カテゴリー

プロフクをフォローして最新情報をチェック!

プロフクをフォローして最新情報をチェックしよう!


プロ人材

byプロフクMZ編集部 プロフクMZ編集部

コーディングを個人に外注するときの相場はいくら?クオリティの高いLP制作を業務委託できるサイトをご紹介

コーディング案件の外部委託は、ウェブサイトのトップページをオリジナルデザインに整えたい場合や、コーポレートサイトを制作したい場合、LP(ランディングページ)を制作したい場合などに行います。

最近は制作会社よりも安価かつスムーズにコーディングしてくれる個人が多くいらっしゃることから、彼らに制作案件を外注することを検討している方も多いはずです。

しかしながら、個人やフリーランスへコーディングを外注することには相応のリスクがあります。本記事ではコーディングを個人へ外注した際の相場をご紹介した上で、その際に注意すべきポイントについて解説します。

本記事の概要

  • コーディングは個人に外注した方がスムーズかつ安い
  • ただし、納品物のクオリティは担保できない
  • 時にはコミュニケーションに難のある方へ外注してしまうことも
  • 成果物のクオリティが高い個人やフリーランスへ外注するなら「プロの副業」がおすすめ。実務経験3年以上の現役コーダーと御社をマッチングするサービス

プロの副業LP

プロの副業とは?

コーディングを個人に外注する場合の費用について

パソコンで仕事をする男性

一概にコーディング案件といっても、その業務範囲は多岐にわたります。

  • LP制作
  • トップページコーディング
  • 下層ページのコーディング
  • JavaScriptの実装
  • レスポンシブ対応

まずはそれぞれの業務を個人へ外注した場合の費用相場をご紹介します。

案件種別 個人の外注費用相場 制作会社の費用相場
LP制作 5千円から5万円 1万円~8万円
トップページ 3千円~1万円 2万円~3万円
下層ページ 3千円~8千円 1万円~2万円
JavaScriptに対応 追加工賃はほとんどなし +5千円~2万円
レスポンシブ対応 追加工賃はほとんどなし 総費用の1.5倍~2倍

LP制作を個人に外注した場合の費用相場

LP(ランディングページ)は5千円から5万円程度で外注できます。

ただし制作費の算出方法は個人によって異なり、おおよそのページ単価で制作してくれる場合とと、ページの長さによって細かく料金を算出する場合があります。

静的ページコーディングを個人に外注した場合の費用相場

静的ページコーディングには、トップページ制作を外注する場合と下層ページを外注する場合とで値段が異なります。

その理由は、トップページ制作を依頼する場合はサイト全体のベースとなるテンプレートを制作する必要があるため、すでにテンプレートが用意されている下層ページと比べて工数が多くなるからです。

トップページと下層ページの制作は1ページごとの単価設定であり、ページ数が多くなればなるほど1ページあたりの制作費は安くなる傾向にあります。

JavaScript、レスポンシブに対応する場合の外注費用相場

制作会社へコーディングを依頼した場合はJavaScriptやレスポンシブ対応のための工賃も請求されることが通例となっていますが、個人やフリーランスにコーディングを依頼した場合の追加料金はほとんどかかりません。

これは個人コーダーが業務を安売りしているからではなく、案件発注システム自体に理由があります。

個人やフリーランスにコーディングを依頼する場合、多くの方はクラウドソーシングサイトを利用することになるはずです。その際の諸条件は発注側が定めるため、余計なオプション代は当初から予算に計上されています。コーダーはその予算を見て工賃を提案してくるので、特別なオプション費用がかからない場合が多いのです。

ウェブサイト制作費の算出方法

ウェブサイト制作費は「人日計算」という手法に基づいて算出することが通例となっています。
人日計算では、エンジニアやディレクターを1日中拘束する(案件にアサインする)際にかかる人日単価(人件費)をもとに費用を計算します。

【人日単価5万円のエンジニアの場合】
5万円(人日単価)× 3日間(製作期間)= 15万円(制作費用の概算)

ウェブサイト制作会社に外注する場合はディレクターにかかる人件費も発生するため、個人に外注する場合と比べて高額になりやすいことを抑えておきましょう。

コーディングを個人に外注する際の注意点

机で文字を書く人

いくら個人やフリーランスの制作単価が安いとは言え、それには相応のリスクが生じることも覚えておきましょう。基本的にWEB制作の世界では「安かろう悪かろう」の理論が通用するようになっています。

特に副業ブームが巻き起こった昨今におけるフリーランサーの成果物クオリティは、以前に増して下がり続けています。そこで本章では、個人やフリーランスにコーディングを外注する際の注意点をご紹介します。

人によってコーディングスキルがまばら

個人に外注した場合、人によってコーディングスキルがまばらになります。

運よく元制作会社上がりのフリーランスとマッチングできればクオリティは問題ありませんが、最近はインターネット上の情報のみでスキルを磨いて実務経験が全くないコーダーも少なからず存在するため、納品物のクオリティに不安が残ります。

また、制作会社へ依頼をする場合とは違い、個人へ依頼した場合は案件終了後の連絡手段が限られてしまいます。保守作業や不都合な点へ修正依頼を考えると、相手の顔が見えない状況で外注することにはリスクがあると言えるでしょう。

納品が不安定

個人へ外注した場合、制作物の納品が全くない場合さえ起こります。

デザイン案を渡したのに一向に納品されない場合や、修正依頼をしてから連絡が途切れてしまう場合など、個人への外部委託にトラブルはつきものです。

個人やフリーランスに外注する際は、案件依頼プラットフォーム側が業務遂行者の身元やクオリティを担保してくれるサービスを活用しましょう。弊社が提供する「プロの副業」では、社会での実務経験が3年以上ある副業デザイナーや現役コーダーと依頼会社のマッチングをサポートするサービスを提供しています。

外注先の個人と性格が合わない場合も

中には性格に難がある方もいらっしゃいます。

自分の成果物にこだわりを持っている方や、他者からの指摘に耐性がない方など、そういった方とのすれ違いが原因で発生するトラブルもしばしばあります。

法人として名がある組織とのつながりを持たない個人へ業務を依頼することにはメリットがある反面、同様に多くのデメリットやリスクも存在するため、信頼できる外注先や案件依頼プラットフォームを見つけておくことが適作です。

コーディング案件を個人へ外注する際の費用相場まとめ

コンサルティングしている画像

コーディング案件を個人へ外注することには、費用を抑えることが出来る点や納品までスムーズに取引できる点にメリットがある一方で、納品物のクオリティが担保されず、そもそも納品されないことなどのデメリットも存在します。

外注費用を抑えつつ高いクオリティの成果物を安定して得たい場合は、受注者のスキルを担保しているプラットフォームを活用することがおすすめです。案件受注者にスキル審査を設けているサービスを利用すれば個人へコーディング案件を外注する際のデメリットを打ち消すことができます。

「プロの副業」では、そんな事業者の方とハイスキルな副業人材をマッチアップするサービスを提供しています。制作会社より安く、制作会社に引けを取らないクオリティの成果物を発注したい方はぜひ下記フォームを参考にご活用ください!

「プロの副業」では、皆様のライフスタイルに合わせた副業人材向け案件やフリーランス向け案件を無料でご紹介しております。

あなたのプロフェッショナルなスキル・経験を活かし「週1」や「月1」から業務可能。

例えば「週1定例打ち合わせ+リモートのみ」で対応可能な案件など、様々な働き方でご紹介可能です。

<こんな方におすすめです>

  • 知人経由の副業はなあなあになるので避けたい
  • 副業社員として働き、実務で自分のスキルに磨きをかけたい
  • 自分のスキルを活かせる業務委託の仕事を副業ベースで見つけたい
  • リモートワーク中心に、週1か月1くらいの隙間時間で副業の仕事を見つけたい
  • 週末フリーランスで案件を安定させたい

こんなことでお悩みの方は、是非プロ人材の副業紹介サービス「プロの副業」をご利用ください。

サービスの無料登録はこちら

プロフクMZ編集部

プロフクMZ編集部

この記事を監修した人 プロフクMZ編集部