カテゴリー

プロフクをフォローして最新情報をチェック!

プロフクをフォローして最新情報をチェックしよう!


副業情報

byプロフクMZ編集部 プロフクMZ編集部

SESエンジニアの副業案件は稼げる?大手・優良企業とのコネクションも築ける?SESの副業事情を解説

SESエンジニアの副業案件は稼げる?大手・優良企業とのコネクションも築ける?SESの副業事情を解説

オンラインの需要が高まり、近年では在宅ワークや副業を認める企業も増加しています。自宅にいながら稼げる職業として、「システムエンジニア(SE)」を思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。

とはいえ、システムエンジニアはソフトウェアやシステム開発の専門職なので、知識や経験がなければ副業として行うのは難しいでしょう。しかし、経験のあるシステムエンジニアは、SES企業と契約して自宅で副業を行えます。

本業として企業に属してる人やフリーランスの人でも、スキルを活かして高単価な案件を受けたいのであれば、案件数が豊富な「プロの副業」がおすすめです。リモート案件も多く、副業として取り組むにはぴったりです。今回はSESエンジニアについてと、年収や副業案件の相場などについて紹介していきます。

SESエンジニアとして副業をしたい人は、ぜひ最後までチェックしてくださいね。

本記事の概要

  • SESエンジニアとは?
  • SESエンジニアが副業をするメリット
  • SESエンジニアの需要や将来性

プロの副業LP

プロの副業

SESエンジニアとは?SIとの違いは?詳しい契約形態は?

スマホ画面

SESとはシステムエンジニアリングサービスの略称で、クライアントである企業にエンジニアを派遣して技術提供を行う委託契約の一種です。派遣契約とは違って、クライアント企業は派遣されたエンジニアに対して、労務命令や指揮命令を行えません。そのため、一般的な派遣社員のような休日出勤や残業、細かい作業の指示は出せないのです。

また、SESエンジニアが成果物に責任をもつことはありませんが、クライアントが求めるスキルを満たせなければ業務は行えません。企業に対してスキルや労働力を提供するのがSESの特徴で、SIer(SI)はシステムの導入や保守運用などの業務を担当します。

SESは技術力や経験が求められるのに対し、SIはニーズを汲み取る力のほかにも、指揮能力が求められる傾向が高いです。上流工程はSIが担当することが多く給与や待遇が良くなる代わりに、その分倍率が高くなるので就職しにくいことがデメリットとなるでしょう。

SESエンジニアが副業をするメリット3つ

好きなことで稼ぐ人

SESエンジニアが副業をするメリットは、以下3つが挙げられます。

  • 専門性や幅広いスキルが身につく
  • 大手・優良企業との人脈が広がる可能性がある
  • 高単価案件が多く収入が上がりやすい

順番に解説していくので、内容をチェックしていきましょう。

①専門性や幅広いスキルが身につく

本業にプラスして副業も行うことで、専門性やスキルがさらに身につくでしょう。SESエンジニアなどの専門職は成長途中のIT業界を担っているため、常に知識をアップデートしていかなければなりません。しかし、本業のみだと受けられる案件の数に限りがあります。

副業をするとさらにたくさんの案件を受注できるので、自分自身のスキルを上げることにもつながるのです。また、専門性やスキルが高くなると他者との差別化ができるので、転職や独立をする際も有利になるでしょう。

②大手・優良企業との人脈が広がる可能性がある

クライアント企業で働く際に他社の人たちと関わるので、人脈が広がることもあります。SESエンジニアは大手企業の下請けとして業務を行うので、さまざまな人たちとのコネクションができるでしょう。

人脈があると仕事の相談に乗ってもらったり、転職先や案件を紹介してもらえるかもしれません。本業で自社に勤めているだけでは知り得なかった人とも出会える可能性があるので、人脈が広がるのは副業のメリットと言えるでしょう。

③高単価案件が多く収入が上がりやすい

SESエンジニアの副業は高単価の案件が多く、収入が上がりやすいこともメリットの1つです。高単価案件が多い理由は、専門性が高い分野であることの他にも、優秀なエンジニアが不足していることも要因となっています。

最近では競合他社との差別化を図るために、高額な報酬を払ってでもスキルの高いエンジニアを求める企業も少なくありません。報酬単価は関わる業務や契約期間によっても大きく異なるので、案件受注前によく確認してください。

SESエンジニアの年収とキャリア

個人事業主の開業方法

SESエンジニアとして働く際に気になる項目として挙げられるのが、以下の2つです。

  • 副業案件の単価相場
  • SESエンジニアのキャリア

1つずつ解説していくので、転職や独立を考えている人は参考にしてください。

SESエンジニアの年収や副業案件の単価相場は?

SESエンジニアとして勤めた場合の年収は、370万円~780万円が多いです。月給換算すると25万円~60万円となるので、少し低く見られることもあるでしょう。SES契約で働いても、給与は派遣元の基準に則って決定します。

クライアント企業の元で働いていても、給与は派遣元である企業からもらうという形になっているのです。しかし、富士通や日立などの超大手企業の直請けSIerに参画するSESエンジニアの給与は、人月100万円を超えることも少なくありません。

【エンジニアの報酬の単位】

エンジニアの報酬単価は「人月」と示され、1人月あたりの要員1人の単価を表します。人月100万円以上になると年収1,000万円超えも狙えるので、年収アップをしたいのであれば大手・優良企業と提携しているSESエンジニアの仕事をこなしていきましょう。

副業として取り組む場合の相場は、個人のスキルや経験によっても異なりますが、月10万円~20万円であることが多いです。SESエンジニアとして派遣されて、クライアント企業に常駐する場合の単価が60万円なので、比較的高いことがわかります。

副業として案件を受注する際は、実務経験の年数やスキルが重視される傾向が高いです。未経験の人は、まずは企業に勤めて経験を積んでいきましょう。

SESエンジニアのキャリア

SESエンジニアは派遣元の基準に則って給与が決定するため、高収入を得にくいというデメリットがあります。1つの企業に長く勤めるのは、実務経験を積めるという意味ではプラスに働いてくれるでしょう。将来独立を考えている人は、まずはSESエンジニアとして長く企業に勤めて経験を積むことが近道となります。また、年収を上げるためには、経験を積んで新しいスキルを身につけなければなりません。

新しく身につけたスキルを武器に、副業でもさまざまな案件を受注してキャリアアップにつなげてください。

SESエンジニアはやめとけ、転職できないと言われる理由

キーボード

SESエンジニアは、本来であれば派遣元企業の指示を受けて業務を遂行しますが、クライアント企業が指示を出していることも珍しくありません。

派遣元の企業が労働条件をあいまいに設定して、エンジニアに残業などを命じているのも事実です。また、エンジニア側がクライアント企業に指揮命令が無いのを知らないことを逆手に取り、契約違反ではありますが残業などを命じていることもあります。

その他にも常駐先に当たり外れが多いことや、自分のスキルと案件のミスマッチが起こることも少なくありません。こういった現状から、「SESエンジニアはやめたほうが良い」「転職できない」と言われることが多いです。

しかし、専門性や幅広いスキルが身につくことや大手企業との人脈が広がるなど、メリットもあります。デメリットだけに目を向けるのではなくメリットと比較して、自分が何を得たいのかで道筋を決めていきましょう。

SESエンジニアの需要や将来性

メモ

「SESエンジニアに将来性があるのか不安……。」「需要はあるのか?」このような悩みや疑問を抱えている人も多いでしょう。結論から言うと、SESエンジニアの需要はますます高まっていて、将来性もあります。SESの土台となるIT業界は今もなお拡大を続けていて、2024年には市場予測6兆円を超えるとも言われています。

それに伴いエンジニアの需要が高まっていますが、人手不足で頭を抱えている企業も少なくありません。さらにエンジニアの中でも、優秀なスキルを持つ人はほんの一握りとなっています。つまり、実務経験がある能力の高いエンジニアは、企業からすると高い報酬を払ってでも手に入れたい存在なのです。

これからSESエンジニアとして働く人は、需要が高く人手不足なことから将来性はあると覚えておきましょう。ただし、クライアント企業に常駐する働き方を続けるのは難しいかもしれません。なぜなら、世情の変化でテレワークが基本となってきているからです。

2020年には新型コロナウイルスの影響で、多くの企業がダメージを受けました。人との接触を避けるための対策として、現在では「テレワーク(在宅勤務)」が多くの企業で推奨されています。こうしたテレワークの広がりは、SESエンジニアとしても追い風になることでしょう。

SESエンジニアが副業(在宅/リモート)案件を獲得したいならプロの副業に登録しよう

パソコン

SESエンジニアとして副業案件を受注したい人は、「プロの副業」に登録しましょう。

副業として企業に属しながら案件をこなしたい人や、すでに独立しているフリーランスの人でもさまざまな案件を受注しながら、安定した収入を得られるのがポイントです。SESエンジニアは、クライアント企業に常駐する案件が今後は少なくなることが予想されるので、自宅で副業をしたいと考えている人にプロの副業はピッタリでしょう。

まずは「プロの副業」に無料登録をして、あなたに合う高報酬の案件がないかチェックしてください。

まとめ

仕事

SESエンジニアは、IT業界でスキルを身につけながら成長していきたい人に最適です。テレワークの普及により今後ますます需要が高くなり、副業案件も増加することが予想されます。

より高単価で納得できる報酬をもらいながら案件を受注したい人は、公開求人も多くある「プロの副業」に登録しましょう。エンジニアとして副収入を得るために、まずはプロの副業に登録をして、あなたにぴったりの案件を見つけてください。

「プロの副業」では、皆様のライフスタイルに合わせた副業人材向け案件やフリーランス向け案件を無料でご紹介しております。

あなたのプロフェッショナルなスキル・経験を活かし「週1」や「月1」から業務可能。

例えば「週1定例打ち合わせ+リモートのみ」で対応可能な案件など、様々な働き方でご紹介可能です。

<こんな方におすすめです>

  • 知人経由の副業はなあなあになるので避けたい
  • 副業社員として働き、実務で自分のスキルに磨きをかけたい
  • 自分のスキルを活かせる業務委託の仕事を副業ベースで見つけたい
  • リモートワーク中心に、週1か月1くらいの隙間時間で副業の仕事を見つけたい
  • 週末フリーランスで案件を安定させたい

こんなことでお悩みの方は、是非プロ人材の副業紹介サービス「プロの副業」をご利用ください。

サービスの無料登録はこちら

プロフクMZ編集部

プロフクMZ編集部

この記事を監修した人 プロフクMZ編集部