企業の経営課題解決にプロ人材の活用を!低リスク&低予算!

経営課題を解決するビジネスマン

プロ人材の採用を考えている経営陣の方向けの記事です。
最近はプロ人材の活用が話題になっていますが、いざ採用するとなると、プロ人材にはどんな人材がいて、どんなニーズや経営課題に応えてくれるのか、どんなメリットがあるのか、よく分からないという経営陣の方もいると思います。

そこで本記事では、上記のようなプロ人材についての疑問を丸ごと解消する内容をお届けします。
低リスク・低予算で早期に経営課題を解決したい方は必見です!

今、プロ人材の活用に注目が集まっている

いい人材がなかなか取れない現状で、最近特に注目が集まっているのが、プロ人材を業務委託などで活用する方法です。
プロ人材は、プロフェッショナルな経歴や能力を活かして、会社の重要な戦略やポジションを解決できる人材です。

会社が抱えている経営課題を解決するために活用するケースが多く、圧倒的な即戦力となることから、短期間で結果にコミットできる人材として重宝されています。

社内で極めて重要な経営課題があるものの、それを解決できる人材が社内にいない(または不足している)という場合は、プロ人材の活用を検討してみる価値があります。

優秀なプロ人材を獲得する方法

当然ながら、会社が活用するプロ人材は誰でも良いというわけではありません。重要なのは、自社の経営ミッション解決にふさわしいプロ人材を獲得することです。

たとえ優秀なプロ人材であっても、会社が求める能力とは違っていたり、プロ人材がやりたい仕事内容とは違っていたりなどのミスマッチがあれば問題です。

そうしたミスマッチのない理想の人材を、手間をかけずに獲得するには、プロ人材を専門的に扱う「プロ人材紹介サービス」の活用がおすすめです。

次の項目では、プロ人材紹介サービスを利用してプロ人材を獲得することのメリットを見てみましょう。

プロ人材紹介サービスを利用するメリット

プロ人材紹介サービスを利用してプロ人材を獲得するメリットには、次のようなものが挙げられます。

あらゆる分野のプロフェッショナルからマッチング

プロ人材紹介サービスには、マーケティングや広報、人事など、専門的な能力を必要とするハイレベルな人材が揃っており、その中からクライアント企業に必要な人材とのマッチングを行います。

また、今までは紹介する会社のエージェントは、様々な業界で豊富な経験を踏んできたプロである場合が多いため、エージェント力に優れており、ミスマッチが起こりにくいのが特長でした。但し、最近は業界知識がないエージェントも多くなってきた為、案件のミスマッチが起こりやすくなっている事もあります。そのため、紹介してもらうエージェントの経験や知識は大変重要で、依頼する方もその見極めも大きなポイントになってきます。

柔軟な採用形態に対応が可能

プロ人材紹介サービスでは、会社の希望や依頼する仕事内容に合わせて、柔軟な採用形態に対応することが可能です。

たとえば、「業務委託契約」や「個別契約」、「期間契約」や「一定の成果を出すまでの契約」など、契約形態は多岐に渡ります。プロジェクト単位で採用したり、週1回・月1回の勤務など、フルタイム以外での勤務体系を採ったりもできます。

現役の若手プロ人材はもちろん、極めて優秀な経歴を持つ50代以上のプロ人材まで幅広く採用できるのも、柔軟な採用形態に対応できるプロ人材紹介サービスだからこそです。

低コスト

プロ人材を普通に正社員雇用で採用した場合、能力に見合うだけの給与を長期間に渡って毎月支払い続ける必要があり、人件費はかなり高くなります。一般的に見て、年収は700~2,000万円程度はかかるでしょう。人件費に見合うだけの利益が得られない場合は損失となるリスクもあります。

しかし、正社員にとらわれない上記のような活用方法であれば、1か月あたりの人件費を目安で数万円~50万円程度に抑えることができ、大幅に経費を削減することができます。

また、正社員ではないため、人材紹介サービスに支払う紹介手数料が発生しない場合もあります。このように低コスト・低リスクでプロ人材を獲得できるのは、プロ人材紹介サービスの強みです。

即戦力となる人材を獲得でき、利益に直結できる

「正社員として採用してもすぐに辞めてしまい、戦力となる人材が育たない」

そんな悩みを持つ会社も多いですが、プロ人材は採用時点で即戦力となれる能力を備えています。
会社の経営課題に対して早い成果が出せる他、社員に良い刺激を与えたり、新しい技術を継承したりできるなど、様々な形で会社の利益へつなげることが期待できます。

他の人材獲得方法との違いは?

ここでは、プロ人材紹介サービス以外で人材を獲得する場合との違いについて解説します。

ヘッドハンティングの場合

ヘッドハンティングをする場合、ヘッドハンティングを専門に行う人材紹介サービス会社へ依頼するのが一般的です。

ヘッドハンティングでは、優秀な人材をスカウトし、他社から自社へ引き入れることになります。給与やポジションなどで現職よりも良い条件を出すことが前提となるため、潤沢な資金がない会社では、自社の利益とのバランスが難しい場合もあります。

また、人材紹介サービス会社に支払う紹介手数料が発生します。

プロ人材戦略拠点からの紹介の場合

政府はプロフェッショナル人材事業を推進しており、東京以外のすべての道府県において「プロ人材戦略拠点」を設置しています。

この事業の目的は、人手不足感の強い地方の中小企業と、都市部のプロ人材との橋渡しです。

拠点が紹介するプロ人材の半数以上は、都市部の大企業に勤務する人です。プロ人材は都市部から地方へ移住し、転職することが基本となるため、ハードルが高いケースもある、との指摘もあります。この点が、柔軟な採用形態が採れるプロ人材紹介サービスとの大きな違いです。

尚、拠点を利用する企業は、必要な申請をすれば、プロ人材獲得に必要な費用の一部(給与・転居費用など)を補助してもらうことが可能です。たとえば宮城県の場合、プロ人材1人につき300万円を上限として補助してもらうことができます。(2018年4月時点)

会社が自ら求人を出す場合

プロ人材の採用には、会社が自ら求人を出すこともできます。

しかし、会社が自ら人材の募集を行い、さらに書類選考や面接のすべてをこなすには、多大な時間を必要とします。また、ライバル社に動向を知られたくない会社にとっては、求人をオープンにすることで不利益となる場合もあります。

プロ人材の活用事例

続いては、実際にプロ人材を活用した企業がどのように変わったのか、事例を挙げて見てみましょう。

菓子メーカー・A社の事例

A社ではこれまで手つかずだったネット通販を始めるために、Web担当のプロ人材であるIさんを採用しました。

Iさんは、前職でWeb戦略の企画やマーケティング、運営のすべてに関わる仕事をしていました。Iさんを採用後、A社の売り上げは前年の2倍に増加しました。他の社員もIさんの積極的な販売戦略や行動力にプラスの刺激を受け、社風も変わりつつあります

介護事業を手掛けるB社の事例

B社では事業拡大に向けて採用を強化する必要があり、人事のプロであるKさんを採用しました。

それまでのB社は、社員の大半が営業担当者という状態でしたが、Kさんの積極的な採用活動により、幹部クラスを充実させることができました。B社は新規事業に次々と参入し、採用活動にも安心して取り組めています。

まとめ

プロ人材の活用について紹介してきました。

従来の正社員雇用にとらわれず、会社が今、必要な人材を必要な時期にだけ低予算・低リスクで採用できるのが、プロ人材の魅力です。
あなたの会社にベストなプロ人材を獲得し、経営課題の解決に活かしませんか?
 
 

プロ人材活用を検討の方はこちら

 

Related post

  1. 副業詐欺の手口とは?詐欺にあったときの対処法は?見分け方も紹介

  2. 階段を登るビジネスマン

    副業でキャリアアップするのが当たり前の時代に

  3. 左右で並ぶ男性二人

    フリーランスで副業という選択肢。

  4. 広告運用副業の仕事内容や求人事例まとめ

  5. 女性講師

    副業する前に確認しておきたいマイナンバー制度の基本

  6. 広報スキル

    広報スキルを活かして年収を上げたい!副業?それともフリーランス?