BtoBマーケティングの副業紹介!求められるスキルやメリットは?

BtoBマーケティングの副業紹介!BtoBマーケティングの業に求められるスキルやメリットは?

このページを読むのに必要な時間は約 5 分です。

BtoBマーケティングに興味があっても、経験がないうちはBtoBマーケティングを本職にするのはおすすめできません。

対企業であるため、その責任感と結果へのコミット具合はBtoCの比ではないからです。

BtoBマーケティングに興味があるのであれば、リスクの少ない副業からスタートする方法がベスト。副業でも起業に向き合うことに変わりはないので、BtoBマーケティングの感覚を十分につかむことが可能だからです。

ここではBtoBマーケティングの副業についての特徴、注意点や副業案件の事例について紹介します。

 

BtoBマーケティングを副業にするということ

BtoBマーケティングの副業は、BtoCマーケティングと比べて大きく異なる点が存在します。ここではそれら異なる点を紹介します。

 

BtoCマーケティングと比較して責任の重さが異なる

BtoBマーケティングを副業にする場合、しっかりと認識しておかなければならないことがあります。BtoBマーケティングは法人や企業を相手にするため、責任が重いということです。

仕事も中途半端な成果では報酬をもらえない場合も。また、問題となる課題や目的を完全に解決できないと評価が下がってしまいます。

 

マーケティングには流行がある

BtoBマーケティングの注意点として、トレンドの移り変わりが早いことが挙げられます。トレンドはおおよそ2年ほどで変わっていくため、アンテナを常に張り、新しい情報を入手し続けることが重要です。そのため、仕事自体の難易度は高い傾向にあります。

その反面、自身のマーケティングスキルの幅を広げられるので、BtoBマーケティングを自らの仕事と位置づけ、スキルを磨いていきたいと考えている人にとっては良い環境でしょう。その理由としては下記が挙げられます。

  1. 最新のマーケティングスキルが身につく
  2. BtoCの副業よりも比較的収入が高い
  3. 独立起業にも役立つ

BtoBマーケティングは、BtoCマーケティングより求められるレベルが高いことから、常に新しいマーケティングスキルを学習しなければなりません。そのため、案件をこなせばこなすほど、自然と高レベルのマーケティングスキルが身についていくというわけです。

また、BtoC案件の副業より収入が高いことからモチベーションが高まりやすく、多くの仕事を行いたいと思うはず。結果的にBtoB案件のみで生計が成り立つようになり、かつクライアントの信用を得られれば継続的に受注をもらえるばかりか、マーケティングに関わる分野の仕事をまるごと発注してもらうことも可能なため、独立起業もBtoC案件を専門に扱っているマーケターと比べて比較的容易です。

では、BtoBマーケティングの副業で求められるスキルは、具体的にどのようなものになるのでしょうか?

 

BtoBマーケティングの副業に求められるもの

BtoBマーケティングの副業はBtoCマーケティングと比べて大きく異なる点が存在します。ここではそれら異なる点を紹介します。

BtoBマーケティングの副業には下記のスキルが求められます。

  1. 高度なマーケティングスキルと実績
  2. 確実に納期を守る責任感
  3. 成果を出す実現力
  4. MAを始めとした最新のツールを使いこなせるノウハウ

 

高度なマーケティングスキルと実績

高額な報酬が約束されるBtoB案件を受注するには、高いマーケティングスキルと多くの案件を成功させてきた実績が求められます。そのため、もしこれまでにBtoBマーケティングの領域でのキャリアがない場合は、しばらくは高額な報酬を望むことは難しいでしょう。

まずは難易度の低い案件を受注して、実績を作っていく必要があります。その過程で多くのマーケティングスキルも身につくはず。結果的にある程度の報酬が約束されているBtoB案件を受注できる頃には、高度なマーケティングスキルも備わっているでしょう。

 

確実に納期を守る責任感

BtoB案件では、素晴らしい成果を出せたとしても納期に遅れてしまえば、それだけマイナスになってしまいます。クライアントに対して「成果は出せるけれども仕事が遅い」という印象を与えてしまいます。

時間とは、お金に匹敵するほど重要なもの。相手に貴重な時間を浪費させないためにも、絶対に納期は守るという強い責任感が必要です。

 

成果を出す実現力

仮に失敗しても他の従業員や会社が責任をもってくれる正社員とは異なり、副業では仕事で着実に成果を出すことが前提となります。

また、顧客企業の要望は市場に対して臨機応変に変わる可能性があるため、なるべく1つのスキルに偏重することなく、不得意な分野でも結果を出せるようになる必要があります。

 

MAをはじめとした最新のツールを使いこなせるノウハウ

BtoBはBtoCと異なり、見込顧客の獲得からリード、CVまでが長く、顧客情報の管理やタッチポイントをより精緻に管理する必要があります。

そのため、BtoBに必要とする機能が搭載されたMAツールであるPardotMarketoなどを使用できると効率的に業務をこなせるでしょう。

MAツールを使ったことがない人は、MAツールを導入している案件に携わることをおすすめします。

 

そもそもBtoBマーケティングで副業は可能なのか?

BtoBマーケティング案件では、マーケターとして高い能力を要求される傾向があります。けれども、すべてのクライアントがマーケティングのプロフェッショナルを求めているわけではありません。

セミプロやマーケティングの知識がある程度でもOKとしているクライアントは存在します。最初は難易度が低い案件を受注して経験を積めば良いのです。難易度が低いところは報酬も低い傾向にありますが、クライアントも低いことは自覚しています。よって、あれもこれもとスキルを要求してくるケースはあまりありません。

ただ、100%ないと言い切れない点が悲しいところ。いわゆるブラック案件に捕まってしまえば、低い報酬で多くのことを要求される可能性もあります。そのためブラック案件に捕まらないための嗅覚を育てることも必要です。

 

●BtoBマーケティングについてもっと詳しいことを学習するなら

【BtoBマーケティングの本】おすすめ書籍10冊を紹介!各ステップ毎に実務に活かせる書籍まとめ

 

BtoBマーケティングの副業例5選

ここではBtoBマーケティングの副業の事例を見ていきましょう。どのような副業があるのか、参考にしてください。

 

仕事紹介マッチングサービスのマーケティング施策補助

仕事紹介マッチングサービスのターゲットである企業に対して、有効な施策の洗い出し、優先度決め、実行支援を行う。

1.新規事業の立ち上げ経験
2.報酬は時給5,000円
3.東京で常駐勤務、曜日や時間は応相談
4.マッチングサービスにおけるマーケティングノウハウを獲得可能

 

ECサイト支援企業で法人向けサービスの営業支援

ECサイト支援企業で法人をターゲットにセミナーなどインサイドセールスを中心にマーケティングを行う。

1.ECサイトの運営経験
2.報酬は月額20万円前後
3.東京で週2回の常駐勤務、曜日や時間は応相談
4.法人を対象にした営業ノウハウを獲得可能

 

音楽教室向けアプリのマーケティング支援

開発した音楽学習用アプリを音楽教室運営企業に導入してもらうことを目的として、マーケティング戦略策定や営業支援を行う。

1.営業、販売経験
2.報酬は要相談
3.東京で週1回の出社あり、勤務形態はリモート
4.音楽業界、アプリマーケティングノウハウを獲得可能

 

企業をターゲットとしたGoogle・Yahoo!のリスティング広告運用

ターゲットとなるクライアント候補が検索しているキーワードを分析し、効率的なキーワードの選定や運用を初期設定からサポートする。

1.リスティング広告運用経験
2.報酬は月10万円
3.東京、勤務形態はリモート、土日平日夜のみでも可能
4.運用を初期段階からサポートするノウハウを獲得可能

 

新卒向け派遣サービスの営業戦略

派遣する新卒の受け入れ先となる企業の獲得を目指し、事業・営業戦略、マーケティング用資料作成を行う。

1.経営企画経験者
2.報酬は月3〜5万円(スキルによって応相談)
3.宮城県、月2〜4回のミーティングあり。勤務形態はリモート
4.採用活動に関するマーケティングノウハウを獲得可能

 

BtoBマーケティングの副業をしたいなら

現在、仕事としてBtoBマーケティングに関わっているのならば、副業の案件を探すこと自体は比較的簡単でしょう。代表的な探し方としては、BtoBマーケティングを扱っている副業紹介サイトやフリーランス案件紹介サイトを見て回ること。

基本的に副業紹介サイトは、求めるスキルは低くてクライアントの元に顔を出す機会が少なめ、リモート勤務であることが多く、その分報酬は5万円前後と低めです。

フリーランス用の案件紹介サイトでも案件によっては副業として行えるものがあります。しかし、求められるスキルは高めで週2、3日の常駐勤務を必須としているところも少なくありません。本職と折り合いをつけながら行う必要があります。その分、報酬は20万円以上と副業として考えるならばかなりの高額です。

ただ、案件の内容には注意が必要です。インサイドセールスのオペレーターのような案件を選んでしまうとスキルは身につきません。また、報酬も少ない傾向にあります。

少額の報酬をもらうことを目的としているならばともかく、せっかくBtoBマーケティングを副業にするのならば、今後マーケターとしてより高額の報酬を得るためのスキルを身につけられるということを基準にするべきです

 

案件選びに困っているのであれば、エージェントサービスを利用すると便利です。また、副業紹介サイトやフリーランス案件紹介サイトの一部では、エージェントを用意しているところも存在します。エージェントを用意している案件紹介サイトでは、最初にエージェントと面談することになり、希望にあった案件を紹介してくれます。自分で探すのではなくエージェントが探してくれるため、案件を探す手間もかかりません。

現在BtoBのマーケティングには関わっておらず、BtoCマーケティングや類似の業種から転向したい、という人もいるはず。BtoBマーケティングの初心者は、目先にある副業案件に飛びつくと痛い目に遭うことがあるので注意。クライアントからスキルが低いとみなされて、アルバイトのようなあまり経験にならない軽作業を振られる可能性があるためです。

副業は報酬を得ると同時にスキルを身につけることも重要です。マーケターとして高いスキルがあれば、より高額な案件に採用されます。そのため、BtoBマーケティングの副業を始めたばかりの頃は、報酬より学べるスキルを重視すると良いでしょう。

 

BtoBマーケティングは移り変わりが激しい業界です。そのため、最新のマーケティングツールや手法を学べる現場で副業することをオススメします。移り変わりが激しい業界では、最新の手法を身につけていると重宝されます。その時々で重宝されるスキルを身につけているということは、それだけ重要なことなのです。

もし最新のマーケティングツールや手法を学べる案件がどのようなものなのかわからなければ、エージェントを利用しましょう。エージェントに相談すれば最適な案件を紹介してくれます。

副業において重要なことは「使えるものは必ず使う」ということ。エージェントの利用は敷居が高いように感じるかもしれません。しかし、敷居の高さを乗り越えるだけのリターンがあります。本気でBtoBマーケティングの副業を行いたいと考えているのならば、エージェントサービスに登録しておくことを検討すべきです。

 

BtoBマーケティングの副業まとめ

BtoBマーケティングの副業は、BtoCマーケティングと比べて企業が相手になるため、難しい面があるのは事実。しかしそれをクリアするだけのメリットが多々あります。

副業ではチャレンジしてみることが一番大事です。興味があるのならば、恐れずにBtoBマーケティングの副業に挑戦してみましょう。必ず報酬や経験といった相応のリターンがあるはずです。

 

「プロの副業」では、皆様のライフスタイルに合わせた副業人材向け案件やフリーランス向け案件を無料でご紹介しております。

あなたのプロフェッショナルなスキル・経験を活かし「週1」や「月1」から業務可能。

例えば「週1定例打ち合わせ+リモートのみ」で対応可能な案件など、様々な働き方でご紹介可能です。

<こんな方におすすめです>
・知人経由の副業はなあなあになるので避けたい
・副業社員として働き、実務で自分のスキルに磨きをかけたい
・自分のスキルを活かせる業務委託の仕事を副業ベースで見つけたい
・リモートワーク中心に、週1か月1くらいの隙間時間で副業の仕事を見つけたい
・フリーランスで案件を安定させたい


こんなことでお悩みの方は、是非プロ人材の副業紹介サービス「プロの副業」をご利用ください。

 サービスの無料登録はこちら

Related post

  1. リストラ退職激減。6年で求人倍率2.5倍。「仕事が選べる時代」に働く人…

  2. プロの営業職が「人脈を活用した副業」で成功するには

    プロの営業職が「人脈を活用した副業」で成功するには

  3. 経営企画領域での仕事の経験を活かした副業

    経営企画領域での仕事の経験を活かした副業

  4. 大副業時代における採用ブランディングの考え方

    大副業時代における採用ブランディングの考え方

  5. 20代でいくら貯めてる?気になるみんなの貯金額!

  6. 台頭する「サブスクリプション型ビジネス」において活躍できるのはどのような人材か?

    台頭する「サブスクリプション型ビジネス」において活躍できるのはどのよう…

BtoBマーケティング

最近の記事

  1. CFOとしての経験を活かしたtoB領域の副業9選
  2. 役員や経営者経験を活かした顧問という働き方
  3. プロの営業職が「人脈を活用した副業」で成功するには
  4. BtoBマーケティングの支援企業5選とアウトソーシングする際の選び方
  5. スタートアップやベンチャーこそ副業社員を活用するべき理由と採用方法まとめ