広報・PR職として3年以上の経験を持つあなたへ

その経験、副業で更なる報酬に変えませんか?週1~の広報・PR職の副業案件を業務委託でご紹介いたします!

あなたは、こんな思いを持っていませんか?

  • 「空いた時間を副業に活用し、柔軟な働き方を実現したい!」
  • 「他の会社のSNS運用を担当してみたい!」
  • 「今の会社で培った広報・PRスキルを他の会社でも活かしたい!」

このような思いをお持ちの広報・PRのプロフェッショナルの方へ、「プロの副業」は、週1からでも携われる副業案件を無料でご紹介いたします。急成⻑のベンチャー企業、次のフェーズを⽬指す中⼩企業、さらなる拡⼤を⽬指す⼤企業…

あらゆる企業が、あなたのような「広報・PRのプロ」による⽀援を求めているのです!

「広報・PRとしての経験を活かして副業をしたい!」とお考えのあなた!「プロの副業」へのご登録は下記リンクよりたったの20秒です!尚、案件マッチング後のご契約期間は3ヶ月~の業務委託契約となります。

ご自身の広報・PRスキルを活かして副業してみたい方は、是非お気軽にご登録ください!

 

無料登録はこちら

なぜいま、広報・PRのプロ人材が求められているのか?

広報とはご存知の通りPR(Public Rerations)の略です。
自社と一般社会の人々をつなぎ、より良い関係性をつくることがミッションです。
広告にお金をかければかけただけ物が売れた時代は終わり、物が売れにくくなっている現代では、
PRの戦略自体を考えることができ、関係性を担うことができるプロが求められています!

コミュニケーションの手段が非常に多様化しているため、広報・PR分野を課題に掲げる企業も多くなっているのです。

自社の商品や活動内容を正しく社会に認識してもらい、ブランド力を上げていくために、
プレスリリースの作成やメディアとの関係構築といった基本スキルはもちろんのこと、
BtoC領域では特にSNSマーケティング経験者のニーズが高まっています。

※広報・PR職のニーズが企業で高まっている理由、広報・PR職の副業に関する詳細は下記記事を是非ご覧ください

<プロの副業オリジナルコンテンツ>
副業やフリーランスで「広報・PRのプロ」になるための参考記事はこちら
広報スキルを活かして年収を上げたい!副業?それともフリーランス?
広報・PRのフリーランスで成功するための働き方

企業の広報・PR課題例

企業の広報・PR課題例

・広報体制を整備できる人材がいない
・企業のイメージアップを図りたい
・ブランディングを強化したい
・メディアリレーションの構築をしたい
・PDCAによる継続的な広報活動を最適化したい
・メディアや社会との良好な関係の構築したい
・・・etc

広報・PRのプロ人材業務例

広報・PRのプロ人材業務例

・広報戦略の立案
・社内広報業務
・プレスリリース、SNS発信
・メディアキャラバンやメディアとのリレーション
・PRイベントのコンテンツ、SNSキャンペーン企画
・イベントでの外部企業協賛、メディアコラボ獲得
・キャスティング
・コーポレートサイト運用

広報・PRのプロ人材イメージ

●元ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
●役職:マネージャー
●年代:40代前半
●得意領域:PR戦略提案・実施、広報業務、PRおよびプロモーションイベントの企画・実施、ライセンシーのPR活動のコンサルティングや承認

●元アップルジャパン合同会社
●役職:マネージャー
●年代:40代後半
●得意領域:ブランド・コミュニケーション、メディア対応、取材対応

●株式会社ディー・エヌ・エー
●役職:マネージャー
●年代:40代後半
●得意領域:企業ブランディング戦略管理・運営、企業Webサイト運営、広告キャンペーン、プレスリリース

●元日本マイクロソフト株式会社
●役職:部長
●年代:40代後半
●得意領域:会社全体の広報および宣伝、ブランディング、キャンペーン、プロモーション、イベント

●元LINE株式会社
●役職:シニアマネージャー
●年代:40代後半
●得意領域:ブランドコミュニケーション、広告宣伝広報を統合したコミュニケーションプランニング、戦略PR

●元スターバックスコーヒージャパン
●役職:課長
●年代:40代後半
●得意領域:コーポレート広報全般、危機管理、ブランドコミュニケーション

広報・PRの案件事例

広報副業事例1
広報副業事例2

「プロの副業」人材領域

マーケティング

詳細

広報・PR

詳細

人事

詳細

営業

詳細

CTO技術顧問

CTO技術顧問

詳細

新規事業財務

詳細

 
デザイナー/クリエイティブ

クリエイティブ

詳細