カテゴリー

プロフクをフォローして最新情報をチェック!

プロフクをフォローして最新情報をチェックしよう!


副業情報

byプロフクMZ編集部 プロフクMZ編集部

ネットワークエンジニアの副業は稼げる?在宅業務も可能なおすすめ案件獲得サイトも紹介

ネットワークエンジニアの副業は稼げる?在宅業務も可能なおすすめ案件獲得サイトも紹介

サイト構築のプロともいえる、ネットワークエンジニアは携わる案件もさまざまで、他の職種に比べて年収も高いことがメリットです。しかし、エンジニアで得た経験を活かして副業をしたいと思っている人も多いのではないでしょうか。

在宅で副業が行えると、企業に勤めながら収入を増やせます。また、企業に属してる人やフリーランスの人でも、スキルを活かして高単価な案件を受けたいのであれば、案件数が豊富な「プロの副業」がおすすめです。

今回は、ネットワークエンジニアの副業や、在宅でできる副業を扱っているおすすめ案件獲得サイトも紹介していきます。現在ネットワークエンジニアとして企業で働いている人や、副業として取り組みたい人はぜひ最後までチェックしてくださいね。

本記事の概要

  • ネットワークエンジニアの副業案件の種類
  • ネットワークエンジニアの副業案件を探すうえで注意すべき点
  • ネットワークエンジニアの報酬相場

プロの副業LP

プロの副業

ネットワークエンジニアの副業は可能?年収はどれくらい上がる?

パソコン

ネットワークを設計・構築をしてから、運用や保守などをしていくのがネットワークエンジニアの仕事ですが、パソコンさえあれば業務を行えるので副業は可能です。

企業に勤めている人も、自宅にパソコンがあれば好きなときに好きなだけ副業ができます。ネットワークエンジニアは年収が約450万円と高く、資格を取ったり役職に就いたりするとさらに年収を上げることも期待できるでしょう。

副業として取り組む場合も、サイトを一から構築して運用・管理をする場合は1案件だけでも40万円前後の報酬額となり、部分的に関わる場合でも数万円の副業収益となります。

しかしネットワークエンジニアが副業を行う上で、

  • 会社で副業が禁止されていないか
  • 確定申告の知識はあるか
  • 時間の確保は十分か

の3点は注意しなければなりません。

最近は働き方改革が徐々に浸透してきており、副業可としている企業もかなり増えてきました。しかし、中には従業員の副業を禁止しているところもまだ存在しています。働きながら副業をしていることがバレてしまった場合、減給や役職の解任などの可能性もあり、最悪の場合は解雇されてしまうこともあります。

副業を始める前に、あなたが勤めている企業が副業を禁止していないかどうか、就業規則を確認するか上司に直接聞いてみるようにしましょう。

また、会社からの給与以外で年間20万円を超える収益が発生すると、確定申告が必要になってきます。ネットワークエンジニアの副業収益は比較的高単価なので、あっという間に確定申告が必要な額に到達することもあります。

企業に勤めながら副業を行う場合は、副業に充てる時間の確保もしなければなりません。本業が忙しく副業をする時間がなかったり、副業に集中するあまりに本業がおろそかになったりすると意味がありませんので、時間の確保はしっかりと行いましょう。

ネットワークエンジニアの副業案件の種類4つ

ソースコード

ネットワークエンジニアの副業案件の種類は、主に以下の4つに分類されます。

  • アプリ開発
  • サーバーの環境構築
  • ホームページ制作
  • プログラミングスクールの講師

本業でネットワークエンジニアとして勤務している人は馴染みの深い業務内容かと思いますが、以下で詳細をチェックしていきましょう。

①アプリ開発

最近需要が高まってきているアプリ開発では、ネットワークエンジニアを名乗るのであればこなしておきたい案件の1つです。

iPhoneやAndroidなどのスマホを持っていない人は、今やとても少なくなりましたよね。高まる需要に対応するためにも、本業でアプリ開発を行う機会がない人は、副業としてこなしていきましょう。

②サーバー(セキュリティ)の環境構築

サーバーの環境構築は、ネットワークエンジニアがメインで行っている業務内容でしょう。大手の企業が外注していることもあるので、求人情報はこまめにチェックしておきたいところです。

ユーザーが快適にサイトを利用できるかどうかで離脱率も変わってくるので、ネットワークエンジニアとしての技術力が問われる業務内容になります。サーバーエンジニアとしての知識が必要になってきますが、最近ではネットワークエンジニアにもサーバー知識が求められている傾向が強いです。

お金をいただきながら知識を身につけられるので、スキルアップにもつながります。

③ホームページ制作

ネットワークエンジニアとして経験が少ない人や、副業初心者におすすめなのがホームページ制作です。HTMLやCSSなどの知識を使うので、独学で勉強をしたネットワークエンジニアの人にも取り組みやすい案件になっています。

クラウドソーシングでの募集がメインとなっていますが、店を経営している個人事業主からの需要も高くなっているので、案件数は豊富です。

ネットワークエンジニアとして駆け出しの人や、将来的にWeb関係の仕事に転職したい人は狙い目の副業なので、Web制作の実績をつくりたい人はどんどん挑戦していきましょう。

④プログラミングスクールの講師

ネットワークエンジニアとしての実務経験やトラブル対処の知識を活かして、プログラミングスクールの講師としても活躍できます。これからサイト構築に関わる人に対して指導するので、コミュニケーション能力は必要になりますが、需要が高まってきているので求人数も多いです。

また、パソコンさえあれば完全リモートで行えるのも、プログラミングスクール講師の利点ですね。

ネットワークエンジニアの副業案件を探すうえで注意すべき3点

パソコン

副業としても取り組みやすいネットワークエンジニアの案件を探す上で、注意すべき点があります。

  • 仕事内容がはっきりしているか
  • 報酬額が適正かどうか
  • 自分のスキルで対応可能か

主にこの3つになるのですが、どのような内容なのか以下で解説していくので、副業をしたい人は必ずチェックしてください。

①仕事内容がハッキリしているか

ネットワークエンジニアの業務内容は多岐に渡るので、どこまで任されているのかということを明確にしなければなりません。

受注の段階で業務内容を明確にして、わからないことや曖昧なことがあればすぐにクライアントに確認しましょう。

完全在宅で行う場合は、クライアントの顔を見ることなく案件が完了することも少なくありません。文字のみのやり取りがメインとなるので、語弊がないようしっかりとクライアントとコミュニケーションをとってくださいね。

②報酬額が適正かどうか

案件を受注する前に、報酬額が適正であるかどうかを必ず確認しましょう。一度受けてしまったあとでは報酬額を上乗せするのは難しいですし、話がこじれて案件自体が消滅することも少なくありません。

外注費を抑えるために、相場よりもかなり低い価格で求人を出している企業もあるため、しっかりと見極める力が必要になってきます。

ネットワークエンジニアとしての報酬額の相場を知るために、普段からクラウドソーシングや企業の募集案件などをチェックするクセをつけておきたいですね。

③自分のスキルで対応可能かどうか

副業をする上でとても重要なことですが、自分のスキルで対応できる案件かということを事前に確認しておきましょう。応募の際に経験の有無を聞かれることもありますが、応募文やポートフォリオを見ただけで採用する企業も少なくありません。

また、報酬額が高いためにできないことをできると言って応募すると、後に契約解消となってしまうこともあります。どうしても受けたい案件でスキルが少し足りない場合は、自分で調べながら進められるのか確認してください。

クライアントに正直に対応が難しいと伝えると、できない業務を他の人に回してくれることもあるので、応募の際は嘘をつかずに自分のスキルを申告しましょう。

ネットワークエンジニアの副業案件を獲得したいならプロの副業に登録しよう

スーツ

ネットワークエンジニアの副業案件を受注したい人は、「プロの副業」に登録しましょう。

プロの副業に登録すると、

  • スキルを身につけながら仕事ができる
  • クライアントとの交渉の手間がない
  • リモートワークや常駐など働き方が豊富
  • 非公開案件を紹介してもらえる
  • 高単価案件が豊富

というようなメリットがあります。

副業として企業に属しながら案件をこなしたい人や、すでに独立しているフリーランスの人でもさまざまな案件を受注しながら、安定した収入を得られるのがポイントです。

ネットワークエンジニアの副業は、業務内容によっては求人数があまり無い案件もあるので、希望の内容で副業ができないといったことも少なくありません。しかしプロの副業では非公開求人も多いので、あなたがやりたい内容の案件を受注できるでしょう。

やりたい業務内容でも報酬が極端に低いと消耗してしまいますし、モチベーションも保てませんよね。まずは「プロの副業」に無料登録をして、あなたにぴったりな高報酬の案件がないかチェックしていきましょう。

まとめ

パソコン

今回はネットワークエンジニアの副業や、在宅業務が可能な案件を紹介しているおすすめサイトについて紹介しました。ネットワークエンジニアは在宅でできる案件も豊富なので、パソコンさえあれば場所を選ばずに仕事ができます。

また、ネットワークエンジニアが副業としてできる案件の種類は、

  • アプリ開発
  • サーバーの環境構築
  • ホームページ制作
  • プログラミングスクールの講師

などがあり、自分のスキルに合ったもののみを受注することができるのも、メリットの1つです。

企業に勤めている人や、副業としてネットワークエンジニアの仕事をしたい人は、「プロの副業」に登録して、スキルが身につく高報酬の案件を受注してくださいね。プロの副業で、経験も副業収益もどんどん高めていきましょう。

「プロの副業」では、皆様のライフスタイルに合わせた副業人材向け案件やフリーランス向け案件を無料でご紹介しております。

あなたのプロフェッショナルなスキル・経験を活かし「週1」や「月1」から業務可能。

例えば「週1定例打ち合わせ+リモートのみ」で対応可能な案件など、様々な働き方でご紹介可能です。

<こんな方におすすめです>

  • 知人経由の副業はなあなあになるので避けたい
  • 副業社員として働き、実務で自分のスキルに磨きをかけたい
  • 自分のスキルを活かせる業務委託の仕事を副業ベースで見つけたい
  • リモートワーク中心に、週1か月1くらいの隙間時間で副業の仕事を見つけたい
  • 週末フリーランスで案件を安定させたい

こんなことでお悩みの方は、是非プロ人材の副業紹介サービス「プロの副業」をご利用ください。

サービスの無料登録はこちら

プロフクMZ編集部

プロフクMZ編集部

この記事を監修した人 プロフクMZ編集部