良いでしょう。

仕事のボリュームとしては、やはり首都圏の仕事が大半で地方は少ないようです。比較的大都市の関西でも、案件数としては首都圏の3割程度のようです。希望の場所に住んだとしても、月に数回は首都圏に出られるような準備をしておいた方が無難でしょう。

得意不得意はあるの?

エージェントによって、明確に得意不得意はあります。そのエージェントを立ちあげた創立者やバックグラウンド、付き合っているクライアントによって、例えばSEやプログラマー、デザイナーなど特定の職種や、IT、メーカーなど特定の業界に、それぞれ強みと弱みを有します。せっかくエージェントに登録してもあまり紹介を受けられなければ意味がないので、事前にホームページなどで、ご自身の専門分野にどの程度取り扱い実績があるか調べておきましょう。複数のエリアが得意な場合、複数登録しておいた方が良いでしょう。

専門分野がはっきりしている場合、その分野を専門で扱っているエージェントに1つは登録しておきましょう。総合型のエージェントは、持っている案件数は多いものの、専門性についてはやや欠けるので、フリーランスのスキルや希望の専門的なところまでが理解できず、募集案件情報と結びつける能力が低いことがあります。その結果、紹介数は多いのに、なかなか希望の案件を受注できない可能性があります。

フリーランスがエージェントを利用する10のメリット

何となく抽象的に「エージェントって便利」と思われたと思います。ただ、詳細に知って利用するのと知らずに利用するのでは、同じエージェントを利用した時の生産性や利便性も異なります。

よって、ここからは具体的なエージェント利用のメリットを紹介していきます。

①仕事の安定性が高まる

個人では限界がある仕事の受注も、組織としてのコネやツテがあるエージェントに登録することで、安定的な取得が期待できます。

②エージェントからのフォローがある

特に始めたばかりの場合、フリーランスとしての活動に必要な情報をもらえたり、フォローをもらえたりするエージェントは助かる存在です。例えば、スキルアップのためのセミナー情報を教えてもらったり、PR術の指導を受けたりすることもできます。

③営業に時間を取られない

仕事の受注やクライアントとの仲介を頼めるので、営業活動をしなくて良い分、本業に時間を使うことができます。それにより、数多くの案件をこなすことができます。

④福利厚生が受けられる

エージェントによっては、会社員と同様、充実した福利厚生を受けることができることがあります。健康診断の優遇など、会社員と違って健康診断がないフリーランスにも安心なメリットがあります。

⑤クライアントとのトラブルを仲介してくれる

中には気難しいクライアントやコミュニケーションが難しいクライアントもいます。お客様なので直接はクレームしづらくても、エージェントを通すことでソフトに要望を伝えてもらうことができます。

⑥情報が手に入る

個人として活動しているので、業界情報などを入手しづらいフリーランスも、エージェントに登録することで、案件のトレンド、相場、関連情報などを入手しやすくなります。

⑦契約手続きが楽

面倒なクライアントとの契約手続きを代行してもらえます。また、個人事業主と契約をしたがらないクライアントととも、エージェントを通せば契約が結べるので、取引の裾野が広がります。

⑧精神的に心強い

個人事業主は組織に属さないため自由ではありますが、孤独な面もあります。エージェントに登録し担当者がつくことで、事業についても相談ができ、精神的にも心強いものがあります。

⑨税金のアドバイスが受けられる

会社員からフリーランスになると、厚生年金から国民年金、源泉徴収から確定申告と、会社がやってくれていた手続きを自分でやらなくてはいけなくなります。特に最初の頃などわからずに戸惑うことも多いでしょう。エージェントに登録していれば、これらの情報もインプットしてもらえます。

⑩クライアントからの買い叩きを防止できる

クライアントとフリーランスとが直接交渉すると、企業と個人という情報力や組織力、資金力の違いから足元を見られ、不当に安い値段で仕事を発注されてしまう恐れもあります。ある程度の規模があるエージェントを通すことで、こういった買い叩きを防ぎ、相場に見合った対価での受注が可能になります。

1番怖いのは「買い叩かれているということを知らずにフリーランスを続けること」です。

エージェントの利用がおすすめなフリーランス

上述のように、フリーランスの方がエージェントを使うメリットはたくさんあります。

直接契約がメインという方でもエージェントとの併用をすると選択肢が広がることもあり、基本的に全てのフリーランサーにエージェントと契約することはおすすめといえます。

特に以下のような特徴に当てはまる方は、エージェントを使うことのメリットをすぐに感じることができるでしょう。

交渉が苦手な方

日本人は奥ゆかしい国民性からか、なかなか交渉が苦手という方も少なくありません。エンジニア職など専門職の方は、寡黙で口下手な方も少なくなく、せっかく高いスキルを持っているのに単価交渉を上手にできず、安い価格で引き受けている方もいます。こういった方は、取引条件交渉はエージェントにお任せするという方法もあります。

機会損失を避けたいマーケター職種の方

現在のマーケティング環境は情報が瞬時に伝播・拡散するため、生き馬の目を抜くようなマーケティングが行われている業界・職種もあります。こういったマーケターは、クライアントと交渉しているうちに市場が動いて、機会損失を被ることも珍しくはないでしょう。

プログラミングに集中したいエンジニア

フリーランスが活躍する分野の仕事は、黙々と作業に集中することによりパフォーマンスをあげやすいものも多くあります。例えば、プログラミングを行うエンジニアや、翻訳を行う翻訳者などはこういった例の一つです。これらの仕事に従事されるかたは、営業活動など本業以外はエージェントに任せることがオススメです。

シニアの方

年を重ねたことをきっかけに、残りの人生はマイペースで送りたいと考えてフリーランスに転向されるシニアの方もいらっしゃるでしょう。フリーランスの世界でもまだやはり、若い方の方が仕事が取りやすいことが現実です。オファーが減る50代以降の方は、エージェントにクライアントを開拓してもらうことも、検討してみましょう。

フリーランスを始めて間もない方

フリーランスをうまく軌道に乗せている方は、固定クライアントをつくり、リピート発注を受けている方がほとんどです。固定クライアントを作るのには、まずは仕事を受けそれを着実にこなして信頼を積み上げる必要がありますが、スタートアップのときは新規顧客を取って来なければ話になりません。こうしたコネやツテがない駆け出し時代こそ、エージェントを活用したいものです。

●フリーランス1年目の方は、是非こちらも参考にしてください!

フリーランス1年目に訪れる7つの山場と2年目を迎えるためにすべきこと

人脈を作りたい方

同じフリーランスでも、他人に惑わされずマイペースでやりたいがためにフリーランスになる方もいれば、個人事業主として事業をたちあげ、人脈を拡大してより大きな会社にしていきたいという方もいるでしょう。人脈を作りたいと考えているフリーランスの方には、1人でやるよりもエージェントを利用することをお勧めします。エージェントに登録すると、セミナーや勉強会など、同業者が集まるイベントへの参加機会が増えます

まずは気軽に相談

フリーランスのエージェントに興味を持たれた方は、まずは気軽にエージェントに相談に行かれることをお勧めします。事前相談や話を聞くだけであれば、ほとんどのエージェントは無料で対応してくれますし、フリーランスとエージェントもやはり人間同士ですので、相性もあります。

また、会社によって得意エリアや地域、マージンなどの経済条件も違うので、色々なエージェントと話してみて、依頼をするべきかどうか、また依頼をするにしてもどのエージェントが良いかということをゆっくり検討してみるのがよいでしょう。

私たち「プロの副業」もこのようなエージェントの1つですので、いつでもお気軽にご相談ください

フリーランスは請け負える案件次第で全く異なりますので、まずは動いてみることが大切です。

(参考)【フリーランスの案件紹介】フリーランスは案件次第でこうも変わる

まとめ

いかがでしたでしょうか。フリーランスにとって、エージェントは、クライアントとの交渉や受発注を代行してくれ、本業に費やす時間を増やしてくれる心強い味方です。様々なエージェントがありますので、ぜひご自身にぴったりのエージェントを見つけるために、一度相談に行ってみてくださいね。

「プロの副業」の無料登録はこちら

エージェント以外の探し方も検討してみたい方は、こちらを参考にしてください!
フリーランスの仕事の探し方7選!収入をよりUPさせるための探し方も解説

 

この記事を監修した人

荻久保健一
荻久保健一
執行役員マーケティング本部長:株式会社ホールハート
これからの新しい働き方「副業社員」や「インターン副業」をマーケティングの力で広げるために日々奮闘する美容好きおじさん。
自身も副業でマーケティングアドバイザーやwebメディアを複数運営。
プロの副業公式Twitter「プロフクロウのつぶやき」中の人

「プロの副業」では、皆様のライフスタイルに合わせた副業人材向け案件やフリーランス向け案件を無料でご紹介しております。

あなたのプロフェッショナルなスキル・経験を活かし「週1」や「月1」から業務可能。

例えば「週1定例打ち合わせ+リモートのみ」で対応可能な案件など、様々な働き方でご紹介可能です。

<こんな方におすすめです>
・知人経由の副業はなあなあになるので避けたい
・副業社員として働き、実務で自分のスキルに磨きをかけたい
・自分のスキルを活かせる業務委託の仕事を副業ベースで見つけたい
・リモートワーク中心に、週1か月1くらいの隙間時間で副業の仕事を見つけたい
・フリーランスで案件を安定させたい


こんなことでお悩みの方は、是非プロ人材の副業紹介サービス「プロの副業」をご利用ください。

 サービスの無料登録はこちら

Related post

  1. コミュニケーションデザイナーになりたい!副業やアルバイトの求人はあるの…

  2. マーケティング副業にまつわるコラム・インタビュー記事の一覧(まとめ)

    【マーケター向け】マーケティング副業にまつわるコラム・インタビュー記事…

  3. 役員や経営者経験を活かした顧問という働き方

    役員や経営者経験を活かした顧問という働き方

  4. BtoBマーケティングの副業紹介!BtoBマーケティングの業に求められるスキルやメリットは?

    BtoBマーケティングの副業紹介!求められるスキルやメリットは?

  5. 副業する前に確認しておきたい「マイナンバー制度」の基本

  6. インフルエンサーマーケティングとは?担当者目線で全て解説

    インフルエンサーマーケティングとは?担当者目線で全て解説

カテゴリー

最近の記事

  1. 【デザイナープロ人材インタビュー】 副業社員Kさん(副業開始時期:2014年10月)
  2. 「ブランディング戦略」の領域での職務経験を活かした副業について
  3. テレワークを実践して実感!テレワークが副業に有効な3つの理由
  4. 仕事がないときこそ成長のチャンス?フリーランスとしての壁を打ち破れ
  5. Webディレクターのフリーランスの稼ぎ方--求められるスキルや案件例

副業求人一覧

  1. 新規事業、パソコンをする男性
  2. EC戦略、画面に通販とかかれたパソコン
  3. マーケティング
  4. デザイン、クリエイティブ
  5. inprove_productivity
  6. 人事戦略、パズル
  7. inprove_productivity
  8. システムエンジニア、歯車
  9. EC戦略、画面に通販とかかれたパソコン