カテゴリー

プロフクをフォローして最新情報をチェック!

プロフクをフォローして最新情報をチェックしよう!


副業情報

byプロフクMZ編集部 プロフクMZ編集部

webデザイナーがきついと感じる4つの原因と対策

WEBデザイナーの仕事がきつい!と自ら思う方や、人から現場のキツさを聞いた方などは多くいらっしゃいます。どの業界においても専門職は激務かつ長時間勤務の傾向にあり、ワークライフバランスが担保されません。業界の離職率の高さからもその傾向は伺えます。

そこで本記事ではWEBデザイナー職が「きつい」と感じている方や、そう人から聞いた方へ向けて、どのようにWEBデザイナー職と付き合って行くべきかをキャリア設計の側面からご紹介します。

WEBデザイナーの仕事がきつい・大変と感じる人はどれくらい?なぜ離職するのか分析

平成30年度の厚生労働省の雇用動向調査結果によれば、IT業界が分類される情報通信業の離職率は11.8%となっていました。

業界全体と比較すると、IT業界の離職率が高いとは言えないことがわかります。しかし、WEBデザイナーの肌感として離職・転職する方が多いことは否定できませんよね。

そもそも本当にWEBデザイナーの離職率が低いなら、「定着率97%を誇る勤務環境です!」なんて求人のキャッチコピーなど生まれないはずです。

まずはどうしてWEBデザイナーがきついと思われるのか、どうして離職率が高いのかを見ていきましょう。

  • 正しくデザインすることができず、怒られる
  • 身に付けるべき専門技術が多すぎる
  • 納期が厳しく、安月給な上、上司が厳しい

正しくWEBデザインすることができない

制作会社に勤めているWEBデザイナーなら、自分の制作物に対して上司から酷く指摘を受けた経験が1度はあるはずです。

指示通り修正したところで、上司が気に入るデザインでなければ再び怒られます。こうした修正と指摘の負のスパイラルから心を病んでしまい、「WEBデザイナーがきつい」と感じる方が多いそうです。

WEBデザイナー業界は覚えるべきことが膨大にある上に、新しい技術が主流になれば再度勉強しなおす必要があります。社内の利益を求めるがあまり、営業が無理して取ってきた案件に頭を悩ませることも多々あるでしょう。

納期に追われる上、安月給だから

クライアントとの認識の違いがあれば、とうてい理解できない納期を指定されるなんてこともザラにあります。

納期に間に合わなければ上司にガン詰めされるため、WEBデザイナーは死にもの狂いで成果物を仕上げます。そうすると営業は同じスパンで別の案件を取ってくるため、再び納期に追われるのです。

これだけ大変な思いをしているのにも関わらず、WEBデザイナーの平均年収は300万円から450万円ほど。自分が納品した成果物から発生した利益のほとんどは会社の利益になってしまうため、その構造に一度気付いてしまった方はフリーランスとしての独立も考えることでしょう。

「きつい」だけじゃないWEBデザイナーの離職理由

その意味では、WEBデザイナー業界の離職率が高い理由は「仕事がきついから」だけではありません。

WEBデザイナーは専門職ですから、業務で得たスキルや知見は全て自分の資産になります。したがって、WEBデザイナーとしてのキャリアが3年から5年に至ったタイミングで独立やキャリアアップを考える方も多い傾向にあります。

WEBデザイナーとして独立する際にネックとなる点は「どのように個人でデザイン案件を獲得すれば良いか」という点に尽きますが、最近はWEBデザイナーを求めている企業とのマッチングサービスを提供しているプラットフォームが多く存在するため、独立までのハードルも下がり続けています。

以上のような理由から、WEBデザイナーは「きつい」と思われがちで、離職率が高い職業となっていると理解できます。

WEBデザイナーの「きつい」を和らげる解決策

WEBデザイナーが「きつい」と感じる理由にはかならず原因があります。

ここからは以上に紹介した「きつい理由」に対してどう対処していくべきなのか、今後のキャリアパスのことを踏まえつつご紹介します。

  • 将来の見通し、ライフプランを明確にする
  • スキルを活かした副業でダブルインカムを実現する
  • 自分が得意な案件を取る

将来の見通し・ライフプランを立てる

自分のライフプランが立っていない状態で無我夢中に仕事をしても、先が見えず、漠然とした不安が解消されることはありません。

  • WEBデザイナーとして3年ほど経っている方:
    今後どのように自分のスキルを活かすことができるのか
  • 5年から10年のキャリアを既に歩んだ方:
    マネジメント職に就くのか、独立するのか

など、将来のキャリアパスについてもう一度考えてみましょう。先の見通しが立っていれば長い下積み期間も苦に感じなくなります。

仮にフリーランスとして独立することを視野にいれるのであれば、なるべく早いうちから動きだすべきだと言えるでしょう。

スキルを活かした副業で、ダブルインカムの実現

これまでに蓄えた自分のスキルはあらゆる場面で活用することができます。

WEBデザイナーの年収は概して平均的な数値ですから、「お金が欲しい」「自由な生活を送りたい」と考えている方が「WEBデザイナーはきつい」と考えることは当然です。そこで、専門職のメリットを存分に生かすことが有効手段となります。

これまで自分が担当してきた案件とは違い、副業で携わるWEBデザイン案件はある程度の選り好みが効きます。自分がもっとも得意とするスキルが条件の案件や、これまで得た経験を存分に活用できる案件など、取り掛かりやすい案件から受注することで精神的にも余裕が生まれます。

なにより、自分の制作物に対して支払われた報酬を全て獲得できる喜びは計り知れないものです。自分の実力に相応する対価をフルに受け取ることができれば、仕事に対するやりがいやプライドも生まれます。

当サイト「プロの助っ人」では、WEBデザイナーとしての実務経験のある方と、あなたを求める企業とのマッチアップサービスを提供しています。週に1回から業務できる案件も多数揃えているため、将来のキャリア形成の先駆けとして、まずは副業から始めてみませんか?サービス概要やマッチングの仕組みについては以下ボタンから確認してください。

プロの助っ人について

WEBデザイナーがきつい理由まとめ

本記事ではWEBデザイナーの方がきついと感じる理由について、離職理由・離職率の観点から考察しました。WEB制作会社に勤務しているのか、インハウスデザイナーなのか、ご自身が勤務している環境についても大きく理由は異なりますが、制作物や給料に関する悩みが原因で「WEBデザイナーがきつい」と考える方が多いようです。

そこで、WEBデザイン案件の獲得を勤務先のみに頼るのではなく、自分自身でも案件獲得をチャレンジしてみることが効果的な解決策であるとご紹介しました。今まで以上に責任が伴う仕事ではありますが、それだけやりがいも報酬額も高くなります。

副業ブームによる独立が顕著な昨今のIT業界においては、可能な限り早く動き出すべきです。将来のキャリアパスとして独立する選択肢を考えている方なら今日から行動しても遅くありません。

「プロの副業」では、皆様のライフスタイルに合わせた副業人材向け案件やフリーランス向け案件を無料でご紹介しております。

あなたのプロフェッショナルなスキル・経験を活かし「週1」や「月1」から業務可能。

例えば「週1定例打ち合わせ+リモートのみ」で対応可能な案件など、様々な働き方でご紹介可能です。

<こんな方におすすめです>

  • 知人経由の副業はなあなあになるので避けたい
  • 副業社員として働き、実務で自分のスキルに磨きをかけたい
  • 自分のスキルを活かせる業務委託の仕事を副業ベースで見つけたい
  • リモートワーク中心に、週1か月1くらいの隙間時間で副業の仕事を見つけたい
  • 週末フリーランスで案件を安定させたい

こんなことでお悩みの方は、是非プロ人材の副業紹介サービス「プロの副業」をご利用ください。

サービスの無料登録はこちら

プロフクMZ編集部

プロフクMZ編集部

この記事を監修した人 プロフクMZ編集部