カテゴリー

プロフクをフォローして最新情報をチェック!

プロフクをフォローして最新情報をチェックしよう!


副業情報

by荻久保健一 荻久保健一

マーケティングでフリーランスとして独立するには?必要なスキルや経験と最短ルートを解説

マーケティングでフリーランスとして独立するには?必要なスキルや経験と最短ルートを解説のアイキャッチ

個の時代が加速していくなか、最近では「フリーランスのマーケターが儲かるらしい!」と話題になっています。

実際にGoogleで検索してみると、この手の検索結果がズラリと並びます。今まさにブルーオーシャンと言える分野かも知れません。

これを知って、「今すぐにでも独立したい!」と思う方もいるかもしれません。しかし、何の準備もせずに独立するのは危険です。

フリーランスは、成功すれば自分の頑張り次第でどんどん報酬を得られます。しかし、失敗してしまうと収入がゼロになりかねません。

この記事では、失敗しないための予備知識として、

  • フリーランスのマーケターにとって必要な5つのスキルや知識
  • 稼げるフリーランスマーケターになるための4つのステップ

を紹介します。

フリーランスのマーケターにとって必要な5つのスキルや知識

  • Webマーケティングの知識と経験
  • コミュニケーション能力(営業力・プレゼン力)
  • コンサルティング能力
  • タスク管理能力
  • 会計などの管理能力
稼げるフリーランスマーケターになるための4つのステップ

  • 本業(就職先)でマーケターとしての知識やスキルを身につける
  • 副業をスタートさせ、複数企業から仕事を請け負う
  • 本業と副業の両方で、マーケターの実績を作る
  • フリーランスマーケターとして開業

フリーランスのマーケターとして成功したい方、家族のためにも失敗するわけにはいかないという方は、ぜひこの記事を参考にして、マーケティングのフリーランサーとして独立するための最短ルートを手に入れてみてください。

先に、「フリーランスのマーケティング案件って本当にあるの?」という部分についてお話したいと思います。

結論から言うと、現在、フリーランスのマーケティング案件はとても多くの引き合いがあります。その理由は2つあります。

フリーランスのマーケティング案件の募集がたくさん存在する理由

  • 日本にはマーケターが存在しない会社が多いから
  • フリーランスのマーケターなら特定の期間だけ発注できるから

フリーランスのマーケターの需要が高まっている半面、まだそうした人材が少ないため、優秀なマーケターに依頼が集中している状態となっています。

このことから、優秀な人材は口々に「フリーランスマーケターはマジで儲かる!」といっているのです。

マーケティング案件を8種類に分類

マーケティング案件を8種類に分類

それでは、フリーランスのマーケティング案件にはどのようなものがあるのでしょうか。実際に募集されている案件を8種類に分類してみました。

1.リスティング広告運用代行 GoogleやYahooをメインとしたリスティング広告を運用するお仕事
2.SEO対策・設計・運用・ディレクション Googleなどの検索サイトで、ページを上位表示させるお仕事
3.リサーチャー(市場調査) 顧客ニーズや動向を調査・分析し、クライアントに報告するお仕事
4.データアナリスト(分析) 膨大な情報から問題点や課題を見つけ出し、解決案を提案するお仕事
5.コンテンツマーケティング オウンドメディアの立ち上げやコンテンツ企画、ディレクションを行うお仕事
6.SNS運用(Twitter・Instagramなど) 企業の代わりに各種SNS(Twitter・Instagram・Facebookなど)を運用するお仕事
7.ECコンサルタント ECサイト(楽天市場・Amazonなどのモールも含む)の売上を伸ばすお仕事
8.マーケティングコンサルタント あらゆるWebマーケティングの手法から最適な方法を選択し、クライアントの売上を上げるお仕事

かなり簡単に説明しましたので、もっと詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。【案件急増中】フリーランスのマーケティングにはどんな案件がある?8つの職種ごとに紹介

このような8つの職種やこれらを複数組み合わせた案件が、フリーランスで受注できるマーケティング案件として存在しています。

独立して活躍するために必要なスキルや知識

独立して活躍するために必要なスキルや知識

フリーランスとして独立し、マーケティング分野で活躍していくために身につけておきたいスキルや知識があります。

  • Webマーケティングの知識と経験
  • コミュニケーション能力(営業力・プレゼン力)
  • コンサルティング能力
  • タスク管理能力
  • 会計などの管理能力

それぞれについて、順に説明します。

Webマーケティングの知識と経験

マーケターとして仕事を受注する上で、Webマーケティングの知識と経験は必須です。フリーランス人材は、即戦力として活躍できるスキルや経験を身につけていなければ成り立ちません

もし「知識も経験もないけどなりたい」と考えていたら、それは難しいでしょう。

最低でも、独学での知識と経験を身につける必要があり、できればマーケティング会社に所属して働いた経験があると良いでしょう。

コミュニケーション能力(営業力・プレゼン力)

フリーランスは自分で仕事を獲得する必要があります。そのため、営業力やプレゼンテーション能力、コミュニケーション能力が必要です。

いくらマーケティングの知識と経験があっても、話すのが苦手な方だと向いていないかも知れません。

また、「アフターコロナ」の世界観の中では、そもそもオンラインワーク(在宅/リモートワーク)での働き方がベースになります。

対面とオンラインでは全く違ったコミュニケーションが必要になりますし、直接会うことなくリモートでビジネスにおける信頼関係を築けたり、仕事の受発注ができる能力を身に着けたりできれば、確実に大きな力になります

コンサルティング能力

会社員でマーケターとして働いている方の中には、分業制で、自分の担当業務だけこなしていれば大丈夫といった方もいるかもしれません。しかしフリーランス案件になると、コンサルタントとしての素質が必要となります。

例えばSNS運用の案件ですと、会社員マーケターとしてSNS運用を行う場合は、ただ指示通りに運用していれば良いかもしれません。

しかしフリーランスとして受注する場合は、運用するだけでなく、投稿の分析や問題点・改善点の提案、イベント投稿の企画立案などを求められることがほとんどです。

フリーランスマーケターを目指すなら、コンサルティング能力は身につけておきたいスキルです。

最後に挙げるのは、フリーランスとして独立するために必要な能力です。企業に務めるマーケターなら必要ない能力ですが、フリーランスマーケターには以下のような能力が欠かせません。

  • 必要な作業量を把握し、余裕を持ったスケジューリングをするタスク管理能力
  • モチベーションを維持して仕事をこなす自己管理能力
  • 売上や経費を入力し、確定申告を行う会計能力

会計業務は外注などの方法もありますが、会社員マーケターには必要のない雑務が発生することは覚えておきましょう。

稼げるフリーランスマーケターになる4ステップ

稼げるフリーランスマーケターになる4ステップ

ここからはいよいよ、稼げるフリーランスマーケターになるためのステップを解説します。そのステップには以下の4段階があります。

  • 本業(就職先)でマーケターとしての知識やスキルを身につける
  • 副業をスタートさせ、複数企業から仕事を請け負う
  • 両方で実績を作り、相乗効果でさらに能力を伸ばす

  • フリーランスマーケターとして開業

このステップ通りに行うのが、マーケティングの分野で独立し、フリーランスとして成功するための近道です。

1. 本業(就職先)で知識やスキルを身につける

まずは、前提となるWebマーケティングの知識やスキルを身につける必要があります。

そのための近道は、 会社員として従事することです。独学がダメと言っているわけではありませんが、間違いない方法として就職をおすすめしています。

独学で実績を積み重ねることもできますが、それでは時間がかかりますし、いきなり大きな案件を掴むことは難しいでしょう。

しかし、会社員時代に手掛けたマーケティング案件も実績の一部にすることができ、案件を見つけやすくなります。

また、給料をもらいながら独立に必要な知識やスキルを勉強できることを考えると、独学よりもかなりコストパフォーマンスが高いといえます。

現時点でそのような職についていない方は、転職、または企業内で異動をして職に就くかのどちらかの方法でそのポストを手に入れましょう。

2. 副業をスタートさせ、仕事を請け負う

次のステップは副業です。

本業の会社に籍を置いたまま、副業でフリーランス向けのマーケティング案件を受注していきましょう。本業を辞めてしまうと給料がゼロになってしまうので、辞めるのは得策ではありません。

副業でマーケティング案件を見つけたい場合は、当サイト「プロの副業」のようなプロ人材のための副業紹介サービスを利用しましょう。(ご登録はこちら

副業でお仕事を受注する中で、「独立してもやっていけるのか」「案件にはどんなものがあるのか」といったことを知ることができるでしょう。

3. 両方で実績を作り、相乗効果でさらに能力を伸ばす

副業をスタートさせたら、本業と副業の両方でマーケターとしての実績を積み重ねていきましょう。この実績が、のちのち応募する案件を受注する際の糧になります。

本業で得た知識を副業に生かしつつ、副業で得た経験を本業でもさらにブラッシュアップしていくことで、相乗効果を生みながら加速度的に能力を伸ばせるでしょう。

できれば、実績を作ると共に業界のつながりを作ることを意識して、独立後にクライアントになってくれる人脈を確保しておくと良いでしょう。

4. フリーランスマーケターとして開業

十分な実績を確保でき、独立しても定常的に案件を受注できる目途が立ったら、いよいよ独立です。本業を辞めて、個人事業主として開業しましょう。

マーケティング会社への就職をおすすめする理由

マーケティング会社への就職をおすすめする理由

「稼げるフリーランスマーケターになる4ステップ」を読んで、「マーケティング会社やマーケティング職への就職は必須なの?」「独学ではダメなの?」と思った方もいるかもしれません。

独学ではダメというわけではありません。

しかし、おすすめは就職する方法です。ベストはマーケティング会社(コンサルティングファーム)への就職で、次点として事業会社のマーケティング部門への就職をおすすめします。

(※マーケティング会社は複数の企業からの依頼を受けて企画立案やアドバイスを行うため、フリーマーケターと同じような経験を積むことができ、多くの実績もできます。その点で、事業会社のマーケティング部門よりも経験を積みやすい選択肢として挙げています。)

仕事を発注してくれる人脈が十分にある方、実績と知名度が抜群にある方は独学でも成功できるかもしれません。

しかし、一般的に仕事は案件検索サイトなどを通して受注することになります。その場合、企業でのマーケティングの実務経験が効いてきます。

試しに、実際に過去に募集された案件を見てみましょう。

RPGゲームのマーケティングプランニング

報酬

最大 時給3,080円

内容

RPGゲームのリリースにともなうデジタルマーケティング全般

求めるスキル

下記いずれかのご経験が必須

  • 広告代理店等における幅広い広告運用経験
  • コンサルティングファームでの実務経験
  • プロダクト(特にゲームアプリ)のプロデューサー、ディレクター経験
  • 正社員または役員以上として会社に属した経験

この案件のように、広告代理店やコンサルティングファームなどで働いた経験を求められる案件は意外に多いものです。

たとえ必須条件ではなくても、企業でのマーケティング経験がある人材とない人材が同時に応募した場合、前者の方が確かなスキルを持っていると判断されてしまうのは仕方ないことですよね。

こうした理由から、できれば会社員としてWebマーケティングの職に就くことをおすすめします。

まとめ

まとめ

マーケティングの分野でフリーランスとして独立するための、おすすめの4つのステップを紹介しました。

    • 本業(就職先)でマーケターとしての知識やスキルを身につける
    • 副業をスタートさせ、複数企業から仕事を請け負う
    • 本業と副業の両方で、マーケターの実績を作る
    • フリーランスマーケターとして開業

ポイントは、いきなり会社を辞めてしまう前に副業で小さく事業を始めてみるということです。独立後に受注する案件と同様の仕事を副業で請け負ってみて、手ごたえを感じてから独立するのが堅実です。

「プロの副業」への無料登録はこちら!

こちらもあわせて読まれています

マーケティングの「プロになるための」&「プロとしての」キャリアの歩み方

年収1000万円も可能!マーケティング職のフリーランスの年収まとめ

「プロの副業」では、皆様のライフスタイルに合わせた副業人材向け案件やフリーランス向け案件を無料でご紹介しております。

あなたのプロフェッショナルなスキル・経験を活かし「週1」や「月1」から業務可能。

例えば「週1定例打ち合わせ+リモートのみ」で対応可能な案件など、様々な働き方でご紹介可能です。

<こんな方におすすめです>

  • 知人経由の副業はなあなあになるので避けたい
  • 副業社員として働き、実務で自分のスキルに磨きをかけたい
  • 自分のスキルを活かせる業務委託の仕事を副業ベースで見つけたい
  • リモートワーク中心に、週1か月1くらいの隙間時間で副業の仕事を見つけたい
  • 週末フリーランスで案件を安定させたい

こんなことでお悩みの方は、是非プロ人材の副業紹介サービス「プロの副業」をご利用ください。

サービスの無料登録はこちら

荻久保健一

荻久保健一

この記事を監修した人 荻久保健一 執行役員CMO

これからの新しい働き方「副業社員」や「副業転職」をマーケティングの力で広げるために日々奮闘する美容好きおじさん。自身も副業でマーケティングアドバイザーやwebメディアを複数運営。プロの副業公式Twitter「プロフクロウのつぶやき」中の人。

これからの働き方についてnote書いています。