カテゴリー

プロフクをフォローして最新情報をチェック!

プロフクをフォローして最新情報をチェックしよう!


副業情報

byプロフクMZ編集部 プロフクMZ編集部

インフラエンジニアの副業案件は稼げる?awsスキルを取得すればフリーランスとして独立も可能?

インフラエンジニアの副業案件は稼げる?awsスキルを取得すればフリーランスとして独立も可能?

現代において、ますます需要が高まっている職業の一つに「エンジニア」があります。しかし、一言でエンジニアと言っても種類は細かく分けられており、一概に同じスキルが求められるわけではありません。

なかでもインフラエンジニアはITの土台を作る業務を果たしているため、なくてはならない重要な職業です。さらに近年はクラウドの普及により、インフラエンジニアの副業案件も在宅でできるようになりました。

インフラエンジニアの副業について理解すると、フリーランスになる際に役立つこと間違いなしです。また、副業を始める際に役立つサービス「プロの副業」についてもご紹介します。

それぞれ詳しく解説していきますので、ぜひ参考にして下さい。

本記事の概要

  • インフラエンジニアは高単価な副業案件が多い
  • awsを学んで自分の市場価値がどんどん上がる
  • プロの副業は、手軽に使えて簡単

プロの副業LP

プロの副業

インフラエンジニアはawsのスキルが求められる?サーバーエンジニアやネットワークエンジニアとの違いは?

パソコン

まずは、インフラエンジニアの仕事内容について説明します。インフラエンジニアは多数の業務を抱えているため、一度仕事内容を整理しておきましょう。

また、サーバーエンジニアとネットワークエンジニアのような似た職業との違いも解説していきます。インフラエンジニアの概要を知って、正しく理解できているか確認することが重要です。

インフラエンジニアの仕事内容

インフラエンジニアとは、簡単に言うとインフラ基盤の設計、構築・運用を担当するエンジニアのことです。インフラエンジニアという言葉の「インフラ」は、インフラストラクチャーの略で日本語では「土台」の意味を表します。

インフラは、IT業界ではユーザーとサーバーがスムーズに情報のやりとりを行うためのネットワークを作るシステムのことです。また、情報の加工・保管を管理することもインフラという言葉を使います。

つまり、インフラエンジニアはIT業界の中でなくてはならない土台を作り上げるエンジニアです。そして、インフラエンジニアがインフラを整備する場所は、主に場所が指定されないクラウドサービス上になります。

そのため、インフラエンジニアにはクラウドの豊富な知識が必須です。その中でも特に、Amazonが提供しているクラウドサービスであるAWS(Amazon Web Service)を利用しているクライアントが多く存在しています。

つまり多くのインフラエンジニアは、AWSの基礎スキルに加えてAWSを使ったサーバー設計・構築・運用技術がより求められます。実績を積むためには経験がかなり必要になる職業です。

サーバーエンジニアやネットワークエンジニアとの違いは?

よく混乱しがちなサーバーエンジニア・ネットワークエンジニアとの違いは「仕事内容」と「求められる知識」です。サーバーエンジニアの主な業務はインターネットサーバーの設計・構築・管理であり、インフラ基盤にはあまり触れません。

仕事の進め方もインフラエンジニアと異なり、顧客から希望のサービス展開をヒアリングし、その要望を叶えるために必要なサーバーを検討する流れです。サーバーを検討したのち、サーバーエンジニアはサーバーを設計・構築し、サーバーが立ち上がった後は実際に運用しながら修正をします。

そしてサーバー障害が起こった際は復旧作業を行うことが肝心です。一方、ネットワークエンジニアの業務はネットワークの「要件定義・設計・構築・運用・管理」になります。

こちらもネットワークが専門のため、あまりインフラ基盤とは関わりがありません。仕事の進め方はサーバーエンジニアと似ており、扱う対象がネットワークになります。

ネットワークエンジニアの重要な特徴は、ネットワークが稼働した後にトラブルがないか監視・運用をする必要があることです。また、エンジニアにはプログラム言語が求められることが多いですが、他のエンジニアとは異なるスキルを求められます。

サーバーエンジニアにはデータベース言語が、ネットワークエンジニアにはネットワーク機器に関する知識が必要不可欠です。このように、サーバーエンジニアとネットワークエンジニアはインフラエンジニアとは異なった職業であることが理解できたと思います。

インフラエンジニアが副業をするメリット3つ

ホワイトボード

続いて、インフラエンジニアが副業をするメリットを3つご紹介します。

  • awsスキルなどが向上して自分の市場価値が上がる
  • 年収が上がる
  • 独立の準備ができる

インフラエンジニアの需要は現代社会において高まっているため、副業の求人は数多くあります。インフラエンジニアの副業をするか悩んでいる方は、副業をするメリットを知っておくことが大切です。

①awsスキルなどが向上して自分の市場価値が上がる

インフラエンジニアが副業を始めると経験を積んでスキルアップし、社内評価や転職時に有利になります。インフラエンジニアの副業では、本業と違う業務をこなしたり様々なクラウド製品を利用したりすることが可能です。

その結果、インフラエンジニアとして新しい知識を身につけられます。また、普段持っているスキルを副業で活かすことで、さらに難解な業務に取り組むこともできるようになるでしょう。

副業では自分でやりたい案件を選べるので、伸ばしたいスキルを効率よく勉強し続けられるのも魅力です。

②年収が上がる

インフラエンジニアが副業を始めることは経済面でもメリットが大きいです。例えば月5万円副業で稼ぐと年収が60万円プラスされることになります。

本業で年収を60万円増やすことは大変ですが、副業を始めるだけで簡単に年収増加が可能です。副業は本業に比べて費やす時間が少ないので、そこまで大きな労力をかける必要はありません。

年収を上げると自分のやりたいことや趣味にお金を費やせるようになり、生活に余裕が生まれるでしょう。月々の収入を少し増加させるだけでも、年収には大きく影響します。

③独立の準備ができる

インフラエンジニアのフリーランスを目指している方にとっても、その準備として副業が役立ちます。いきなりインフラエンジニアのフリーランスとして独立してしまうと、実績不足で上手くいかない事態が起こるかもしれません。

また、思っていたよりも自分のスキルが不足していたり、希望の単価で仕事が取れなかったりといった理想とのギャップも生まれがちです。一方で、インフラエンジニアが副業を行えば多くの実績を積み上げられます。

副業でスキルアップをし、案件も獲得できていればリスクが減り、フリーランスとして独立できるようになるでしょう。

インフラエンジニアの副業案件の種類や仕事内容

メモ

ここまでで、インフラエンジニアが副業を行うメリットをお伝えしました。ここからは、インフラエンジニアが副業を行う際の種類や仕事内容について解説します。

インフラエンジニアの副業案件は以下の通りです。

  • コンサルティング案件
  • リモート案件
  • プログラミング講師

それぞれの特徴を解説しますので、参考にして下さい。

①コンサルティング案件

主なインフラエンジニアの副業案件一つ目は、ITインフラに関するコンサルティング案件です。コンサルティングとは、クライアントが抱えている課題に関してアドバイスをする役割になります。

豊富な知識が求められるため、普段から知識を活用しているインフラエンジニアにぴったりの案件です。インフラ業務を経験したエンジニアはコンサルタントとしての需要が高いため、求人が見つかりやすいことは間違いありません。

コンサルティング案件は週末だけでも大丈夫なので、たとえ本業が忙しくても問題なく働けるでしょう。さらに、知名度が高い場合はスカウトを受けて定期的な収入も得られることもあります。

普段の知識を存分に活かせる副業案件です。

②リモート案件

インフラエンジニアの主な副業案件二つ目として、リモート案件があげられます。リモート案件とは、会社に出勤する必要がなく自宅や別の場所でこなせる案件のことです。

副業を始める場合は、AWS・GCPなどのクラウド上でインフラ環境を構築できる案件を探しましょう。クラウド上なら直接出向いてインフラ整備する必要がないため、遠隔でも仕事が可能です。

特にAWSの仕組みを理解しているとクライアントから重宝されます。また、システムを安定させるためにインフラエンジニアを求めている企業は多いです。

構築以外にも、運用保守などの案件が受注できる場合もあります。

③プログラミング講師

プログラミング講師もインフラエンジニアの副業案件としておすすめできます。講師やメンターとしてプログラミングスクールの講師を募集している案件は多いです。

主な勤務先は専門学校ですが、それ以外に子供向けのプログラミング教室が勤務先の場合もあります。対面で指導する場合とオンライン上で指導する場合があり、学校によって異なるので事前に確認しておきましょう。

業務内容は、プログラミングのノウハウを伝える・基礎的なコードや仕組みを教える・生徒の質問に回答するなど様々です。現役エンジニアを講師として募集している学校・プログラミング教室は多いため、自分に合った副業先を見つけやすくなります。

インフラエンジニアの副業案件は高単価

お金

インフラエンジニアの副業案件は最低時給3,000円ほどとかなり高単価です。働き方を工夫すれば、月10~20万円稼げる可能性もあります。

もちろん本業とのバランスを考えて、働く時間の調整をすることも可能です。普段大企業で勤務している場合は、ここからさらに単価が上がることもあります。

また、実績を積んでスキルアップを図ることが副業の単価を上げるための鍵です。

インフラエンジニアの副業案件を獲得したいならプロの副業に登録しよう

プロの副業

ここまでの内容を見て、インフラエンジニアの副業に興味を持った方も多いでしょう。そんな方には「プロの副業」というサービスをご紹介します。

プロの副業は、自身のスキルを活かして副業に本気で取り組む方へぴったりのサービスです。様々な特徴がプロの副業にはあるため、それぞれご紹介していきます。

  • 独自案件ネットワーク
  • 業務委託契約
  • 高額案件多数
  • プロジェクト単位の契約

プロの副業は10年以上の実績をもとに独自案件ネットワークを培っています。そのため副業先である企業とのつながりが強いです。

また、業務委託契約を行なっているので、企業の経営課題について様々な重要局面から業務に関われます。高額の案件を多数抱えていることやプロジェクト単位の契約で調整がしやすいことから、副業を始める方にとってメリットが大きいのも魅力です。

ぜひ副業を始める際にはプロの副業に登録し、スムーズに仕事をこなしていきましょう。

まとめ

パソコン

本記事では、インフラエンジニアの仕事内容とフリーランスを目指す方におすすめできる副業についてご紹介しました。インフラエンジニアの仕事内容は様々で、豊富な知識が求められる職業です。

また、インフラエンジニアが副業を始めるとメリットが多数あるため、まずは行動することをおすすめします。インフラエンジニアの副業案件は種類が多いので、自分に合った案件を選ぶと効率よく稼げるようになるでしょう。

副業を始める際はぜひ、ご紹介したサービスの「プロの案件」を活用して下さい。インフラエンジニアとして副業の恩恵を受けながらフリーランスになれるよう、日々努力していきましょう。

「プロの副業」では、皆様のライフスタイルに合わせた副業人材向け案件やフリーランス向け案件を無料でご紹介しております。

あなたのプロフェッショナルなスキル・経験を活かし「週1」や「月1」から業務可能。

例えば「週1定例打ち合わせ+リモートのみ」で対応可能な案件など、様々な働き方でご紹介可能です。

<こんな方におすすめです>

  • 知人経由の副業はなあなあになるので避けたい
  • 副業社員として働き、実務で自分のスキルに磨きをかけたい
  • 自分のスキルを活かせる業務委託の仕事を副業ベースで見つけたい
  • リモートワーク中心に、週1か月1くらいの隙間時間で副業の仕事を見つけたい
  • 週末フリーランスで案件を安定させたい

こんなことでお悩みの方は、是非プロ人材の副業紹介サービス「プロの副業」をご利用ください。

サービスの無料登録はこちら

プロフクMZ編集部

プロフクMZ編集部

この記事を監修した人 プロフクMZ編集部