SNS別インフルエンサーマーケティングの特徴や得意分野・効果の違い

SNS別インフルエンサーマーケティングの特徴や得意分野・効果の違い

このページを読むのに必要な時間は約 6 分です。

現在、多くのSNSで数々のインフルエンサーが活躍しています。YouTuberやインスタグラマー、ツイッタラーといった名称でも呼ばれており、活動内容も人それぞれです。

そしてインフルエンサーマーケティングを実施し、商品やサービスの宣伝がしたいと思う企業も増えてきています。

しかしたくさんのインフルエンサーがいるからこそ、誰を起用しどのSNSでPRすればいいのか迷う人も多いでしょう。そこで今回は、SNS毎の特徴として代表的なインフルエンサーや訴求方法、相性の良い商品などを紹介していきます。

これからインフルエンサーマーケティングを始めよう思っている方は、失敗しないための参考にしてください。

 

SNS毎にインフルエンサーマーケティングは変わる

現在のSNSは、InstagramTwitterTikTokYouTubeなど多種多様です。そしてインフルエンサーマーケティングにおいて、これらのSNS毎にユーザー層や訴求方法、活躍するインフルエンサーは違います。

例えば、YouTubeは動画投稿サイトなので、「実況」「やってみた系」などの観て聴いて楽しめるものが受けやすいです。商品については生の反応や感想が伝わりやすく、「レビュー系」の動画も良いでしょう。

また年齢や性別などでも、SNSによって差があります。総務省のSNSに関する資料では、若い世代はTwitterやInstagramの利用率が高く、人気のあることがわかります。(LINEは除く)

参考:総務省「主なソーシャルメディア系サービス/アプリ等の利用率」

 

一方30代以降では、Facebookの利用率が高く、さらにInstagramでは、男性と女性で10%ほどの差があります。

このようにSNS毎で利用するユーザー層に差があるため、PRする商品や訴求方法、起用するインフルエンサーなどが変わってくるのです。

 

失敗しないためにもSNSの特徴を知る

SNSの特徴を理解していないと、インフルエンサーマーケティングはうまく運用できません。

例えば、某コーヒーメーカーがTwitterでキャンペーンを実施した際に、ユーザーとの対話を一切無視したばかりに炎上するという事例がありました。

これは、企業がソーシャルメディアとマスメディアを混同していたことが原因です。SNSでは、ユーザーとのコミュニケーションも重要なことの1つ。好感を持ってもらうことで、KPIであるエンゲージメントを高めることに繋がります。

インフルエンサーマーケティングは、マスメディア向けの広告よりも費用を抑えらますが、事業自体が失敗してしまえば元も子もありません。適切な運用をするために、まずはSNS毎の特徴を掴んでおきましょう。

 

インフルエンサーマーケティング×Instagramの特徴

Instagramは画像をメインとして投稿するSNSのため、写真の見栄えや綺麗さなどが特に重要です。画像の加工はもちろんのこと、いかにユーザーの目を惹きつけるかを検討する必要があります。

そしてInstagramでは、ハッシュタグ(#)から他人の投稿を探す傾向があります。基本的に文章を記載するよりも、画像の特徴を捉えたハッシュタグを付けて投稿することで拡散性を高められるのです。

この特徴から、活躍するインフルエンサーは写真でユーザーを惹きつけられる、可愛い・格好良いといった外見的な魅力の高い人物が多いです。独特の世界観を写真で表現できる、アーティスト思考の人にも向いています。

そのため一般人のインフルエンサーも多く、雑誌で活躍する読者モデルのSNS版といっても過言ではありません。また女性のユーザー層が多いことから、化粧品やファッション、グルメなどの商品を訴求しやすい点も覚えておきましょう。

・代表的なインフルエンサー:モデルやタレントとしても活躍するクレイトン愛さん(フォロワー数66万4,000人)、ファッション系の大坪はるらさん(フォロワー数59万7,000人)、旅行系インスタグラマーのHalno Jujiraokaさん(フォロワー数26万9,000人)など
・主な訴求方法:インフルエンサーが商品を写真やハッシュタグを使って発信
・効果測定方法:エンゲージメントやリーチ率などのユーザーの深い反応
・相性が良い商品・サービス:化粧品やファッションなどの女性向けやトレンド商品・相性が悪い商品
・サービス:ゲーム実況などの長編動画、保険や投資信託などの商品を写真で表現しにくいサービス
・費用感:1フォロワーあたり1〜4円ほど、事務所に所属している人物の起用は高くなる傾向

事例1:Dior(ディオール)の新商品である香水をPR

事例2:バリラジャパンのラザニエを使った料理で商品紹介

 

インフルエンサーマーケティング×Twitterの特徴

Twitterはいいねやリツイートなどで、フォロワーやその先の繋がりまで情報が広がるとても拡散性の強いSNSです。文章がメインとなるので、文字だけでも伝わりやすい有益な情報やニュース系のものを宣伝するのに効果的です。

匿名性が高く本音で発言しやすいため、思想や考え方などの抽象的なことでユーザーの心を掴むこともできます。インフルエンサーの発言や言動自体に大きな注目が集まるSNSと言えるでしょう。

 

Twitterのタイムラインは時系列順で並びます。フォローしている数が多い人ほど情報が流れやすく、一度の投稿ではあまり効果を得られないことも。そのため高い頻度とある程度の質を保つことが重要です。

また文字だけでなく、画像や動画で商品やサービスについてわかりやすく伝えることも可能です。販売促進やサービスへの登録というよりは、より多くの人に拡散される高い宣伝効果がTwitterでは期待できます。

そして匿名性と拡散性が高いので、炎上といったトラブルが起こりやすいことにも注意を払いましょう。

・代表的なインフルエンサー:起業家の堀江貴文さん(フォロワー数約320万)、作家のはあちゅうさん(フォロワー数約22万人)、ブロガーのイケダハヤトさん(フォロワー数約19万人)
・主な訴求方法:商品やサービスの有益さをわかりやすくまとめて発信
・効果測定方法:いいねやリツイート数、インプレッション
・相性が良い商品・サービス:情報商材やWEBサイトのサービス、利便性の高いガジェット製品など
・相性が悪い商品・サービス:口臭対策グッズや抜け毛予防などのプライベートの事情がバレる商品
・費用感:1フォロワーあたり1〜4円ほど

事例1:LINE MUSICの宣伝

事例2:スマートフォンのカメラアプリSNOWのPR

 

インフルエンサーマーケティング×TikTokの特徴

Tiktokは、10代を中心とした若者に大人気のショートムービーを投稿できるSNSです。面白い映像などを簡単に作れるクリエイティブな面が、数多くの人に刺さったサービスではないでしょうか。

動画自体は15秒程度で、フィルターや特殊効果を使い様々な加工や編集ができます。そのため伝えたい商品やサービスを簡潔かつわかりやすく宣伝可能です。

最近では、若者人気に乗っかる形で中高年の人にも利用されるほど知名度が高まっています。今回ご紹介しているSNSの中でも一番新しいサービスなので、今後さらに伸びる可能性があるSNSと言えるでしょう。

またICT総研が発表した調査では、Tiktokは7.1%とまだまだ利用率は少ないです。しかし利用時間に関するデータでは、約7割の人の時間が増加している傾向で、他のSNSに比べて勢いがあることがわかります。

参考:ICT総研「2018年度 SNS利用動向に関する調査」

 

Tiktokでは大々的なイベントの際に、テーマに沿ったダンスを踊る動画をユーザーから募集する形で話題性を広げる方法があります。そしてクオリティの高い投稿にはQUOカードといったプレゼントで、ユーザーを巻き込みさらなる宣伝効果が期待できるのです。

これらの宣伝方法は、Twitterなどと連動しTiktokにユーザーを誘導することでさらに効果を高められます。

・代表的なインフルエンサー:渡辺リサさん(フォロワー数79万9,600人)、Erikaさん(フォロワー数52万1,200人)、ゑむ氏。さん(フォロワー数26万9,800人)
・主な訴求方法:Twitterなどと連動した大々的なイベント、#チャレンジで特定のテーマで作るユーザー参加型の公式タイアップ
・効果測定方法:いいねやコメント、再生数。連動しているSNSでのハッシュタグなど
・相性が良い商品・サービス:飲食や美容関連の商品、大型イベントのタイアップ
・相性が悪い商品・サービス:WEB制作などBtoB向けの商品
・費用感:1フォロワーあたり1〜4円、Tiktok内での広告発注は600万〜770万円

事例1:コカ・コーラ社の「#リボンでありがとうチャレンジ」キャンペーン

事例2:サントリーの新製品「南アルプス PEAKER」のプロモーション

 

インフルエンサーマーケティング×YouTubeの特徴

YouTubeは、幅広い年齢のユーザー層が視聴する世界最大の動画投稿サイトです。企業とのタイアップ動画なども、数多く投稿されています。長時間の再生ができるため、商品やサービスの魅力を余すところなく伝えられるのが強みです。

マーケティングの自由度も高く、商品のレビューや実際にサービスを利用する様子を伝えれば、ユーザーの購買意欲を刺激し新規顧客の獲得が期待できます。

また、ゲームや料理実況などのテーマに特化した投稿をするインフルエンサーの起用で、特定ジャンルのユーザーへ狙い撃ちすることも可能です。

YouTubeは日本のネット人口の約8割が視聴しており、月間ログイン視聴者数は6200万にものぼります。世界においても月間19億人と、とてつもなく巨大なプラットフォームです。

参考:日本経済新聞「ユーチューブ、日本で10年 ネット人口の8割が視聴」

YouTuber(ユーチューバー)という職業が日本で認知されるようになってからより一層人口が増えているため、インフルエンサーマーケティングの需要も高まっています。

そしてYouTubeは広告収入で稼ぐことができるため、人気を高めたいユーザーが多くインフルエンサーが生まれやすいプラットフォームと言えるでしょう。

・代表的なインフルエンサー:ヒカキン(登録者数721万人)、はじめしゃちょー(登録者数772万人)、Fischer’s-フィッシャーズ(登録者数547万人)
・主な訴求方法:タイアップ動画による宣伝で知名度アップや販売促進
・効果測定方法:動画の再生数や再生時間、コメントや高評価などのエンゲージメント
・相性が良い商品・サービス:飲食やコスメ、おもちゃなどの子ども向け商品、ゲーム
・相性が悪い商品・サービス:有料アプリや出会い系アプリ、高齢者向けの商品
・費用感:チャンネル登録者数10万〜100万人程度で、動画1件あたり約30万〜300万円

事例1:タカラトミーの子ども向け商品「うまれて!ウーモ」のタイアップ動画

事例2:フローフシのコスメ商品「エリアファンディ」のタイアップ動画

 

商品・SNS・キャスト・代理店でインフルエンサーマーケティングの戦略立案を

インフルエンサーマーケティングを行うには、

  • PRする商品選び
  • 訴求しやすいSNS選び
  • 商品イメージに合ったキャスト
  • 的確なキャスティングやプランニングを行う代理店

の4つの軸が重要です。

この中の要素が1つでも欠けてしまうと、商品やサービスのPRはうまくいきません。

例えば、商品とインフルエンサーのイメージに差があるとユーザーは違和感を持ちます。「いつもはこんな商品を紹介しないのに」というヤラセ感が強くなるのです。

しかもイメージに差があるということは、インフルエンサーのファンが求めるものとはズレているということ。宣伝効果は多少ありますが、販売促進には繋がりにくいでしょう。

 

利用するSNSも同様です。ターゲットにするユーザー層が多ければ、それだけで他のSNSで拡散するよりも効果が高くなります。

そして、これらのキャスティングやプランニングを成功させるには、代理店選びも慎重に行いましょう。ジャンルや年齢といったユーザー層を絞っている場合は、その内容に特化した代理店などもあります。

これらの4軸を妥協することなく行えれば、費用対効果の高いインフルエンサーマーケティングが実現できるでしょう。

 

インフルエンサーマーケティングのSNS別特徴まとめ

インフルエンサーマーケティングのSNS選びは、自社に有利な戦場を見極めるための大切な要素です。

それぞれのユーザー層や的確なマーケティング戦略の特徴を理解することで、高い宣伝効果が見込め販売促進に繋がります。

そして現在、SNSの利用率は高まる一方です。ただ昔からあるmixiなどのSNSが衰退していることから、ユーザーの移り変わりは激しい世界と言えます。

だからSNSによっては、今後の情勢次第でインフルエンサーマーケティングの価値も変動する可能性があるのです。企業の利益に結びつけるためにも、SNSの動向は常に把握しておきましょう

 

マーケティング職で3年以上の経験を持つあなたへ

マーケティングに関するコラム・インタビューの一覧(まとめ)はこちら

 

 

【そのほかのインフルエンサーマーケティング記事はこちら↓】

インフルエンサーマーケティングとは?担当者目線で全て解説

インフルエンサーマーケティングの効果と正しい効果測定の方法

インフルエンサーマーケティングの最新事例集【日本・海外】2019年3月最新版

インフルエンサーマーケティングの市場規模【日本・海外】と今後の予測

インフルエンサーマーケティングの費用相場と費用を決める要因まとめ

インフルエンサーマーケティング企業23選の特徴と実績・利用した企業まとめ

 

「プロの副業」では、皆様のライフスタイルに合わせた副業やフリーランス向け案件を無料でご紹介しております。

あなたのプロフェッショナルなスキル・経験・人脈を活かし、ライフスタイルに合わせて「週1」や「月1」から業務可能。

フリーランスはもとより、副業でもできるお仕事など様々な案件を扱っております。

<こんな方におすすめです>
・副業をした方が良いとは言うけれど、何をしたら良いかわからない...
・自分のスキルを活かせる業務委託の仕事を副業ベースで見つけたい...
・本業のスキルを活かして、週1か月1くらいの隙間時間で副業の仕事を見つけたい...
・フリーランスで案件を安定させたい...


こんなことでお悩みの方は、是非プロ人材の副業紹介サービス「プロの副業」をご利用ください。

 無料相談はこちらから!

Related post

  1. 人事スキルフリーランスメインバナー

    人事のスキルを活かしてフリーランスとして活躍しよう!

  2. マーケティング副業にまつわるコラム・インタビュー記事の一覧(まとめ)

    【マーケター向け】マーケティング副業にまつわるコラム・インタビュー記事…

  3. 副業を個人事業主または法人設立(株式会社)で行うときのメリット・デメリ…

  4. コーポレート領域(とりわけ「管理系機能領域」)での仕事の経験を活かした副業

    コーポレート領域(とりわけ「管理系機能領域」)での仕事の経験を活かした…

  5. フリーランス1年目に訪れる7つの山場と2年目を迎えるためにすべきこと

  6. BtoBマーケティングの副業紹介!BtoBマーケティングの業に求められるスキルやメリットは?

    BtoBマーケティングの副業紹介!求められるスキルやメリットは?

BtoBマーケティング

最近の記事

  1. 【BtoBマーケティングの本】おすすめ書籍10冊を紹介!各ステップ毎に実務に活かせる書籍まとめ
  2. 大副業時代における採用ブランディングの考え方
  3. 【マーケティングプロ人材インタビュー】-副業ワーカーN氏(副業開始時期:2018年12月)
  4. 新規事業立ち上げの経験を活かした副業
  5. インフルエンサーマーケティングの効果と正しい効果測定の方法