【BtoBマーケティングの本】おすすめ書籍10冊を紹介!各ステップ毎に実務に活かせる書籍まとめ

【BtoBマーケティングの本】おすすめ書籍10冊を紹介!各ステップ毎に実務に活かせる書籍まとめ

この記事を読むのに必要な時間は約 15 分です。

日ごろBtoB(対法人)取引にかかわり、マーケティングを学びなおしてみたいと考えている経営者や事業部担当者、BtoB分野で起業し効果的なマーケティングを知って事業規模を拡大したいと思っているマーケターは多いのではないでしょうか。

BtoBマーケティングを学ぶ一つの手法として、書籍があります。そこでこの記事では、BtoBマーケティングを学びたいと思っている方のために、それぞれの学びの段階や目的にあわせて、おすすめの書籍を紹介します。

このコンテンツを動画で見るならこちら↓

<BtoBマーケティング記事一覧>

  1. BtoBマーケティングの市場規模・推移と今後のトレンドまとめ
  2. BtoBマーケティングの支援企業5選とアウトソーシングする際の選び方
  3. 【BtoBマーケティングの事例】日本と海外の成功・失敗事例と理由15選
  4. 【BtoBマーケティングの本】おすすめ書籍10冊を紹介!各ステップ毎に実務に活かせる書籍まとめ(いま読んでいる記事)
  5. BtoBマーケティングの副業紹介!BtoBマーケティングの副業に求められるスキルやメリットは?
  6. BtoBマーケティングの世界で求められる人材像の変化について

目次

BtoBマーケティングを本で学ぶ意義

新しく物事を勉強する際には様々な方法があります。詳しい人に聞く、ネットや本で調べる、試行錯誤してやってみるというように、人によってアプローチは様々であることと思います。

BtoBマーケティングを実施するためには、実際の成功例や失敗例、先人のアドバイスを踏まえることが必須です。なぜならば、法人取引となるため、取引金額や規模が大きく、トライアンドエラーを繰り返して自分なりの方法をみつけるというやり方だとリスクが大きいからです。過去の事例や先人の知恵を知る方法としては、良書に数多くあたる手法が近道となります。

書籍は、経験者やマーケティング学をおさめた学者が推敲を重ねて、自らが知りえた情報やノウハウを編纂したものです。過去のBtoBマーケティングで何をすれば成功し、どのようなことに気をつければ良かったのか、ある程度まとまった知識を示してくれます。専門書の中には、数千円から数万円するものもありますが、それだけに内容は濃いものがあります。

BtoBマーケティングの本の選び方

それでは、BtoBマーケティングを学ぶための書籍選びはどのようにすればよいでしょうか。レベルや担当している業界にもよりますが、基本的な考え方としては、マーケティングの本質が書かれており、実務に転用可能な本を選ぶべきといえるでしょう。

BtoBマーケティングで成功するためには、合理的な情報収集力、分析力、提案力が必要です。BtoBマーケティングでは、消費者の興味の移り変わりや時代の気分を把握したうえで、それらのニーズにこたえる必要がある顧客企業がどのようにビジネスをしていけばよいのかソリューションを提供することが重要です。

そのため、顧客企業に先駆けて情報を収集しそれを分析する力が必要です。また、BtoCの取引では購入意思決定者は通常1人か2人ですが、BtoBでは組織的に大勢の人やプロセスが意思決定に絡むため、それらの人を説得する提案力、コミュニケーション力も必要です。

それでは、上記を踏まえて、具体的にはどういったタイトルの本を選べばよいのかをご紹介していきます。

【BtoBマーケティングの本】全体像を理解するためにおすすめの2冊

まずは、はじめてBtoBマーケティングを学ぶという方におすすめの2冊をご紹介します。

事例でわかる!実践BtoBマーケティング お客様に頼られる存在になるための戦略実行/佐藤義典(著)

本書は、BtoBマーケティングを俯瞰して学びたい方に最適です。顧客や商品の選び方戦略、差別化戦略、経営戦略まで一歩踏み込んで解説します。実際にマーケティングコンサルタントとして活躍されている佐藤義典氏が、豊富な具体例を織り込みつつ、BtoBマーケティングとは何かということを基礎から解説しています。

Amazonはこちら

おすすめ理由

  • 具体例が多いため、机上の空論でおわらず実践に落とし込みやすい
  • マーケティングコンサルティング会社ストラテジー&タクティクスの代表取締役社長が著者であり、実務からの説得力がある
  • 顧客に売れるようになるための5つの秘密を具体的に教えている

BtoBマーケティングにかかわる部署で働く全ての方が、実務上かかえる課題に対する解答を模索するために、一度目を通していただきたい本です。

ノヤン先生のマーケティング学/ノヤン先生(著)、庭山一郎(著)

マーケティングを理論から学びたいという方におすすめの1冊です。STP、SWOT分析、ホールプロダクト戦略といったマーケティングをするにあたって必須の理論を、骨太にわかりやすく解説しています。

BtoBマーケティングに必要な分析・提案を行うために身に付けておきたいマーケティング理論やフレームワークなどの考え方がわかりやすく説明されています。また、実際に展示会などでおこったエピソードなども紹介されているので、飽きずに最後まで目を通すことができます。

Amazonはこちら

おすすめの理由

  • 大人気のウェブ連載を書籍化しただけあって、文章が面白い
  • アカデミックな内容をわかりやすく解説
  • マーケティング業務に携わるのにあたり知っておきたい理論を幅広く解説

マーケティングの本質を、学問的な観点からもしっかり学びたいという方におすすめです。

【BtoBマーケティングの本】マーケティング戦略の立案におすすめの2冊

ここからは、ビジネスの成功にかかせないPDCAのうち、Pの部分、すなわち計画立案についての参考書籍を2つご紹介します。

BtoBのためのマーケティングオートメーション 正しい選び方・使い方 日本企業のマーケティングと営業を考える/庭山一郎 (著)

最近のマーケティング業界においては、将来自社製品を買ってくれそうな見込み顧客を確保し、その中でも可能性が高い優良見込み顧客を上手にセールスチームにパスし、クロージングにつなげるというデマンドジェネレーションやリードジェネレーションというアプローチが注目されています。本書では、欧米では既に盛んに活用されているこれらのアプローチにフォーカスしたBtoBマーケティングの新しい戦略立案と実行法について解説をしています。

Amazonはこちら

おすすめ理由

  • BtoBマーケティングの第一人者である庭山一郎氏の著作
  • グローバル化がすすむ現代において習得必須のマーケティングオートメーションについて学べる
  • ツールベンダーやトップセールスマンへの取材も盛り込まれている

マーケティング戦略を見直そうとされている方におすすめです。取引のグローバル化がすすみ、世界中に存在する競合他社にうちかつために、マーケティング業界では従来の地道な足で稼ぐ営業方法から、より効率よくマーケティングをしようという流れになりつつあります。こうした時流をみて、自社のマーケティング戦略を見直そうと考えている方に、わかりやすくマーケティングオートメーション(MA)とは何かを説明する一冊です。

BtoBマーケティングの基本 IT化のインパクトを理解する12の視点(日経BP Next ICT選書)/ITpro マーケティング (著)

最近日本企業にも周知されるようになってきたマーケティング手法であるアカウント・ベースド・マーケティング(Account-Based Marketing)を含む、近年のマーケティング手法の動向を解説する本です。アカウント・ベースド・マーケティングは、顧客やクライアントなど自社の見込み顧客をよく把握して、自社内の関連部門が連携してベストタイミングで受注につなげるという手法です。

Amazonはこちら

【BtoBマーケティングの本】実務に役立つ運用法・ツールに関するおすすめの2冊

マーケティングオートメーションに落とせるカスタマージャーニーの書き方/小川 共和  (著)

マーケティングオートメーション(MA)の「マルケト」を提供しているマルケト社の顧問である小川氏の著作です。MAを使って具体的にどのように運用をしていくかを解説した本です。

Amazonはこちら

おすすめ理由

  • ツールを使って実際に何をすればよいかが具体的に書かれている
  • 作成事例に基づく記載がわかりやすい
  • イラストや図で示されており頭に入りやすい

マーケティングオートメーションを導入したものの思ったほどうまく使いこなせていない、成果がでていないと悩んでいらっしゃる方におすすめです。

マーケティングオートメーション導入の教科書 優良顧客を自動で育てる仕組みづくり/長谷川健人(株式会社デルフィス) (著)、住岡洋光(NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社) (著)

マーケティングオートメーションをはじめて導入しようとしている初心者に向けて、マーケティングオートメーションとはなにか、ということからわかりやすく解説しています。

Amazonはこちら

おすすめ理由

  • ツールにふりまわされないようMAとは何かということから解説している
  • 自社の業界にしぼって読めるようにBtoBとBtoCにわけて記載されている
  • 導入検討段階の初心者にもわかりやすい

これからマーケティングオートメーションを自社のビジネスに本格的に導入したいと考えている方におすすめです。

【BtoBマーケティングの本】WEBマーケティングのおすすめの2冊

マーケティング業界ではIT化、自動化の波が押し寄せていますが、これらと相性が良いのがインターネットを活用したWEBマーケティングです。WEBマーケティングの初心者向けと上級者向けにおすすめの1冊をそれぞれご紹介します。

マンガでわかるWebマーケティング 改訂版 -Webマーケッター瞳の挑戦!-/インプレス、村上佳代(著)、ソウ(マンガ作画)、星井博文(マンガシナリオ)

まずは、初心者向けにおすすめの1冊です。年配の方などWEBマーケティングの初心者にもわかりやすく、全体像が頭にはいってきやすい漫画と文章を組み合わせた本です。

Amazonはこちら

おすすめ理由

  • 漫画仕立てのため、BtoBマーケティング初心者にもわかりやすい
  • 横文字が多いWEBマーケティングの用語をわかりやすく解決
  • 実務的なノウハウも多く記載されているので仕事に活かしやすい

いきなり難しい本を読み始めても挫折してしまいがちですので、初心者は、先ず本書からはじめてイメージをつかむことをおすすめします。

最新Webマーケティング2019 ~解説と事例でわかるITの今/Web Designing編集部 (編集) (マイナビ出版、2019)

WEBマーケティングの基礎的な事項はひととおり頭にはいっている上級者の方にもおすすめしたい本が、毎年発行されるこの1冊となります。WEBマーケティングの世界は流行り廃りがあるので、最近のトレンドを定期的に頭に入れておくことは、上級者であっても必要です。

Amazonはこちら

おすすめ理由

  • 毎年発行されるので、常に最新の情報にキャッチアップできる
  • 今年度のものは、最新トレンドのAI、動画、UXデザインを網羅
  • 事例が豊富で実務に参考になる

【BtoBマーケティングの本】成功・失敗から学ぶ事例集としておすすめの2冊

BtoBマーケティングの担当者として気になるのは、他社のBtoBマーケティングについて、どういう成功モデルがあるのか、逆に気をつけるべき失敗パターンがあるのかということではないでしょうか。

「分析」で成果を最大化する BtoBビジネスのデジタルマーケティング/中田 義将 (著)

現在主流となりつつあるデジタルマーケティングについて、実際の7社の成功事例を踏まえて成功する方法論を説明しています。

Amazonはこちら

おすすめ理由

  • 7社の事例が具体的で参考になる
  • 数多くの会社のマーケティングコンサルタントを担当する筆者による執筆
  • 文章が平易でわかりやすい

どうすれば成功できるかの具体例を踏まえて学びたい方におすすめです。

実践BtoBマーケティング:法人営業 成功の条件/余田 拓郎(著)、首藤 明敏(著)

マーケティングを成功させるためには買い手のニーズを知る必要があります。この本では、300社以上の買い手側の実例調査を踏まえた成功モデルが提示されています。

Amazonはこちら

おすすめの理由

  • 300社以上の買い手側のニーズを踏まえて書かれている
  • 属人的営業から組織的営業にシフトするための秘訣が書かれている
  • 慶應義塾大学教授が執筆しており、アカデミックな裏づけがある知識が習得できる

BtoBマーケティングの本まとめ

いかがでしたでしょうか。BtoBマーケティングの本は決して多くはありませんが、この記事でおすすめした本はいずれも良書であり、あなたの会社のBtoBマーケティングを成功に導くガイドラインとなってくれるでしょう。BtoBマーケティングに携わる人材はいま最もニーズの高い人材の1つですので、あなたのキャリアをより充実したものにするために、日々の生活の中に体系的な勉強を取り入れてみてはいかがでしょうか。

≫≫ マーケティング職で3年以上の経験を持つあなたへ ≪≪

この記事を読んだ方におすすめ

BtoBマーケティングの世界で求められる人材像の変化について

【マーケター向け】マーケティング副業にまつわるコラム・インタビュー記事の一覧(まとめ)

 

 

この記事を監修した人

荻久保健一
荻久保健一
執行役員マーケティング本部長:株式会社ホールハート
これからの新しい働き方「副業社員」や「インターン副業」をマーケティングの力で広げるために日々奮闘する美容好きおじさん。
自身も副業でマーケティングアドバイザーやwebメディアを複数運営。
プロの副業公式Twitter「プロフクロウのつぶやき」中の人
The following two tabs change content below.
執行役員マーケティング本部長:株式会社ホールハート これからの新しい働き方「副業社員」や「インターン副業」をマーケティングの力で広げるために日々奮闘する美容好きおじさん。 自身も副業でマーケティングアドバイザーやwebメディアを複数運営。 プロの副業公式Twitter「プロフクロウのつぶやき」中の人

関連記事

  1. インフルエンサーマーケティングの最新事例集【日本・海外】2019年3月最新版

    インフルエンサーマーケティングの最新事例集【日本・海外】2019年3月…

  2. カスタマーサクセスを担える人材が、いま市場で求められている理由とは?

    カスタマーサクセスを担える人材が、いま市場で求められている理由とは?

  3. マーケティング職の人材紹介会社の選び方と失敗しない考え方_アイキャッチ

    マーケティング職の人材紹介会社の選び方と失敗しない考え方

  4. 経営課題を解決するビジネスマン

    企業の経営課題解決にプロ人材の活用を!低リスク&低予算!

  5. フリーランス向けエージェントの手数料とメリット10選!利用がおすすめな6タイプも解説

    フリーランス向けエージェントの手数料とメリット10選!利用がおすすめな…

  6. 【マーケター向け】マーケティング副業にまつわるコラム・インタビュー記事一覧(まとめ)

    【マーケター向け】マーケティング副業にまつわるコラム・インタビュー記事…

最近の記事

  1. マーケティング職の人材紹介会社の選び方と失敗しない考え方_アイキャッチ
  2. これからの時代を副業と複業で成功するには?【キーマン対談/弁護士ドットコム元榮氏×プロの副業小野氏】アイキャッチ
  3. 人事の業務委託ができる仕事の範囲やメリット・紹介先の選び方_TOP画像
  4. 社労士松井が解説。副業推進の課題とは?企業が副業を認める目的の重要性を解説
  5. 広報職の業務委託ができること任せるメリットと委託する際の注意点のアイキャッチ

副業求人一覧

カテゴリー