カテゴリー

プロフクをフォローして最新情報をチェック!

プロフクをフォローして最新情報をチェックしよう!


副業情報

byプロフクMZ編集部 プロフクMZ編集部

プロフクマガジン厳選!Weekly副業ニュースランキング 2020年4月4日~4月10日

プロフクマガジン厳選!Weekly副業ニュースランキング 2020年4月4日~4月10日

プロフクマガジン編集部が、1週間の「副業」にまつわる最新ニュースを集めてランキング形式で紹介するコーナー。

個の時代が加速する世の中の動きからオンラインコミュニケーションを前提とした新しい副業スタイルまで、忙しいビジネスマン向けに要約します。

ここを見れば副業最新ニュースがわかる!

5位 【これからの時代の生き方】副業を始めて収入を増やすべきか?

5位 【これからの時代の生き方】副業を始めて収入を増やすべきか?

元記事:DIAMONDonline

今の仕事にやりがいを感じられて、収入も十分であれば、副業(兼業)は必要ない。しかしどちらか一つでも欠けているなら、起業か転職か副業を真剣に考えるべきだ。

中でも副業はオールマイティで、特に「妻社長メソッド(妻を社長にする手法)」がおすすめだ。趣味や特技を生かして家族で協力しながら行えば役割分担を通じて足りない時間と体力を穴埋めできるし、家業を手伝う体裁なので副業禁止にも違反しない。

その恩恵を一番受けるのは女性。趣味や特技の延長線上でやりがいのあることを仕事にできるし、パートよりは高い収入が期待できる。家にいながら働けるので、子育てとの両立も簡単だ。副業が軌道にのればそのまま起業できる。

主婦の上浦有賀さんは、出産時に足を痛めて会社に復帰できなくなった。そこで、子育てしながら家計の足しにと始めたのがブログを使ったアフィリエイト。

1ヵ月目の収入は500円だったが、7ヵ月目には110万円を達成。その後もコンスタントに毎月100万円以上の売り上げを維持し続けている。

しかし多くの人が直面する悩みは、「何を副業にすればよいのかわからない」ということ。答えは、「自分や家族の趣味や特技を副業にするのがベスト」だ。まずは、すでに実践している人を見つけて、コツを教えてもらうことから始めるのがおすすめ。

4位 フリーランス人口増加のいま、ケア体制を急ぐべき

4位 フリーランス人口増加のいま、ケア体制を急ぐべき

元記事:財形新聞

一口にフリーランスと言っても副業フリーランスもいれば専業フリーランスもいるが、専業フリーランスは不動産賃貸を探しても借りるのが難しい部分がある。

しかし、全国で約10万戸の賃貸住宅「ビレッジハウス」を管理するビレッジハウス・マネジメント社は、フリーランスの入居受け入れを強化するために専用窓口を開設した。

家賃債務保証会社は使わず、独自基準で入居審査を行う。収入を証明する書類は必要だが、フリーランスを理由に断ることはないという。

同じくフリーランス専門の家賃債務保証を展開するリース社は、2019年12月にクラウドソーシングサービスと提携。フリーランスの仕事の件数・金額、発注先の評価などのデータを取得し、それに基づきフリーランスの家賃額の上限を判断、上限金額の与信をおこなうという。

国内のフリーランス人口は約1087万人。国内労働人口の約6分の1に相当し、経済規模で見ると20兆1000億円になる。フリーランスの労働人口が増加傾向にある中、フリーランスを守る枠組みの整備は不可欠だ。

3位  「すきま時間副業」が増加中。新型コロナで伸びた在宅時間「有効に使いたい」

3位  「すきま時間副業」が増加中。新型コロナで伸びた在宅時間「有効に使いたい」

元記事:BUSINESS INSIDER

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、すきま時間を使った副業に挑戦する人が増えている。減った残業時間で動画作成に取り組んだり、得意なカメラ撮影教室を企画したりと、それぞれのスキルを活かした副業に挑戦している。

沖縄県那覇市に住む甲田智恵さん(41)は、那覇で写真教室を運営している。本業は県内のホテル勤務。
「自宅で過ごす時間が増え、どう時間を使おうか考えました。収入を得たいという思いもありますが、それよりも自分のスキルを活かしてみたいなと」と話す。

関東に住む20代の男性は、1000円で動画編集をスキルシェアサービスで出品している。本業は貿易関連企業。新型コロナの影響をもろに受け、「これまで趣味でミュージックビデオを作ったり、ゲーム動画を編集したりしてました。友達からYouTube用に動画の編集を頼まれることもあり、このスキルを活かせればと考えました」と話す。

2月以降の傾向として、VTuberのキャラクター制作や伴奏用の音源作成など、家の中で楽しめるサービスの需要が伸びている。副業で成果を出すためには需要の高いサービスの提供が成功の近道だ。一方で、自分が好きなことや得意なことでないと、副業として続けていくのは難しい。自分が好きなことや経験を見直し、市場価値の高いサービスを考えてみてほしい。

2位 “夫婦でやる副業”なら何が稼げる?プロが教えるコツ

2位 “夫婦でやる副業”なら何が稼げる?プロが教えるコツ

元記事:女子SPA! 

単身で老後までの資金を稼ぎ続けるのは苦しい状況にある日本。そこで注目されつつあるのが、夫婦で協力して稼ぐ副業。最新の稼ぎ方に迫る。
成功させるには、下記の3つのポイントがある。

  • いきなり高収入を狙わず地道に続ける(当面は月2万円目標)
  • すでに持っている夫婦のスキルや趣味を掛け合わせる
  • パートナーに過剰な期待をせず、押しつけにならないようにする

では、具体的にどんな仕事が夫婦副業に向いているのか。プロが勧める夫婦で始めやすい副業は、下記の3つだ。

  • クラウドソーシング系(リスクが低く特別なスキルも要らない)
  • ネットショップ開業(Webサービスを使用して初期費用ゼロで運営)
  • ミステリーショッパー(一人では入りづらい店も夫婦だと比較的容易に)

1位 自分に合った副業は?本業別「おすすめの副業実例」6つ

1位 自分に合った副業は?本業別「おすすめの副業実例」6つ

元記事:マイナビウーマン

「副業してみたいけど、何が向いているのか分からない」という女性のお悩みに、外資系OLコラムニストのぱぴこ氏がアドバイス。まずは、下記の構造を頭に入れて副業を捉える。

  • 副収入口を作ることは収入が増え収入源を一つに依存しなくていい点で魅力
  • 働き方改革と副業解禁がセットになっている理由は、終身雇用が崩れているから
  • 現代はインターネットで個人がメディアと販路を持てる

以上を踏まえたうえで、副業をやる目的は大きく2つだ。

  • トータルの収入を上げるため
  • 収入源を一つの場所に依存させないため

例えば月5万円が、別の収入源として機能すれば、年間60万円を得られ、生活は随分と楽になる。また、「勤めている会社がなくなる」という最悪を想定したとき、収入口を一箇所に固定しない生活は強みになる。

  • 本業:ソフトウェアエンジニア/副業:テクニカルライター
  • 本業:広報/副業:メディアプランナー
  • 本業:ライター・編集者/副業:ライター・編集者
  • 本業:マーケター/副業:マーケター・ライター
  • 本業:営業職/副業:イベントオーガナイザー
  • 本業:コンサルタント/副業:データアナリスト

上記副業パーソンの実例を見ると、共通点は「本業と関連する業務を副業としても提供している」ことだ。趣味と実益を兼ねた活動が副業につながるケースや、本業の関係や知見を活かしたケースが多いことが分かる。

最初から「お金にしよう」と手を付けて、収入につなげられる人はまれ。手軽と言われがちなWEBを活用した副収入も仕組みを理解して収益化につながる形にするには、それなりの時間と根気が必要。

手軽に収入源を得たいと思うなら、一番の近道は本業で成果を出し、一人でも価値提供できるスキルを付けることだ。

次回は4月18日(土)公開予定です。

以上、プロフクマガジン編集部でした!

「プロの副業」では、皆様のライフスタイルに合わせた副業人材向け案件やフリーランス向け案件を無料でご紹介しております。

あなたのプロフェッショナルなスキル・経験を活かし「週1」や「月1」から業務可能。

例えば「週1定例打ち合わせ+リモートのみ」で対応可能な案件など、様々な働き方でご紹介可能です。

<こんな方におすすめです>

  • 知人経由の副業はなあなあになるので避けたい
  • 副業社員として働き、実務で自分のスキルに磨きをかけたい
  • 自分のスキルを活かせる業務委託の仕事を副業ベースで見つけたい
  • リモートワーク中心に、週1か月1くらいの隙間時間で副業の仕事を見つけたい
  • 週末フリーランスで案件を安定させたい

こんなことでお悩みの方は、是非プロ人材の副業紹介サービス「プロの副業」をご利用ください。

サービスの無料登録はこちら

プロフクMZ編集部

プロフクMZ編集部

この記事を監修した人 プロフクMZ編集部