カテゴリー

プロフクをフォローして最新情報をチェック!

プロフクをフォローして最新情報をチェックしよう!


副業情報

byプロフクMZ編集部 プロフクMZ編集部

3Dデザイナー(モデラー)の副業は未経験でも稼げる?おすすめの高単価案件を獲得できる求人サイトも紹介

3Dデザイナー(モデラー)の副業は未経験でも稼げる?おすすめの高単価案件を獲得できる求人サイトも紹介

「3Dデザイナーの具体的な仕事内容は?」「3Dデザイナーは副業でも案件を獲得できる?」この記事では、このような疑問を解決していきます。

3Dデザイナーはアニメやゲームなどのエンタメ系から、建築現場から医療の世界まで、幅広い分野で活躍が期待される仕事です。しかし、未経験で飛び込むのが不安な人や、副業で稼げるのか気になる人もいるのではないでしょうか。

そこで、この記事では3Dデザイナーの具体的な仕事内容や、年収を徹底解説します。3Dデザイナーの仕事が気になっている人は、この記事を読めば間違いありません。

また、3Dデザイナーの案件を獲得するなら「プロの副業」の利用がおすすめです!プロの副業で獲得できる案件は、従来のお小遣い稼ぎ程度の案件ではありません。高いスキルを持った人材が複数の企業やプロジェクトに業務委託契約で参加し、市場から評価とスキルに磨きをかけられるサービスです。

3Dデザイナーの副業をお考えの人は、ぜひ「プロの副業」に登録してみましょう。

本記事の概要

  • 3Dデザイナーの仕事内容は?
  • 3Dデザイナー(モデラー)の年収
  • 3Dデザイナー(モデラー)に必要なスキル

プロの副業LP

プロの副業

3Dデザイナー(モデラー)の仕事内容は?

パソコン

3Dデザイナーとは、3Dモデリングと呼ばれる3次元のオブジェクトまたは形状の数学的表現をソフトウェアを使って作成する仕事です。

そんな3Dデザイナーの仕事を深堀りすると、主に4つの作業分野に分類されます。

  • モデリング
  • テクスチャー
  • ライティング
  • レンダリング

    それぞれ作業内容が大きく異なるので、具体的にみていきましょう。

    ①モデリング

    モデリングは、3Dモデリングの基礎となる作業です。具体的には、3Dモデリングをするキャラクターなどの絵やデッサンから、形状データを起こし、3Dデータにする作業のことを指します。

    この作業は「AUTODESK MAYA」や「AUTODESK 3DS MAX」などの3D製作ソフトを使って行うのが一般的です。

    ②テクスチャー

    続いて、テクスチャーはモデリングした3Dデータによりリアリティを出すために行う作業です。具体的には、モデリングした3Dデータに立体感や色を加えます。

    テクスチャをするのとしないのとでは、3Dデータの質感が大きく異なり、成果物のクオリティを大きく左右するのが特徴です。

    ③ライティング

    ライティングは、文字通り3Dデータへの光の当たり方などの調整作業です。現実世界に近いライティングを取り入れることで、3Dデータのリアリティがより増します。

    まるで実写のような3Dデータを作成するには、仮想の太陽を付与したり、光源の位置や強弱等を調節するなどの作業が欠かせません。

    ④レンダリング

    3Dデータの生成作業で最後に行うのが、レンダリングです。レンダリングは、制作過程の中で定めてきた仮想空間上の人物や物体など撮影場面を生成する作業を指します。

    要するに、3Dデータの仕上げ作業です。基本的には、①~③の工程中に簡易的なレンタリングを行い、最終的に高画質なレンタリングに仕上げるのが主流となっています。

    3Dデザイナー(モデラー)の年収はどれくらい?副業案件の単価相場は?

    会議

    3Dデザイナーとして働くのならば、一番気になるのは案件相場や年収ではないでしょうか。

    結論、3Dデザイナーとしての報酬は実務経験によって大きく異なります。後ほど詳しく紹介しますが、経験を積んでいけばフリーランスとして年収1000万円も夢ではありません。

    3Dデザイナーは専門性が高く、誰でもできるような仕事ではないので、平均年収や案件相場は他業種と比較して高くなっています。それでは、フリーランスとして独立した場合と、副業として案件を獲得した場合の報酬相場をみていきましょう。

    フリーランス3Dデザイナー(モデラー)の年収

    フリーランスエンジニア向けIT求人・案件サイト【フリーランススタート】が行った調査によると、フリーランスとして独立した3Dデザイナーの平均年収は742万円で、一般的なサラリーマンの平均年収をかなり上回っています。

    また、3Dデザイナーの最高年収は1080万円で、最低年収は360万円という結果になりました。このことから、3Dデザイナーとしての独立は可能で、スキルや経験があれば、一般的なサラリーマンよりもかなり稼げることが分かります。

    ちなみに、フリーランスではなく会社員として3Dデザイナーを仕事にしている人の平均年収は480万円なので、3Dデザイナーとして食べていきたいならフリーランス独立を視野に入れるのがおすすめです。

    3Dデザインの副業案件の単価相場

    続いて、3Dデザイナーの副業案件相場を解説します。3Dデザイナーはゲームやアニメなどのプロジェクト単位で参画するケースが多く、報酬は月固定やプロジェクト単位で支払われる場合が一般的です。

    具体的な案件相場は、50~70万円/月くらいで、他の副業案件よりもかなり高額に設定されています。副業からスタートしてフリーランス独立も狙える業種なので、気になっている人は3Dデザイナーの副業案件に応募されてみてはいかがでしょうか。

    3Dデザイナー(モデラー)に必要なスキル(ポートフォリオ)は?スキルアップして高単価案件を獲得しよう

    机の上

    3Dデザイナーが実際に案件を受けるには、以下の2つのスキルが必要です。

    • デッサンスキル
    • 2Dソフト・3Dソフトのスキル

    また、webデザインの基本とも言えるillustratorやPhotoshopなどのスキルも必須となっています。3Dデザイナーはアナログ的なスキルと、デジタルなスキルの両方を兼ね備えていないと務まりません。

    それぞれのスキルを深堀りしてみましょう。

    ①デッサンスキル

    3Dデザイナーとしてデッサンスキルは必須です。デッサンスキルとは、対象となる立体物を観察し質感、陰影など、構造や形状の詳細を正確に捉え書き出すスキルを指します。

    なぜデッサンスキルが必要かというと、対象物を3Dデザインに起こす際、対象物の後続や特徴を多角的に理解する必要があるからです。3Dモデリングにおけるデッサンは、対象物をあらゆる角度から理解する作業だといえます。

    そのため、精密でリアリティの高い成果物を作るには、対象物を多角的に捉えられるデッサンスキルが必要です。

    ②2Dソフト・3Dソフトのスキル

    3Dデザイナーは、観察力の優れたデッサンスキルだけ持っていても務まりません。3Dモデリングを行うには、2Dソフト・3Dソフトのスキルが必須だからです。

    具体的なソフト名を挙げると、Maya・Cinema 4D・3Ds MAX・MODO・Softimage・Photoshop・Illustratorこれらのソフトは使いこなせるようになっておきましょう。

    また、より活躍の幅を広げたいのであればUnityやUnrealEngineなどのゲームエンジンスキルがあれば、参画できるプロジェクトの幅が広がります。

    3Dデザイナー(モデラー)の副業案件を獲得したいならプロの副業に登録しよう

    葉っぱの画像

    「3Dデザイナーの副業をやりたいけど、常駐はいやだな」そんな人は、「プロの副業」でリモートの副業案件を見つけませんか。プロの副業は、従来のクラウドソーシングサービスと異なる、プロ人材のため副業サービスです。

    プロの副業では各企業の経営課題に対してプロレベルのスキルを持った人材が、業務委託契約でプロジェクトに参画できます。これまでに報酬の交渉が上手くいかなかった人や、知人の紹介で副業案件を受けて失敗した人などは、プロの副業に任せておけば間違いありません。

    条件面の交渉から、お仕事上のトラブル解決までも代行してくれるので、副業案件に慣れていない人でも、安心して業務に集中できます。3Dデザイナーの副業案件を探すなら、ぜひプロの副業に登録し、リモートの高単価案件を見つけてみてください。

    まとめ

    コーヒーを飲む女性の画像

    3Dデザイナーは、アニメやゲームなどのエンタメ系から、建築現場から医療の世界まで今後更なる活躍が期待される業種です。専門性が高く、誰でもできるような仕事ではないため、案件相場やフリーランスの平均年収は高く設定されています。

    未経験では高単価案件を獲得するのは難しいですが、スキルを磨き実務経験を増やしていけば、年収1000円も夢ではありません。3Dデザイナーに興味がある人は、ぜひこの記事を参考に副業案件から3Dデザイナーを目指してみてはいかがでしょうか。

    「プロの副業」では、皆様のライフスタイルに合わせた副業人材向け案件やフリーランス向け案件を無料でご紹介しております。

    あなたのプロフェッショナルなスキル・経験を活かし「週1」や「月1」から業務可能。

    例えば「週1定例打ち合わせ+リモートのみ」で対応可能な案件など、様々な働き方でご紹介可能です。

    <こんな方におすすめです>

    • 知人経由の副業はなあなあになるので避けたい
    • 副業社員として働き、実務で自分のスキルに磨きをかけたい
    • 自分のスキルを活かせる業務委託の仕事を副業ベースで見つけたい
    • リモートワーク中心に、週1か月1くらいの隙間時間で副業の仕事を見つけたい
    • 週末フリーランスで案件を安定させたい

    こんなことでお悩みの方は、是非プロ人材の副業紹介サービス「プロの副業」をご利用ください。

    サービスの無料登録はこちら

    プロフクMZ編集部

    プロフクMZ編集部

    この記事を監修した人 プロフクMZ編集部