カテゴリー

プロフクをフォローして最新情報をチェック!

プロフクをフォローして最新情報をチェックしよう!


副業情報

by荻久保健一 荻久保健一

年収1000万円も可能!マーケティング職のフリーランスの年収まとめ

年収1000万円も可能!マーケティング職のフリーランスの年収まとめ800_494

「マーケティングの分野で独立したい!」と考えている方の中には、「でも実際どのくらいの年収が稼げるんだろう…」と不安に感じている方もいるのではないでしょうか。

フリーランスの年収は、もちろんピンキリなので一概にいくら稼げると言い切ることはできませんが、マーケターとしてきちんと成果が出せれば、年収1,000万円は難しくないといって良いでしょう。

むしろ、会社員の充実した社会保障を捨ててまで独立する手前、会社員の2~3倍、年収1,000万は稼ぎたいものです。

記事の後半で紹介する有名マーケターの年収をまとめると以下のようになっています。

名前 年収
株本祐己さん

年収3,000万円~1億円

YOSHIさん

年収1,000万円

テツヤマモトさん 年収700万円

この記事では、フリーマーケターとして独立を考えている方に向けて、最低でも年収1,000万円を目指そうという意味を込めて、以下のことををお伝えしていきます。

  • 年収1,000万円を実現するための計算式
  • 年収1,000万円を実現する2つのコツ
  • マーケティング案件でも稼ぎやすい分野
  • 実際に稼いでいるマーケターの年収まとめ

独立したいけれど迷っているという方は、ぜひこの記事を参考に、年収1,000万円を稼ぐ方程式を見つけ出してください。

マーケティング領域のフリーランス需要が上がっています!無料登録はこちら

年収1000万を実現するための計算式

年収1000万を実現するための計算式

冒頭でも説明したように、マーケティング分野のフリーランスで年収1,000万円は夢ではありません。

このあと紹介するように、実際それ以上稼いでいる先駆者もいますし、高単価の案件を複数受注できれば手が届く現実的な数字といえるでしょう。

まず、年収1,000万円を実現するための計算式を考えてみましょう。

月収83.34万円 × 12ヵ月 = 年収1,000万円

フリーランスは会社員と違ってボーナスはありませんから、月収×12カ月分が年収となります。

つまり、年収1,000万円稼ぐためには、月収83.34万円が必要ということが分かります。

月収83.34万円と聞いて、「そんなに稼げないよ」と感じるでしょうか。それとも、「それくらいならできそう」と感じるでしょうか。

実際にその金額を稼ぐには、たとえばこんな働き方があります。

パターン1

  • 週5日勤務で月額85万円の仕事をする

リスティング運用や、実装を含めたSEOコンサルタント、リサーチャー、データアナリスト、マーケティングコンサルタントなら、実際に月額85万円以上の案件を見つけることができます。

案件ごとの報酬については、【案件急増中】フリーランスのマーケティングにはどんな案件がある?8つの職種ごとに紹介の記事でも詳しく紹介しています。

パターン2

  • 週3日勤務で月額50万円の仕事をする+週2日勤務で月額35万円の仕事をする

パターン3

  • 25万円のスポット案件(リモートワーク)を3~4個行う

もちろん最初から月収85万円を得るのは難しいので、月収40万円ぐらいからスタートし、徐々に単価を上げていくのが良いでしょう。

実際に検索してもらえば分かりますが、月額85万円の案件はかなりごろごろ転がっています。ただし希望者も殺到するので、確かな実績と経験が求められます。

稼いでいるマーケターはさらに、プラスアルファで収入を増やしています。

  • ノウハウを提供するブログを書いてアフィリエイト収入やGoogleアドセンス収入を得る

  • YouTube活動を行って、広告収入を得る

  • セミナーや取材で収入を得る

  • 名前が有名になれば、直接依頼で高額な案件が舞い込んでくる

  • 顧問契約や相談役、社外取締役になって収入を得る

  • 株式投資や不動産投資などで資産運用をして、さらに収入を増やす

Twitterやブログなどで名前が売れてくると直接依頼が舞い込んでくるため、さらに稼ぎやすくなります。

年収1000万を実現する2つのコツ

年収1000万を実現する2つのコツ

高収入案件を得るために必要な2つのコツを紹介します。

マーケティング以外の柱を作る

マーケティング以外に、もう一本柱があるマーケターは強いです。たとえばSEOコンサルタントでも、一般的なマーケターの報酬が月額40万円。

ただし、プログラミング知識があり実装までできる場合は月額90万円まで跳ね上がります。

特に常駐案件の場合は、以下のようなマーケティング以外の能力を評価されることが多いので、別の柱を持つことは月収を上げるうえで有利でしょう。

  • プログラミング能力
  • ライティング能力
  • ディレクション能力
  • レポート作成能力
  • 折衝能力

ブランディング・人脈づくり

後ほど1000万円プレーヤーを紹介しますが、こうした高収入マーケターは一様にブランディングが上手いのが特徴です。

ブログやTwitter、YouTubeなどで発信し、有名になることで付加価値が生まれ、さらなる収入アップを実現しています。

また、人脈づくりも重要です。知り合いから次々案件を受注できるようになったら、営業したり仕事を探したりする必要がなくなります。

将来のお客さんになりそうな方とは、いつでも呼んでもらえる関係性を構築しておきましょう。

稼ぎやすいマーケティング分野がある

マーケティング案件の中でも稼ぎやすい分野がある

高い年収を得るには、案件選びも重要です。というのも、マーケティング案件の中でも稼ぎやすいジャンルが存在するからです。

ジャンルの種類については、フリーランスのマーケティング案件8種類の内容・報酬を解説の記事もぜひ参考にしてみてください。

リスティング広告運用代行

リスティング広告運用は、リモートでできるマーケティング案件の中でも稼ぎやすい分野だといわれています。

報酬の相場が「リスティング運用額×20%」である一方、運用額が増えても仕事量の工数がそれほど増えないからです。

たとえば、100万円で運用しているリスティング案件を代行したら、報酬は20万円です。

予算が200万円になったら報酬は40万円に跳ね上がります。クライアントの信頼を得ることが高収入ゲットの近道となります。

SEO設計・運用・ディレクション

SEOについての最新知識と実績があれば、この分野も稼ぎやすいジャンルといえるでしょう。

過去にどんなサイトを担当し、どれだけ成果が出たかをうまくアピールすれば、クライアントを増やすきっかけにつながります。

SEOは日々状況が変わっていくので、頻繁に知識をアップデートすることが重要です。

また、常駐案件の場合は、各ページの問題点を実装するためのプログラミング技術があれば、さらに高単価の案件を見つけることができます。

マーケティングコンサルタント

上流の部分でのコンサルティングをおこなえるマーケターの存在は貴重なので、高額案件を見つけることができ、高い年収を得ることができます。

さらに、効率よく稼ぐことができるでしょう。ただし、Webマーケティング全般への広い知識が必要です。

あらゆるマーケティング手法が頭に入っていること、それらをどう組み合わせて売上をあげるか提案する力が必要です。

さまざまな案件をこなしながら、最終的に上流コンサルできるマーケターを目指すのも良いでしょう。

実際の年収は?有名マーケターまとめ

実際どのくらい稼いでる?有名マーケターの年収まとめ

実際にマーケティングを主軸にしているフリーランスはどのくらいの年収を得ているのでしょうか。ここでは、年収を公開しているマーケターの情報をまとめました。

株本祐己氏(年収3000万~1億)

株本祐己さんTwitterのスクリーンショット

「フリーランスの王」を自称し、Twitterなどで精力的に活動している株本祐己さん。

株本さんは、Webコンサルティングを生業にしているフリーマーケターで、個人で株式会社を設立してます。

ベンチャー企業でインターンとして働いていたときに身につけた知識をもとに、WebやITに詳しくない会社にコンサルティングをしています。

月々のコンサルティング料をもらう仕事のほか、売上アップした金額の何割をもらうという成果報酬で契約をしているそうです。

ベンチャー企業から大手コンサルティングファームに転職した後、独立。

独立して1年目で、年収3,000万円を達成しています。しかも、勤務時間は平均4時間とのことです。

2019年5月に「bizSPA!フレッシュ」という媒体の記事では、年収が1億円を超えたと話しています。

YOSHI氏(年収1000万)

YOSHIさんTwitterのスクリーンショット

19歳でセブ島に移住したあと会社員、そして独立したYOSHI(Kazushi Yoshida)さん。

高卒経営者として、現在はサイトや映像制作、Webマーケティングを手掛ける会社のCEOを務めています。

YOSHIさんはブログで、自身の年収が1,000万円を超えたことに触れた上で、フリーランスで年収1,000万円はそんなに難しくないと語っています。

YOSHIさんが年収1,000万円を超えた頃の内訳としては、コンサル収入が月50万円以上+ブログのアフィリエイト収入月80万円以上という感じだったそうです。

さらに単発でWebデザイン案件なども受けていたとのことです。

YOSHIさんの周りには自分より遥かに成功している人が多く、年収5,000万円を超えている人もいると語っています。

テツヤマモト氏(年収700万)

テツヤマモトさんTwitterのスクリーンショット

副業Webマーケターであるテツヤマモトさんはブログで「Webマーケティングのフリーランスは超穴場」「年収700万円は余裕で目指せる」と書いています。

ヤマモトさん自身は、IT企業でWebマーケターをやりつつ副業で事業をやっていて、年収700万円ほどを稼いでいるそうです。

フリーランスでエンジニアやデザイナーになる人が多い今、Webマーケティングの分野のフリーランスは超穴場で稼ぎやすいこと、また副業でも取り組みやすい分野だと話しています。

まとめ

まとめ

この記事では、マーケティングの分野でのフリーランスの年収についてお伝えしました。

会社員ではなく独立して仕事をする以上、年収1,000万円は稼ぎたいと考えている方も多いですよね。

実際に稼いでいるWebマーケターは、年収1,000万円はもちろん、3,000万円~1億円以上を得ていることが分かります。

稼いでるマーケターに共通しているのは、Webマーケティングの案件をこなすだけでなく、自身でもそのマーケティング能力をいかしてアフィリエイトで稼いでいるということ。

だからこそ、安定して高い収入を稼ぎ出せているのでしょう。先駆者たちの事例も参考にしながら、まずは年収1,000万円を目指してみてはいかがでしょうか。

「プロの副業」の無料登録はこちら

こちらもあわせて読まれています

マーケティングの「プロになるための」&「プロとしての」キャリアの歩み方

【マーケティングプロ人材インタビュー】マーケティング副業ワーカーN氏(マーケター、副業開始時期:2018年1月)

【マーケティングプロ人材インタビュー】 副業ワーカーN氏(副業開始時期:2018年12月)

「プロの副業」では、皆様のライフスタイルに合わせた副業人材向け案件やフリーランス向け案件を無料でご紹介しております。

あなたのプロフェッショナルなスキル・経験を活かし「週1」や「月1」から業務可能。

例えば「週1定例打ち合わせ+リモートのみ」で対応可能な案件など、様々な働き方でご紹介可能です。

<こんな方におすすめです>

  • 知人経由の副業はなあなあになるので避けたい
  • 副業社員として働き、実務で自分のスキルに磨きをかけたい
  • 自分のスキルを活かせる業務委託の仕事を副業ベースで見つけたい
  • リモートワーク中心に、週1か月1くらいの隙間時間で副業の仕事を見つけたい
  • 週末フリーランスで案件を安定させたい

こんなことでお悩みの方は、是非プロ人材の副業紹介サービス「プロの副業」をご利用ください。

サービスの無料登録はこちら

荻久保健一

荻久保健一

この記事を監修した人 荻久保健一 執行役員マーケティング本部長

これからの新しい働き方「副業社員」や「インターン副業」をマーケティングの力で広げるために日々奮闘する美容好きおじさん。 自身も副業でマーケティングアドバイザーやwebメディアを複数運営。 プロの副業公式Twitter「プロフクロウのつぶやき」中の人