カテゴリー

プロフクをフォローして最新情報をチェック!

プロフクをフォローして最新情報をチェックしよう!


副業情報

byプロフクMZ編集部 プロフクMZ編集部

エンジニアの土日(週末)のみの副業はできる?土日案件のメリットデメリットを解説

エンジニアの土日(週末)のみの副業はできる?土日案件のメリットデメリットを解説

エンジニアは現在、急速に需要が高まっている職種の一つです。そのため、エンジニアとしての価値を高め、より良い条件で働きたいと考えている方も多くいらっしゃるでしょう。

そんなエンジニアの方々には、スキルアップの手段として副業がおすすめです。しかし、エンジニアの副業と聞いて「時間を大幅に取られてしまうのではないか?」と考えている方もいらっしゃるかもしれません。

実は、エンジニア向けの平日夜や土日でできる副業案件は多く存在します。つまり、時間を多くエンジニア向けの副業に割かなくても働けるということです。

    また、エンジニアの副業案件は下記でご紹介する「プロの副業」というサービスの利用がおすすめです。キャリアを活かしての副業ができますので、ぜひ参考にしてください。

    本記事の概要

    • エンジニアの土日副業案件数はかなり多い
    • エンジニアは副業をすることでスキルアップにつながる
    • プロの副業の利用は簡単

    プロの副業LP

    プロの副業

    エンジニアの土日副業案件のメリット4つ

    握手

    まずは、エンジニアが土日で副業案件をこなすことによるメリットを4つお伝えします。

    • スキルアップが期待できる
    • 人脈が広がる
    • 時給が高い案件が多く収入が大幅に上がる
    • 将来的にフリーランスや起業して独立も可能

      それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

      ①スキルアップが期待できる

      エンジニアは、副業案件を通して自らのスキルを上げられるようになります。普段の本業だけではやる事が限られており、日々同じ業務を淡々とこなすことも多いです。

      そんな時にエンジニアの副業が役に立ちます。例えば、副業の際に新しい言語に触れることで、その言語を習得できるようになるでしょう。ただ座学で勉強するよりも、エンジニアの副業をすることで効率よくスキルが身につきます。

      また、エンジニアを副業先として求めている企業は大企業よりも小さめのスタートアップ企業が多いです。そのため一から事業に携わり、責任が大きい仕事をすることもあります。その結果、複数の言語知識やより深いエンジニアの知識を実戦形式で学べるようになるでしょう。

      スキルアップをすると人事評価で良い評価をもらえたり、給与アップにつながることもあります。自らのスキルを磨き、よりエンジニアとして大成するためにも副業がおすすめです。

      ②人脈が広がる

      副業をすると、人脈を広げられることもメリットになります。本業だけだと社外の人と深くかかわることは難しいです。また、もし関わったとしても深い関係にはなりづらく、浅い関係で終わってしまうことがほとんどでしょう。

      しかし、副業は人間関係を構築するためにうってつけの手段です。副業をするということは、当たり前ですが本業以外の人たちと関わることになります。その結果、新しい人脈が構築できるようになることも多いでしょう。

      さらに、もしもスタートアップ企業やベンチャー企業で副業をすることになったら、社長と気軽に会って話せるかもしれません。社長と距離が近い場合、社長の目線で経営やビジネスのやり方を学べるようになります。これは貴重な経験かつ自分の将来に役立つことです。

      また、社長クラスの人と関わり評判がいいと、新たな副業を紹介してもらえることもあります。自分の将来のためにも新たな収入源のためにも人脈は必要不可欠です。

      ③時給が高い案件が多く収入が大幅に上がる

      エンジニアは報酬の高い案件が多いので、簡単に収入が上がります。時給換算すると3,000円~4,000円になる案件も多いです。効率を上げたりスキルや実績があったりすればそれ以上にもなります。

      一方、本業だけで収入を上げることは簡単ではありません。収入を上げるためにはそれなりの年月がかかるし、上がる保証もあまりないでしょう。

      副業の場合は、仕事を始めるだけで自分に入ってくる収入が増えます。月5万の収入でも年収に換算すると60万です。

      年収が上がると生活に余裕ができ、好きなものに投資しやすくなります。また、貯金も多くできるようになるでしょう。さらに本業以外に収入があるため、精神的にも安定します。

      下記でご紹介するプロの転職では、収入面の相談もエージェントが親身に聞いてくれ、自分の収入に合った案件を探しやすいのでおすすめです。

      ④将来的にフリーランスや起業して独立も可能

      エンジニアの副業案件を複数抱えられれば、将来的に独立も可能です。フリーランスになるということは、それなりにリスクがあります。

      なにも用意せず独立してしまうと、思わぬ罠にハマってしまうかもしれません。例えば仕事がもらえない、希望の単価にならず、安く仕事をこなさなければならないなどです。

      エンジニアの副業で予め仕事をとっておけば、仕事が無くなる心配はありません。副業で人脈も広がるので、しないで独立するより仕事をもらえる可能性が高まります。

      また、エンジニアの副業を通して自分の単価も把握しているので、仕事を貰う際の指標にもなるでしょう。フリーランスが怖いと思っている人でも副業から始めれば収入面は安心です。副業をすると将来的に仕事の幅を広げられるようになります。

      エンジニアの土日副業案件のデメリット4つ

      落ち込む男性

      ここからは、エンジニアの土日副業案件のデメリットを4つ解説します。

      • 会社の規定で副業が禁止されている
      • 確定申告が必要
      • 本業に支障が出る可能性がある
      • 家族からの理解が必要になる

        エンジニアの副業をする際にはこれらの点に注意しましょう。

        ①会社の規定で副業が禁止されている

        会社によっては規定で副業が禁止されている場合もあります。働き方改革で副業がしやすくなったとはいえ、まだ全面的に副業を認めている企業は多くありません。そのため、副業をすると会社によっては就業規則違反になるかもしれないでしょう。その結果なんらかの処罰を受けてしまうこともありえます。

        会社にばれないように働くこともできますが、リスクは背負うことになるでしょう。自分の会社が副業禁止か分からない場合は、事前に人事部に確認しておくことが重要です。また、副業することを正直に話せば会社として考えてくれるかもしれません。

        ②確定申告が必要

        副業の所得が年間20万円を越すと、たとえ会社員であっても所得税の確定申告が必要になります。また、所得が20万円以下でも、住民税の申告は必須です。

        もしも税務調査で確定申告をしていないことが発覚すると、15~20%の無申告加算税を支払わなければいけなくなる可能性もあります。また、申告期限を過ぎてしまった日数に応じて延滞税の支払いもしなければいけなくなるかもしれません。

        副業だからと甘くとらえ、確定申告をしないまま働き続けるのは避けた方が良いでしょう。確定申告をする際は、税金の仕組みや青色申告といった節税効果の高い仕組みを学んでおくことが重要です。知っているだけで、手取り収入が大きく変わります

        面倒ですが、副業をする際には必要不可欠なことなので覚えておくべきです。

        ③本業に支障が出る可能性がある

        平日の夜や週末も仕事をすることで、体を休める時間が短くなり本業に支障が出る可能性があります。本業に加えて副業をすると、心身ともに疲弊してしまうでしょう。

        本来は休める時間帯に仕事をおこなうので、副業のしすぎは禁物です。いきなりたくさんの仕事を受け持つとキャパオーバーになってしまうかもしれません。すこしずつ無理のない範囲で仕事を始め、慣れてきたら仕事を増やすことがおすすめです。

        自分に合ったリフレッシュ法を身につけたり、副業先のクライアントと相談して仕事量を調節してもらったりすると負担が減ります。もしも本業に支障が出てしまうようなら、その副業は減らした方がいいかもしれません。

        副業を優先しすぎて本業がおろそかになると、会社に迷惑をかける事になります。本業と副業のバランスはうまくとりましょう。

        ④家族からの理解が必要になる場合がある

        土日なども働く場合、家族との時間が少なくなる可能性があります。副業を理由に、家族で出かけたり家族サービスが少なくなったりしてしまうかもしれません。

        また、何も言わずに突然土日も仕事を入れると、家族も不満に思ってしまうこともあります。副業を始める際は、その旨を家族に伝え、土日も働くことを納得してもらう必要があるでしょう。家族のサポートを受けられてこそ、自分の満足する副業ができるようになります。

        土日でもできるエンジニアの副業案件

        チェックする画像

        プログラミング講師や小規模な開発案件など土日でできる案件は多いです。自分で仕事をする時間を選べる案件もあるし、相談すれば納期を自分が可能な範囲にしてもらうこともできます。

        エージェントサービスを使うと、さらに土日でできる案件を獲得しやすくなり、おすすめです。特に、下記で紹介する「プロの副業」が案件も多く、利用しやすいサービスになります。以下で詳しくご説明するので、参考にしてください。

        エンジニアの副業案件を獲得したいならプロの副業に登録しよう

        プロの副業

        エンジニアの副業案件を獲得したいと考えている方におすすめのサービスが、「プロの副業」です。

        「プロの副業」は、副業を従来の「ちょっとしたお小遣い稼ぎ感覚」ではなく「プロフェッショナルな人材がクライアント先の企業に働きかけ、市場からの評価と経験に磨きをかけることで所得に反映される」という就業モデルとして考えています。そのため、副業を自身のスキルを磨く仕組みとして利用できるサービスです。

        また、本業が忙しくても、都合に合わせて柔軟な働き方が可能です。リモートワークの案件も多数あり、自分ができる時間に副業をこなせます。

        気になった方はぜひプロの副業に登録し、エージェントと具体的な仕事内容について面談を進めましょう。

        まとめ

        男性の背中

        本記事では、エンジニアの土日副業案件について解説しました。エンジニアの副業は需要が高く、将来性があります。

        メリットもデメリットもそれぞれ存在しますが、間違いなく副業案件をこなすことで自分のスキルアップに繋がるでしょう。

        また、エンジニアの副業を始める際は「プロの副業」の利用をおすすめします。業界を知り尽くしているプロのエージェントと面談し、自分にぴったりの副業案件を探しましょう。

        「プロの副業」では、皆様のライフスタイルに合わせた副業人材向け案件やフリーランス向け案件を無料でご紹介しております。

        あなたのプロフェッショナルなスキル・経験を活かし「週1」や「月1」から業務可能。

        例えば「週1定例打ち合わせ+リモートのみ」で対応可能な案件など、様々な働き方でご紹介可能です。

        <こんな方におすすめです>

        • 知人経由の副業はなあなあになるので避けたい
        • 副業社員として働き、実務で自分のスキルに磨きをかけたい
        • 自分のスキルを活かせる業務委託の仕事を副業ベースで見つけたい
        • リモートワーク中心に、週1か月1くらいの隙間時間で副業の仕事を見つけたい
        • 週末フリーランスで案件を安定させたい

        こんなことでお悩みの方は、是非プロ人材の副業紹介サービス「プロの副業」をご利用ください。

        サービスの無料登録はこちら

        プロフクMZ編集部

        プロフクMZ編集部

        この記事を監修した人 プロフクMZ編集部