カテゴリー

プロフクをフォローして最新情報をチェック!

プロフクをフォローして最新情報をチェックしよう!


副業情報

byプロフクMZ編集部 プロフクMZ編集部

SAPエンジニアの副業案件は高単価で稼げる?年収1000万円は余裕?フリーランスとして独立も可能?

SAPエンジニアの副業案件は高単価で稼げる?年収1000万円は余裕?フリーランスとして独立も可能?

エンジニアの一種であるSAPエンジニアは、副業が可能な職種です。また、副業をこなして経験を積めば、SAPエンジニアフリーランスとして独立もできるでしょう。

しかし、SAPエンジニアの副業をしてみたいけれどあまり詳しく知らなくて勇気が出ないという方もいらっしゃるかもしれません。この記事を読めば、SAPエンジニアの副業案件についてしっかりと理解できるでしょう。

    また、記事の後半では、「プロの副業」という副業紹介サービスについて説明します。SAPエンジニアの副業を探すうえで役立つサービスですので、興味がある方は登録しておきましょう。

    本記事の概要

    • SAPエンジニアの副業案件の仕事内容
    • SAPエンジニアが副業案件をするために必要な資格
    • SAPエンジニアの将来性

    プロの副業LP

    プロの副業

    SAPエンジニアの副業案件の仕事内容は?ERPとは?必要な言語は?

    パソコン

    SAPエンジニアとは、ERPエンジニアの一種で特にSAP社のERPパッケージを使用するエンジニアのことです。ERPとはEnterprise Resources Plannningの略称であり、企業資源であるヒト・モノ・カネ、そして情報を適切に分配し活用する計画を意味しています。

    そんなERPは、情報の一元化が最大目的です。企業内の分散した情報はERPシステムを導入することで一か所に集約できるようになるでしょう。そして、ERPのなかでもSAPのシェア率はトップクラスであり、SAPエンジニアの副業案件も多数です。

    SAPエンジニアの仕事内容は工程によってかなり異なり、開発から運用・保守まで幅広く担当します。業務によってはSAPの独自言語であるABAPを用いる場合があるため、言語の勉強は必須です。

    後ほどご紹介する「プロの副業」なら、様々なSAPエンジニアのための副業案件を用意していますので自分にぴったりの副業が見つかるでしょう。

    SAPエンジニアが副業案件を獲得するために必要な資格は?勉強は大変?

    メモ

    SAPエンジニアが副業案件を獲得するためには、以下3つの資格を勉強する必要があります。

    • SAP S/4 HANA
    • SAP Business ByDesign/SAP Business One
    • Development/Technology

    それぞれの概要を見ていきましょう。

    ①SAP S/4 HANA

    SAP S/4 HANAは、SAP社が提供する次世代ERP製品のことです。販売開始から1年で3200社がS/4 HANAを採用し、2019年には1万1500社まで採用数が成長しています。

    SAP S/4 HANAの性質として、全てのデータをメモリ上に保有するため高速なデータ処理の実現が可能です。そのためSAPに代表される基幹システム以外にも、大規模データ解析などの用途にも幅広く使われています。

    また、SAP S/4 HANAは分析やレポーティングを全て同じ基盤で行えることもメリットです。SAP S/4 HANAを利用すると、経営の方針に欠かせない判断材料をスピーディーに調達できます。

    従来の課題を解決するためにとても役に立つ製品と言えるでしょう。

    ②SAP Business ByDesign/SAP Business One

    SAP Business ByDesignは、「期間が長く、コストが高くて、技術的に難しい」と言われてきたERPの常識を覆すソリューションのことです。

    サービス利用のための月額料金は安価ですが、一方でERPとしての機能を網羅的に備えています。人材不足に悩まれている企業を救うための有効な手段になることは間違いありません。

    また、SAP Business OneもSAP Business ByDesignと同じく、会社全体にかかわる様々な業務をまとめてカバーしてくれるソリューションです。導入することで、財政プロセスの効率化や人材管理の効率化、さらには法律の遵守などさまざまなメリットをもたらしてくれるでしょう。

    ③Development/Technology

    SAPは、そのまま利用するだけではなく拡張アプリケーションを開発してさらに使いやすくできます。

    拡張アプリケーションを使用する際には、DevelopmentoやTechnologyなどが入ったSDKと呼ばれるライブラリやツール、サンプルプログラムのセットを利用することが効率化につながるでしょう。

    SDKは、複雑なSAP S/4HANAシステムのデータを抽象化し、意味的に使いやすいデータの提供を実現した仮想データモデルを導入可能です。他にも拡張機能の迅速な作成などメリットがたくさんあるシステムで、使用すればするほど効率化が推進されるようになります。

    SAPエンジニアの副業案件の単価相場は?SAPエンジニアフリーランスの年収はどのくらい?

    お金

    続いて、SAPエンジニアの副業案件の単価相場を解説します。また、SAPエンジニアフリーランスについてもお伝えしますので、金銭事情が気になる方はぜひ参考にしてください。

    報酬単価は1案件数十万円〜200万円くらいであることが多い

    SAPエンジニアの副業案件は、報酬に幅があります。経験年数が1年未満ですと、1案件10万円台からのスタートになることが一般的です。

    その後、順調にSAPエンジニアとしての経験を積んでいくと、報酬は経験に伴い最高200万円ほどまで上げられるでしょう。SAPエンジニアとして経験が少ない場合でも、高単価案件に必要なスキルや資格を有している場合はいきなり高単価案件を手に入れられるかもしれません。

    経験者でニーズが高い業務をこなせる場合は、1案件300万円から400万円ほどと、かなりの高単価な副業案件も舞い降りてくる可能性があります。自分の経験やスキル次第で、副業案件の収入は大幅に上がることを覚えておきましょう。

    後ほどご紹介するプロの副業」なら、経験に適した案件をエージェントが見つけてくれるので、自分に合った仕事に取り組めます。

    フリーランスになると年収1000万円も夢ではない

    SAPエンジニアのフリーランスになると、年収1000万円も実力次第では達成できます。

    在宅やリモートの副業案件もそれなりに存在しているので、スケジュールを上手く調整できれば多数の仕事を獲得できるでしょう。上記でお伝えした通り、経験を積んでスキルを身につけていけば高単価案件も受注可能です。

    ただし、あまりにも仕事を取りすぎるとプライベートの時間が無くなり身体も疲労するので無理をするのは良くありません。仕事とプライベートのバランスはしっかりととり、自分ができるレベルで多く案件を取りに行きましょう。

    フリーランスを始めたての頃は思うように仕事が取れないかもしれないので、スキルと経験を磨くことに全力を注ぐことがおすすめです。

    SAPエンジニアの需要や将来性は?すぐ転職できる?

    パソコン

    SAPのシェア率は増加しているため、シェア率に伴いSAPエンジニアの需要も増加しています。日本のERP市場もここ数年は右肩上がりの状況が続いているため、SAPエンジニアの将来性はあると言えるでしょう。

    また、SAPは中小企業向けの展開にも力を入れており、営業力を強化する取り組みに励んでいます。

    中小企業では人材不足が目立つ場合が多いので、人材を補完するためにSAPエンジニアを雇うようになるでしょう。仮にSAPの導入が止まったとしても、メンテナンスで人材は必要になります。

    つまり、SAPエンジニアは将来性に期待でき、転職もしやすいと考えられるでしょう。

    SAPエンジニアの副業(在宅/リモート)案件を獲得したいならプロの副業に登録しよう

    プロの副業

    SAPエンジニアの副業案件を獲得したい方は、「プロの副業」への登録がおすすめです。

    プロの副業は、副業先へ業務委託契約で参画することで、市場からの経験と評価に磨きをかけ、結果的に所得に反映されるという就業モデルを提唱しています。そのため、ご自身のスキルを磨く仕組みとして利用可能です。

    プロの副業は、業界に精通した副業のプロエージェントがあなたのスキル・適性を把握してくれます。自分の条件やスキルレベルに合った副業を提案してくれるので、副業がしやすくなるでしょう。

    報酬の交渉や条件交渉もエージェントが代行してくれるため、苦手意識を持つ方や知り合い経由で困ったことがある方も安心です。ぜひプロの副業に登録し、エージェントとの面接を設定しましょう。あなたの望む副業に出会えることは間違いありません。

    まとめ

    パソコン

    本記事では、SAPエンジニアの副業案件についてご紹介しました。SAPエンジニアは副業内容が様々で、必要な資格も多くあります。そのため経験を積んで、自分のスキルを磨いていくことがおすすめです。

    また、SAPエンジニアは副業案件の報酬単価が高価な傾向があります。自分の実力次第で報酬を上げられる可能性が高いので、どんどんスキルアップを目指しましょう。将来性も期待できる職業ですので、勉強していて損はありません。

    そして、SAPエンジニアの副業をお探しの際はプロの副業への登録がおすすめです。業界に詳しいプロエージェントと面接をして、あなたにぴったりの副業を見つけましょう。

    「プロの副業」では、皆様のライフスタイルに合わせた副業人材向け案件やフリーランス向け案件を無料でご紹介しております。

    あなたのプロフェッショナルなスキル・経験を活かし「週1」や「月1」から業務可能。

    例えば「週1定例打ち合わせ+リモートのみ」で対応可能な案件など、様々な働き方でご紹介可能です。

    <こんな方におすすめです>

    • 知人経由の副業はなあなあになるので避けたい
    • 副業社員として働き、実務で自分のスキルに磨きをかけたい
    • 自分のスキルを活かせる業務委託の仕事を副業ベースで見つけたい
    • リモートワーク中心に、週1か月1くらいの隙間時間で副業の仕事を見つけたい
    • 週末フリーランスで案件を安定させたい

    こんなことでお悩みの方は、是非プロ人材の副業紹介サービス「プロの副業」をご利用ください。

    サービスの無料登録はこちら

    プロフクMZ編集部

    プロフクMZ編集部

    この記事を監修した人 プロフクMZ編集部