カテゴリー

プロフクをフォローして最新情報をチェック!

プロフクをフォローして最新情報をチェックしよう!


副業情報

byプロフクMZ編集部 プロフクMZ編集部

サーバーエンジニアの副業案件はきつい?インフラ/ネットワークエンジニアとは何が違うか解説

サーバーエンジニアの副業案件はきつい?インフラ/ネットワークエンジニアとは何が違うか解説

「サーバーエンジニアの副業案件はきつい?」「副業から独立をするのは可能?」

サーバーの構築から保守・運用までを行うサーバーエンジニアですが、年々人手不足が深刻化しています。しかし、サーバーエンジニアに興味のある人の多くが、サーバーエンジニアの具体的な仕事内容だったり、副業のみでも稼げるのかを気になっているのではないでしょうか。

そこで、この記事ではサーバーエンジニアの副業案件や、他エンジニア職との違いを徹底解説します。サーバーエンジニアに興味のある人は、ぜひこの記事を参考にしてください。

また、サーバーエンジニアとしての案件を獲得するなら「プロの助っ人」の利用がおすすめです。プロの副業で獲得できる案件は、従来のお小遣い稼ぎ程度の案件ではありません。

高いスキルを持った人材が複数の企業やプロジェクトに業務委託契約で参加し、市場からの評価とスキルに磨きをかけられるサービスです。サーバーエンジニアの副業をお考えの人は、ぜひ「プロの助っ人」に登録してみましょう。

本記事の概要

  • サーバーエンジニアの副業案件の仕事内容
  • サーバーエンジニアが副業案件をするために必要な資格
  • サーバーエンジニアの将来性

プロの副業LP

プロの副業

サーバーエンジニアの仕事内容は?インフラ/ネットワークエンジニアとの違い

コード

そもそもサーバーエンジニアとは、サーバーの構築から保守・運用までを行う仕事です。主に「構築業務」と「保守業務」に分けられており、両方とも副業案件もたくさん出回っています。構築業務とは、サーバーをゼロから構築する仕事のことで、設置場所の通信速度や施設の電源容量など、さまざまな要素を考慮して設計しなければいけません。

また、保守業務の業務範囲は、サーバーの監視、セキュリティチェック、バックアップなど多岐にわたります。トラブルが起きた場合、早急に対応しなければならず、大変なことも多いでしょう。また、他のエンジニア職はソフトウェアやwebサイトのプログラミングを行うのに対し、サーバーエンジニアはサーバーのプログミングを行います。したがって、他エンジニア職よりも、OSへの理解が必要です。

サーバーエンジニアが副業案件を獲得するために必要なスキルや資格、開発言語は?AWSってなに?

パソコン

サーバーエンジニアの仕事内容が分かったところで、次はサーバーエンジニアが副業案件を獲得するために必要なスキルを解説します。サーバーエンジニアとして案件を受けるためには、以下の4つのスキルを習得していることが望ましいです。

  • UNIX OS
  • LAMP
  • SQL
  • パケット通信周りのしくみ

これらについて解説していきます。

①UNIX OS

UNIX OSの知識は、サーバーエンジニアには必須です。UNIX OSは高いネットワーク性能を誇るOSで、多数の接続要求に耐え、常時安定した稼働を実現しています。

UNIX OSは、「Windows OS」や「Mac OS」とは違い、一般人にはあまり普及していないOSでもあり、扱える人材もそう多くいません。したがって、UNIX OSの知識があれば、受けられる副業案件の幅も広がります。UNIX OSはセキュリティが高く、低スペックのサーバーでも動作しやすいので、習得していて損はないでしょう。

②LAMP

LAMPは、「Linux」「Apache」「MySQL」「PHP」または「Perl」あるいは「Python」が使用可能なサーバーサイドプログラミングです。そもそもサーバーサイドプログラミングとは、サーバーの中で動く作業環境のことを指し、ゲームやアプリ構築の元になるものだと言えます。

それぞれの企業で使用されるサーバーサイドプログラミングはたくさんありますが、その中でもLAMPは人気なので、ぜひ習得しておきましょう。

③SQL

SQLは、現在最も普及しているデータベース言語のひとつです。そもそもデータベースとは、「複数で共有、利用されること」と「検索、加工すること」を前提に集められた膨大なデータの集まりを指します。そして、そのデータベースを操作・制御できるのが、このSQLなどのデータベース言語です。数あるデータベース言語の中でもSQLは特に利用されており、現在最も普及していると言っても過言ではありません。

サーバーエンジニアにデータベースの管理スキルは必須なので、このSQLを習得しておきましょう。

④パケット通信周りのしくみ

サーバーエンジニアには、パケット通信周りのしくみへの理解も必要なスキルです。パケット通信とは、携帯やスマートフォンの通信に使用される通信方法で、データをパケットと呼ばれるひとつの単位にまとめて送受信する方法を指します。

サーバーエンジニアには一見関係のない知識ですが、サーバーとクライアントとのデータ管理を円滑に行うためには、必ず身につけておくべき知識です。

サーバーエンジニアの副業案件の単価相場は?サーバーエンジニアフリーランスの平均年収は?

コイン

ここまでサーバーエンジニアの必要なスキルを解説しました。しかし、多くの人が気になっているのは、「サーバーエンジニアはどれくらい稼げるの?」ということではないでしょうか。

結論、サーバーエンジニアは人手不足の業界なので、他の副業に比べて単価は高額に設定されています。また、リモート可能な案件も多く、これから副業を始めてみたい人にとってもおすすめです。

報酬単価は1案件40万円〜60万円

サーバーエンジニアの単価形態は、月いくらという形が主流です。他のエンジニア職であれば「一件いくら」というような報酬形態が多いですが、サーバーエンジニアの場合、サーバーを作ればそれで終わりではなく、そこからの運用も業務範囲に含まれるからです。

また、サーバーエンジニアの報酬は、月に40~60万円程度が相場となっています。報酬はエンジニアの実績や業務内容によって変化し、高額な案件だと月に100万円を超えるものもあり、十分稼ぐことは可能です。

また、企業に常駐する形もあれば、リモート可能な副業案件もあるため、本業に支障を出さずに副業ができます。

フリーランスになると平均年収は700万円前後

サーバーエンジニアとしての副業が軌道に乗り出したら、独立しフリーランスになることも可能です。その場合、フリーランスの平均年収は700万円程度で、日本全体の平均年収よりも稼げる可能性が高いでしょう。

また、実績や経験に応じて単価が上がっていく仕事のため、年収1000万円を狙うのも夢ではありません。サーバーエンジニアとしてフリーランスになった場合、平均時給は4000円程度で、多い人では10000円を超えている人も少なくないでしょう。

このように、フリーランスでも十分稼げる仕事のため、副業から始めて独立したい人も検討されてみてはいかがでしょうか。

サーバーエンジニアの需要や将来性は?英語は必要?

パソコン

結論、サーバーエンジニアは人手不足な業界のため、将来的に職に困ることはないでしょう。しかし、クラウドサービスの発展によりサーバーレスが浸透し、サーバーの管理が不要になる懸念があります。したがって長期的に見るとサーバーエンジニアの需要は減少するかもしれません。

そのため、サーバーエンジニアとしてキャリアアップする場合、サーバー関係だけではなく、ネットワークシステムなどの別分野のスキルも付け、他エンジニア職にジョブチェンジするのが有効です。

また、サーバーエンジニアには最低限の英語の知識があった方が良いとされています。これは、サーバーでエラーが起きた際、エラー表記は全て英語だからです。したがって、サーバーエンジニアを目指される人は、プログラミングのスキルと並行し、英語力も身につけておきましょう。

サーバーエンジニアの副業(在宅/リモート)案件を獲得したいならプロの副業に登録しよう

パソコン

「サーバーエンジニアの副業をやりたいけど、常駐はいやだな」そんな人は、「プロの副業」でリモートの副業案件を見つけませんか。プロの副業は、従来のクラウドソーシングサービスと異なる、プロ人材のための副業サービスです。

プロの副業では各企業の経営課題に対してプロレベルのスキルを持った人材が、業務委託契約でプロジェクトに参加できます。これまでに報酬の交渉が上手くいかなかった人や、知人の紹介で副業案件を受けて失敗した人などは、プロの副業に任せておけば間違いありません。

条件面の交渉から、仕事上のトラブル解決までも代行してくれるので、副業案件に慣れていない人でも、安心して業務に集中できます。サーバーエンジニアとしての副業案件を探すなら、ぜひプロの副業に登録し、リモートの高単価案件を見つけてみてください。

まとめ

パソコン

今回は、サーバーエンジニアの仕事内容や副業案件について解説しました。サーバーエンジニアは、常に人手不足で需要が高い業界です。

副業を始めてみたい人はぜひこの記事を参考に、プロの副業に登録してサーバーエンジニアとして副業を始めてみませんか。

「プロの副業」では、皆様のライフスタイルに合わせた副業人材向け案件やフリーランス向け案件を無料でご紹介しております。

あなたのプロフェッショナルなスキル・経験を活かし「週1」や「月1」から業務可能。

例えば「週1定例打ち合わせ+リモートのみ」で対応可能な案件など、様々な働き方でご紹介可能です。

<こんな方におすすめです>

  • 知人経由の副業はなあなあになるので避けたい
  • 副業社員として働き、実務で自分のスキルに磨きをかけたい
  • 自分のスキルを活かせる業務委託の仕事を副業ベースで見つけたい
  • リモートワーク中心に、週1か月1くらいの隙間時間で副業の仕事を見つけたい
  • 週末フリーランスで案件を安定させたい

こんなことでお悩みの方は、是非プロ人材の副業紹介サービス「プロの副業」をご利用ください。

サービスの無料登録はこちら

プロフクMZ編集部

プロフクMZ編集部

この記事を監修した人 プロフクMZ編集部