カテゴリー

プロフクをフォローして最新情報をチェック!

プロフクをフォローして最新情報をチェックしよう!


副業情報

by依田昂騎 依田昂騎

リモートワークとテレワークの違いとそれぞれの使い分け方とは?「雇用型」と「自営型」の違いも紹介

リモートワークとテレワークの違いとそれぞれの使い分け方とは?「雇用型」と「自営型」の違いも紹介新規アイキャッチ

働き方改革の政策が着々と推し進められる現在、ワークライフバランスを実現させるために多様な働き方が生まれてきています。

その代表的な例として挙げられるのが、リモートワーク・テレワークなどの、場所や時間にとらわれない働き方。働き手としてさまざまなメリットを得ることができます。

東京都庁が2020年4月に都内企業(従業員30人以上)を対象に実施した「テレワーク「導入率」緊急調査」によれば、テレワーク導入企業は前の月より38.7ポイント高い、62.7%に達しました。

テレワーク「導入率」緊急調査結果のポイント

出典:東京都「テレワーク「導入率」緊急調査結果」

しかし、「リモートワーク」「テレワーク」は似たような言葉であり、以下のような疑問を持つ方もいるでしょう。

  • リモートワークとテレワークの違いってなんだろう?
  • それぞれどういった場面で使う言葉なんだろう?

本記事では、それらの疑問に対して詳しく紹介していきます。

リモートワークとテレワークの違いや、それぞれの言葉の使い分け方法を知りたい方は、ぜひこのまま読み進めてください。

>>副業に興味があるかた必見!無料登録はこちら<<

リモートワークとテレワークの違い

結論から言えば、リモートワークのテレワークの主な違いは、定義が定められているかです。

テレワークは日本テレワーク協会などによりきちんと定義づけされているのに対して、リモートワークは明確な定義が決められておらず、遠隔での業務全般が該当します。

テレワークとリモートワークの違いを表にすると、以下のようになります。

テレワーク リモートワーク
使う人 自治体、省庁や大企業 IT企業やフリーランス
語源

tele(遠く)+work(働く)

remote(遠く)+work(働く)
定義 情報通信技術を活用した、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方 特に決められていない
生まれた時期

1970年代

不明

テレワークは1970年から使用されている歴史が長い言葉ですし、省庁や自治体などでの表記は「テレワーク」で統一されています。

「日本テレワーク協会」という団体が存在していることもあり、テレワークの方が公式かつ正式な言葉だといえるでしょう。

しかし、テレワークもリモートワークも、オンラインで遠隔業務を行うという意味ではほとんど違いはありません。

そのため、そこまで違いに敏感になる必要はないので、相手や場面によって気持ち使い分けるのがベターでしょう。

テレワークとリモートの違いを比較

テレワークとは?リモートワークとの違いを比較

リモートワークは発祥が明らかになっておらず、自然と使われるようになった言葉であり、遠隔で働く場合は万能に使用できる言葉です。

しかし、テレワークに関しては日本テレワーク協会によって明確に定義づけされており、使い方によっては間違いとされる場面が出てくる可能性があります。

この章では日本テレワーク協会を参考にしながらテレワークについて紹介していくので、ぜひ参考にしてください。

テレワークは定義が決まっている

まず、日本テレワーク協会によって定義されているテレワークの形態は以下の3通りです。

テレワークの形態 場所
自宅利用型テレワーク ・自宅
モバイルワーク

・移動中

・取引先のオフィス

施設利用型テレワーク

・サテライトオフィス

・シェアオフィス

テレワークは時間に関しての縛りはなく、業務をおこなう場所によって呼称が変わります。

しかし、リモートワークは場所によって呼び方が変わったりすることはありませんし、これらすべてはテレワークでありながらリモートワークにも該当します。

この違いはぜひ押さえておきましょう。それでは、テレワークの形態3種についてそれぞれ紹介していきます。

自宅利用型テレワーク(在宅勤務)

場所:自宅

自宅で業務に取り掛かる場合は「自宅利用型テレワーク(在宅勤務)」に該当します。

主に介護や育児などで自宅にいなくてはならない方や、障害などで通勤が困難な方がおこなうものです。「在宅ワーク」という言葉が使われる事もあります。

モバイルワーク

場所:顧客先や移動中

移動中や顧客先で業務に取り掛かる場合は「モバイルワーク」に該当します。出張・出向先の取引先や、そこまでの移動中に業務をおこなったりするものです。

広い意味で言えば、出張中に立ちよったカフェで作業する場合などもモバイルワークに含まれるといえます。

施設利用型テレワーク

場所:サテライトオフィスやレンタルオフィス

サテライトオフィス、レンタルオフィスで業務に取り掛かる場合は「施設利用型テレワーク」に該当します。

地方企業は都心部に、都市企業は郊外にサテライトオフィスを構えるなどをして、社員が本社以外のオフィスで働きます。

フリーランスの方でオフィスを借りている方は少ないかと思いますので、会社に雇用されながらテレワークをおこなう方に当てはまることが多いです。

テレワークが向いている人

テレワークが向いているとされているのは以下の3種類の人です。

  • 恒常的または一時的に通勤が困難な人
  • 管理、研究、開発部門の人
  • 顧客対応業務をおこなう人

ここに関してはリモートワーク・テレワーク間での大きな違いはなく、これらに当てはまる人はリモートワークが向いている人だともいえます。

それでは、それぞれ詳しく見ていきましょう。

恒常的または一時的に通勤が困難な人

例:妊娠、育児、介護、ケガ、障害といった事情がある

育児や介護などの理由で通勤が困難である場合は、テレワークが向いているとされています。

一時的にテレワークにする場合もあれば、そもそもテレワークでの契約で雇用する場合もあります。

育児中の方や障害を持つ方を雇用することにより得られる助成金もありますので、積極的にこうした人材の雇用に取り組んでいる企業も少なくないでしょう。

管理部門、研究・開発部門の人

例:企画や総務・人事など

管理部門は情報通信技術の発展により、必ずしも社内にいる必要がなくなりつつあります。

管理・評価ツールなどの登場で効率化が進んでいる分野でもありますので、最低限の出社でも成り立つでしょう。

研究・開発部門はアイデアや思考力が問われる業務が多いので、パフォーマンスを高めるためにテレワークが活用されています。

顧客対応業務をおこなう人

例:営業、サポートサービスやSEなど

営業やサポートサービスなど、顧客対応が主な業務である場合もテレワークが適しています。

顧客先に向かったりする場合もありますので、テレワークの中でいうとモバイルワークに該当するでしょう。

また、SEは顧客対応とはまた少し異なりますが、出勤せずとも業務内容に大きな変化は生じませんので、テレワーク向きだといえます。

どう使い分ければよいのか?

テレワークとリモートワークは、言葉の意味的にはほとんど違いはありませんが、使い分け方が気になる方もいるでしょう。

結論としては、相手やシチュエーションによって使い分けるのが最善です。テレワーク、リモートワークを使う層としては、以下のような違いがあります。

テレワーク

リモートワーク

使う人

自治体、省庁や大企業

IT企業やフリーランス

テレワークの方が権威ある団体に使われることが多いですし、なにより「日本テレワーク協会」というものが存在しています。

よって、自治体に助成金の申し込みをする際や、大きな組織の相手とやり取りをする場合などは、「テレワーク」を使うのが好ましいです。

しかし、世間的には「リモートワーク」の方が一般的になりつつあります。

メディアなどでも「リモートワーク」という言葉が使われることが多くなっているので、基本的には「リモートワーク」を使用するのがおすすめです。

テレワークとリモートワークの職種の違い

テレワークとリモートワークでは、それぞれ以下の職種が該当します。

テレワーク

リモートワーク

職種

・管理部門

・営業部門

・顧客対応など

・エンジニア

・ライター

・デザイナーなど

テレワークは省庁や大企業で使われる言葉なので、大企業や省庁に関連する業務はテレワークに該当します。

一方で、リモートワークはIT企業やフリーランスに使われる言葉なので、フリーランスやIT関連の業務はリモートワークだといえます。

しっかりと定義づけられているわけではありませんが、このように使い分ければ意味は伝わりやすくなるでしょう。

それ以外にも在宅でできる仕事を知りたい方は、ぜひ下記の記事をご覧ください。

リモートワーク・テレワーク向きの職種5選!それぞれの職種に就く方法も紹介

「雇用型」と「自営型」の違い

リモートワーク・テレワークの「雇用型」と「自営型」の違い

リモートワーク・テレワークにはそれぞれ「雇用型」と「自営型」があります。

雇用型:社員やアルバイトとしてリモートワーク、テレワークを請け負う

自営型:個人事業主やフリーランスとしてリモートワーク、テレワークを請け負う

雇用型

自営型

従事者

・社員

・アルバイト

・個人事業主

・フリーランス

メリット

・会社に守ってもらえる

・スキルや頑張りしだいで大きく稼げる

デメリット

・仕事が選べず、自由度が低い

・確定申告や営業が必要となる

同じリモートワーク・テレワークでも、雇用型か自営型かでは大きな違いがあります。

雇用型

雇用型は社員やアルバイトとして、会社に属しながらリモートワーク・テレワークをおこなうモノです。

出勤が必要になることもありますし、自身で仕事を選んだりすることもできませんが、会社から守ってもらえるのは大きなメリットです。

自営型と比較すると自由度こそ劣りますが、安定度は非常に高いリモートワーク・テレワークといえるでしょう。

リモートワーク・テレワークを導入する企業は増えていますので、在宅ワークOKな会社は昔よりも見つけやすくなっているはずです。

自営型

自営型は、個人事業主やフリーランスとしてリモートワーク・テレワークをおこなうものです。

安定性は雇用型には劣り、確定申告などの手続きも自身で行う必要がありますが、スキルや頑張り次第では収入を右肩上がりで増やしていくことが可能です。

ただ、良くも悪くもすべて自分次第で収入が決まりますので、自己管理ができたり、向上心があったりする人でないと、継続して稼いでいくのは難しいでしょう。

自営型のリモートワーク・テレワークも、クラウドワークスなどの登場により、昔より始めやすくなっているといえます。

リモートワークの事例について参考にしたいかたはこちら

まとめ

まとめ

テレワークやリモートワークは似たような言葉として使われていますが、相手やシチュエーションによって使い分けたほうが好ましいです。今回紹介したそれぞれの定義や違いを参考にして、ぜひ適切な使い分けをしてみてください。

遠隔で働くことにはさまざまなメリットがあります。

  • 家事やプライベートも充実させることができ、ワークライフバランスを実現できる
  • 通勤の手間を減らすことができ、自宅で生産性を高めることができる

リモートワークにせよテレワークにせよ、これらのメリットを受けられることに関してはほとんど同じだと言えるでしょう。興味があれば、この機会にリモートワーク・テレワークの仕事を探してみてはいかがでしょうか?

当サイトではリモートワーク・テレワークでおこなえる副業を紹介していますので、雇用型か自営型かを踏まえ、気になる案件を見つけてみてください。

「プロの副業」のサービス利用登録はこちら(無料)

テレワーク・リモートワークに関するよくある質問

Q.「テレワーク」と「リモートワーク」の違いはなんですか?

プロフク

A.使っている主要な人が違うだけで、どちらも同じように「オフィスに出勤せず遠隔で働く」の意味で使われています。「テレワーク」は政府自治体や大企業、新聞・テレビ中心で、「リモートワーク」はITやWeb系企業、フリーランスの方などが使うのが主流です。

Q.テレワークはどんな人が向いていますか?

プロフク

A.個人の特性でいえば、自分で仕事を考えたり課題を見つけたりして取り組める方が特に向いていると言えます。職種でいえば、管理系やクリエイティブ系、マーケティング系、それにインサイドセールスなど、直接顧客と対面する必要のない仕事の方が向いていると言えます。

Q.テレワークをするうえで注意点はありますか?

プロフク

A.いかに業務効率を落とさずに成果を出し続けられるかがポイントです。例えばオフィスにいれば「一瞬いいですか?」で簡単に確認できていたことも、チャットやビデオ会議にすると思ったよりもコミュニケーションコストがかかるもの。対面とはやり方を変える必要があります。また、テレワーク環境下ではプロセスが見えにくいため、より成果にかたよって評価される傾向が。上長の目線に立って、どのような報告があれば自分の業務の全体像をつかんでもらえるか工夫するのがオススメです。

関連記事

【社労士解説】テレワークや休業中、感染症にかかってしまった際、副業はどうすればよいのか?

テレワークを実践して実感!テレワークが副業に有効な3つの理由

リモートワーク・テレワークの導入事例5選を紹介!導入する場合のメリット・デメリットも

「プロの副業」では、皆様のライフスタイルに合わせた副業人材向け案件やフリーランス向け案件を無料でご紹介しております。

あなたのプロフェッショナルなスキル・経験を活かし「週1」や「月1」から業務可能。

例えば「週1定例打ち合わせ+リモートのみ」で対応可能な案件など、様々な働き方でご紹介可能です。

<こんな方におすすめです>

  • 知人経由の副業はなあなあになるので避けたい
  • 副業社員として働き、実務で自分のスキルに磨きをかけたい
  • 自分のスキルを活かせる業務委託の仕事を副業ベースで見つけたい
  • リモートワーク中心に、週1か月1くらいの隙間時間で副業の仕事を見つけたい
  • 週末フリーランスで案件を安定させたい

こんなことでお悩みの方は、是非プロ人材の副業紹介サービス「プロの副業」をご利用ください。

サービスの無料登録はこちら

依田昂騎

依田昂騎

この記事を監修した人 依田昂騎 プロフクマガジン編集長

フリーランスを6年経験。これまでのキャリアを活かして、副業を中心に働き方改革やキャリア等をテーマにした各種メディアで発信中。副業はブログ運営やSEOコンサルティング。妻とトイプードルの尻に敷かれる35歳。