カテゴリー

プロフクをフォローして最新情報をチェック!

プロフクをフォローして最新情報をチェックしよう!


インフルエンサー

by依田昂騎 依田昂騎

【副業インタビュー】25歳若手フリーランス キックさん「自由に生きるには、工夫し続けること」

【副業インタビュー】25歳若手フリーランス キックさん「自由に生きるには、工夫し続けること」のアイキャッチ

20代のうちにフリーランスを始めたくても、難しそう……と感じてしまいますよね。実現するにはどうしたらいいのでしょうか?

そこで今回は、若干26歳でフリーランスとして活躍しているキックさんに、仕事内容やスケジュール、今後のフリーランスを取り巻く環境についてお話いただきました。

20代でフリーランスを始めたい方は、ぜひ参考にしてみてください!

キックさん_プロフィール画像

【キックさんプロフィール】

ブログアフィリエイト、コンサルティングなどで活躍しているWeb系フリーランス。

大阪で正社員入社するも、世界一周旅行をするために24歳で1,200万円の貯金を作り、25歳で独立。現在では主夫をしながら在宅で仕事をしている。

まさに現代のビジネススタイルを取り入れた、高知県の田舎に身を置く26歳。

キックさんのお仕事内容

プロフク

キックさん、まずは自己紹介をお願いします!

キックさん:はじめまして、キックと申します。新卒で入った会社を2年で辞め、家族持ちながらに独立し、フリーランスになった26歳です。

現在は、主夫をしながら在宅でブログ、その他コンサルなどで収入を得ています。

プロフク

お仕事は、具体的にはどんなことをされているのでしょうか?

キックさん:メインはブログからのアフィリエイト収入です。そのほか、noteや企業向けのSNSマーケティングのコンサルも請け負っていて、売上の半分以上がこっちのコンサル案件です。

まだ直接収入には直結していませんが、企業の広告担当としてリスティング広告の運用なども行っています。

プロフク

情報発信や広告業のお仕事をされているんですね。

キックさん:今年からはYouTubeやメルマガも始めようと考えていて、特にこだわりなく色々挑戦しています(笑)あんまり器用じゃないので苦戦してますけどね(汗)。

プロフク

挑戦するって勇気がいりますよね。何にでも手を出せるのは、1つの能力だと思います。

フリーランスになったきっかけ

プロフク

そもそも、どうしてフリーランスになろうと思ったのですか?

キックさん:家族で世界一周に行こうと思ったのがきっかけで、そのためにはノマドワーカーをしなくてはという発想から、Web系フリーランスになろうと決めました。

どこでも稼げる仕事がしたかったんですね。でも世界一周に行くだけなら、たとえば有給フル活用でも行けませんか?

キックさん:有給などの制限された、細々とした時間で行きたくなかったんですよね。シンプルに自由な時間が欲しかったんです。

フリーランスになって1年半経ちますが、家族との時間が増えたのが一番のメリットだと思います。

プロフク

家族と過ごせる時間を増やすのは難しいですし、とてもメリットですね。

「主夫リーランス」の1週間のスケジュール

プロフク

キックさんは仕事と主夫を両立していますが、1週間のスケジュールはどう過ごしているのでしょうか?

キックさん:基本的にフル稼働するのは平日です。朝7時ごろに起床し、妻と子供を送って、家かイオンなどのWi-Fiのあるスペースでフリーランスの知人と作業します。

お昼になるとジムで筋トレして、午後はまた別の場所で作業します。たまに気分が乗らないときは読書をしていますね。

プロフク

仕事の合間に筋トレですか! リフレッシュも大事ですよね。

キックさん:夕方17時くらいからは晩御飯の支度をして、家事を片付けます。あとは子供のことですね。保育園のお迎えに、ご飯を食べさせて後片付けして、お風呂入れてって感じです。

プロフク

きちんと両立されていて尊敬します!

24歳で貯金1,200万円

プロフク

しかし、24歳で独立するのって正直とてもしんどくなかったですか?どんな準備をしたら入社2年で独立できるのでしょうか?

キックさん:副業する余裕がなかったので、代わりに貯金を頑張って24歳の終わりには1,200万円を貯めました。一応副業にも手を出してみて、バイナリーオプションやブログなど色々やりましたが、全部ダメダメでした(汗)。

プロフク

24歳で1,200万円はすごいですね! キックさんならではの貯金法とかあるんですか?

キックさん:一言でいうと、無駄な一般的な節約方法はすべて排除し、固定費を中心に効率的に節約していきました。僕は多くの貯金ノウハウに反対なんですよ。

プロフク

反対する理由はなんでしょうか?

キックさん:貯金が苦手な人は「細々した作業」が苦手なのに、得意な人がアドバイスするので、どうしても細かい節約法とかをバラバラに教えてしまうんですよね。

これだと取り組んでも資金管理とかその他もろもろ抜け落ちまくりで、一向にお金は貯まりません。

僕の場合、貯金したい額を先に貯金口座に移す「先取り貯金」や断捨離など、12の方法を実践して貯めました。詳しくはブログにまとめてありますので、よかったら見てください!

プロフク

それは是非知りたいですね! 興味のある方は参考にしてみましょう!

キックさん:なので、「できるだけ楽をして、贅沢をしながら貯金をする!」ということがポイントとなりました。あと、就職は給料のいい会社を選びました。

プロフク

なるほど……!キックさん流の節約術で、お金は十分すぎる余裕を確保したんですね。
でもフリーランスとして働くのに必要なスキルは、どこでどうやって身に着けたんですか?

キックさん:独立してから、やりながら身につけました(笑)。本当は、副業をやりながら身に付けるのがベストだと思います(汗)。

プロフク

独立してから身に着けるのはかなりチャレンジャーですね!あらためて準備が大切ですね。

収入の安定は厳しい?

プロフク

企業などから依頼を受けて取り組む案件の場合、報酬の形態や相場はどのくらいで設定/交渉していますか?

キックさん:SNSなどでの集客サポートがメインなので、その費用などを考慮して価格設定をしています。依頼単価は、ピンキリですが7〜50万円くらいですね。

プロフク

案件によってバラバラなんですね。2019年のご年収はどのくらいでしたか?

キックさん:500万円ちょっとです。6月までは好調だったのですが、7月からガクッと下がりました(汗)。フリーランスは厳しいです(泣)。

プロフク

やはり厳しいんですね……でも、26歳で500万円稼げてるのはすごいと思います。これからが楽しみですね!ご収入以外で、何か良いことはありましたか?

キックさん:一番は、人との付き合いだと思います。尊敬できる経営者やフリーランスの方とたくさん知り合えました。

重要なのは「工夫し続けること」

プロフク

ちなみにですが、なにか失敗談などもあったりしますか?

キックさん:SNSで何回か炎上しました(笑)。目先の利益を優先してしまい、広告主に迷惑をかけてしまったこともありました。

ビジネスをする上では、やはり他人に感謝されることを第一目的にしないといけないので、そこを忘れないようにすることが一番大事だなと改めて感じました。

プロフク

失敗から学んだ、とても大切な教訓ですね。これまでのそういったご経験を踏まえて、副業/複業のコツを1つ挙げるなら、何だと思いますか?

キックさん:工夫の継続だと思います。ただ継続するだけでは意味がなく、一度工夫しただけではうまくいかないことが大半だからです。工夫し続けることが一番重要だと思います。

プロフク

工夫し続けたからこそ、乗り越えてこられたんですね。これから挑戦してみたいことはありますか?

キックさん:特に制限なく、なんでもやってみたいです。一番は世界一周ですが(笑)。

プロフク

「なんでもやってみる」というのも大切な工夫の1つですね。今後もこの仕事スタイル/ライフスタイルを続けていく予定ですか?

キックさん:続けていくと思います! もちろん、規模が大きくなれば法人化など色々状況は変わると思いますが……やはりフリーランスの一番の醍醐味は「自由」だと思います。

自分で稼ぐ力が身につけば、いつ休暇を取って遊んでも、いつ休みなしに働くのもすべて自由です。何かに縛られた生活が自分には合わないので、自由気ままに、その時やりたいことができる状態で生きていきたいです。

プロフク

ある意味すべての人のあこがれですね。自由に働くことと、自由に生きることをどうやって両立するかですね!

スキルがなければ最低限の収入しか確保できない

プロフク

副業を容認する企業が増えてきたり、いわゆる「フリーランス減税」が予定されていたり、副業やフリーランスを取り巻く環境は少しずつ変わってきています。率直にどう思われますか?

キックさん:非常に自然な流れかなと思っています。個人間の分業がもっと進めばフリーランスはより増えていくでしょうし、スキルがなければ最低限の収入しか確保できません

自分の市場価値を上げていけばいくほどお金が集まる本質的な社会になっていくと思います。

スキルによる収入の変化

某大手企業の終身雇用の崩壊宣言しかり、この流れはわりと前向きに捉えています。

プロフク

これからますますフリーランスの方が増えていきそうですね。今後フリーランスを始めてみたいけど何ができるかわからない、どうしたらいいかわからない、という方に、キックさんならどんなアドバイスをしますか?

キックさん:まず何が一番自分に向いているかを見つけることからなので、最初からうまくいかなくてもいいと割り切って始めてみることをおすすめします。

いろいろな意見がありますが、極論、「やってて楽しい」と思うことしか成功しないので、そういうものを見つけるためにずっといろんなことに挑戦し、工夫し続けてみてはいかがかなと。

そのためにも、まずは誰でも稼げるセルフバックなどのハードルの低い副業からはじめて、小さい成功体験を積み上げていくのがいいのかなと思います。僕自身、まだ自分の好きなことをずっと模索している段階です。

プロフク

キックさんありがとうございました! 「フリーランスをはじめて、自由な働き方がしたい」という方には興味深い内容だったのではないでしょうか。今後のご活躍を応援しております!

「プロの副業」では、皆様のライフスタイルに合わせた副業人材向け案件やフリーランス向け案件を無料でご紹介しております。

あなたのプロフェッショナルなスキル・経験を活かし「週1」や「月1」から業務可能。

例えば「週1定例打ち合わせ+リモートのみ」で対応可能な案件など、様々な働き方でご紹介可能です。

<こんな方におすすめです>

  • 知人経由の副業はなあなあになるので避けたい
  • 副業社員として働き、実務で自分のスキルに磨きをかけたい
  • 自分のスキルを活かせる業務委託の仕事を副業ベースで見つけたい
  • リモートワーク中心に、週1か月1くらいの隙間時間で副業の仕事を見つけたい
  • 週末フリーランスで案件を安定させたい

こんなことでお悩みの方は、是非プロ人材の副業紹介サービス「プロの副業」をご利用ください。

サービスの無料登録はこちら

依田昂騎

依田昂騎

この記事を監修した人 依田昂騎 プロフクマガジン編集長

フリーランスを6年経験。これまでのキャリアを活かして、副業を中心に働き方改革やキャリア等をテーマにした各種メディアで発信中。副業はブログ運営やSEOコンサルティング。妻とトイプードルの尻に敷かれる35歳。